Virtusize、 eコマースロス問題解決会議にて、”Top8 Innovator”を受賞!

株式会社Virtusize
~オンライン試着サービス「バーチャサイズ」で返品率を削減し、ファッション業界における社会課題の解決に貢献~

オンライン試着プラットフォームを提供するファッションビッグデータカンパニーの株式会社Virtusize(代表取締役:上野オラウソン・アンドレアス、本社:東京都港区、以下Virtusize)が、「2021 ECR E-commerce Loss Challenge(※)」にて、200社を超えるスタートアップ企業の中から ”Top8 Innovator(トップ8イノベーター)” に選出されたことをお知らせします。





※The ECR Innovation Challengeは、ECRとCo-Cubed主催のECサイトにおけるロス削減の取り組みを加速させるプラットフォームです。返品や不正行為による損失を削減する為、スタートアップ企業やイノベーターの新しいアプローチを試験的に実施し、世界的な小売企業と結びつけていくことで、その規模を拡大しています。

またこの結果を受け、Nike・Adidas・H&M・ASOS等の世界的な小売業者40社以上に対し、当社サービスを発表する機会を得て、高い評価を獲得致しました。


近年ファッション業界では、水質汚染・大量生産・大量消費・動物性素材の使用等の問題が話題となっております。
ファッションは、オンラインショッピングにおいて、世界で最も収益の高いカテゴリーであり、その割合は増加の一途をたどっています。一方で返品総額においては、年間500億ドルを超えており、特に小売店のオンライン返品率は、一般的に実店舗の2.5倍です。
この返品率の高さは、オンラインで購入する際のサービスの質と消費者の行動の両方に大きなギャップがあることを意味しています。


Virtusizeでは、サイズ感のお悩みを解決するオンライン試着サービスを提供しており、返品率の削減に貢献して参りました。
国内最大級のファッションビッグデータを活用し、オンラインで服を購入するユーザーがデザインだけではなく、フィット感や着心地もオンラインでイメージすることができます。
Virtusizeは、ユーザーの『長く使えるお気に入りの服を見つける』、『返品の必要がないぴったりの服を購入する』をお手伝いすることで、不必要な消費や返品にかかるエネルギーを削減しています。今後もデータを活用し、更なるサスティナブルな社会の実現を目指します。


■【株式会社Virtusizeについて】
Virtusize ( https://www.virtusize.jp/ )は、 「商品と手持ちの洋服」や「商品とからだ」のイラストを重ね合わせることでサイズを比較できるオンライン試着ソリューション「バーチャサイズ」をグローバル展開しているファッションビッグデータカンパニーです。

商品やユーザーのサイズデータを活用した、 正確で客観的なレコメンドサービスを軸に、

・バッグ・財布等を日用品とサイズ比較できる機能
・サイト横断で管理できる自分だけのオンラインワードローブ機能
・サイズデータの自動クローリングサービス

等のサイズに関わるソリューションを提供しています。
現在リクエストを多く賜って参りました「靴のオンライン試着機能」を株式会社ニューワールドカンパニーとの共同にて開発を進めております。


業務提携についての詳細はこちらから:
https://www.virtusize.jp/articles/business-alliance-new-world-company-jp
ユーザーが納得できるサイズ選びとより快適なオンラインショッピング体験を実現し、 購入単価向上、 返品数の低減、 リピーターの拡大をお手伝いします。

現在、 ユナイテッドアローズ、ビームス、オンワード、 ワールド、 アダストリア、 マルイ、 ルミネ、 SHOPLIST、 BUYMA、 マガシーク等を含む、 グローバルで150以上のファッションサイトに導入いただいております。


-----------------------------------------------
当プレスリリースに関するお問い合わせ
株式会社Virtusize 担当:谷中
TEL: 03-6419-9051
MAIL: japan@virtusize.com
-----------------------------------------------
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む