介護福祉施設向けに「バーチャルツアー」提供を開始

ナーブ
レクリエーションコンテンツと、ご家族との個別ツアーの2種類を展開

ナーブ株式会社(東京都港区 代表取締役 多田英起、以下ナーブ)は、プラス株式会社(東京都港区 代表取締役社長 今泉忠久、以下プラス)が提供する介護福祉施設向けデリバリーサービス「スマート介護」と協業し、の全国35,000の会員施設向けに、「バーチャルツアー」を2021年7月16日から提供いたします。





この「バーチャルツアー」は、ナーブのバーチャル技術を活用した360度映像によって、天候や時差に左右されることなく、どの場所からでも旅行を楽しむことができます。スマホやタブレットPC、大型テレビ、スクリーンなどマルチデバイスに対応していて、VRゴーグルは使用しないため、手軽に参加可能です。旅行先は、日本国内はもとより、世界60カ国以上にわたる多彩なコンテンツを予定しています。

<スマート介護「バーチャルツアー」サイトURL>お申し込みはこちら↓
https://www.smartkaigo.jp/contents/virtual-tour/index.php

サービス内容は、レクリエーションメニューとして入居者全員でお楽しみいただけるコンテンツと、入居者とご家族が離れた場所から一緒に参加できるオーダーメイドの個別ツアーの2種類です。

新型コロナウイルス感染拡大にともない、高齢者の多くが旅行に行きたいけれど行けない状況が続くなか、本サービスはバーチャル技術の活用により、リアルに旅行気分を味わい、一緒に参加する友人・家族とのコミュニケーションづくりをご提案いたします。コロナ終息後においても、バーチャル旅行による新しいコミュニケーションのスタイルをご提供してまいります。

また、ツアーガイドは、旅のプロである大手旅行会社の株式会社エイチ・アイ・エス(東京都港区 代表取締役会長兼社長 澤田秀雄、以下HIS)が実施し、レクリエーションコンテンツの『体感LIVE』付きプランと個別ツアーでは、リアルタイムで利用者と現地ガイドとの掛け合いを実現します。

≪スマート介護「バーチャルツアー」のねらい≫
〇介護福祉施設にとって、毎日のレクリエーションのネタ探しは悩みのひとつ。多くの高齢者に関心が高い「旅」を加えることで、より充実したレクリエーションタイムが生まれます。
〇よく訪れていた場所や旅先を再訪する体験は、脳の活性化を促すといわれる回想法にもつながり、思い出や経験を語り合って楽しいコミュニケーションを作り出します。
〇コロナ禍で対面が難しくなっている入居者とご家族に個人旅行の機会を提供。一緒にバーチャル旅行に参加し、家族水入らずのひと時を共有できます(オーダーメイドの個別ツアーのみ)。

≪スマート介護「バーチャルツアー」の特長≫
2種類のバーチャルツアーサービス提供
事前に収録した美しい360度映像を上映。施設のレクリエーションのひとつとして、入居者全員が大型TVや大きなスクリーンで一緒に体験いただけます。月額定額制の月4本、2本、1本の3プランに加えて、現地ガイドがリアルタイムでご案内し、直接対話する『体感LIVE』付き2プランを選ぶこともできます。

【価格(月額定額制)】



ご要望に合わせたツアーを個別にプラン。面会が難しくなっている施設の入居者とご家族が、離れた場所から「バーチャルツアー」を一緒にお楽しみいただけます。旅のプロであるHISの現地のツアーコンダク  ターがご案内し、見どころを分かりやすくご説明します。旅行代金の請求は、「スマート介護」が提供する入居者向けお買い物サポートサービス「COREIL(コレイル)」※で直接実施します。



※入居者の日々必要なお買い物品を、施設のスタッフに代わり取り揃えてお届け、料金請求・回収まで行う「スマート介護」独自のサービスです。

■360度のリアル映像を提供!
360度映像技術を活用しているため、見たい方向にデバイスを動かすだけで、利用者は自由に360度の景色を鑑賞することができます。

■参加者同士で会話が楽しめる!<『体感LIVE』付きプランと個別ツアーのみ>
その場で感じたことを一緒に参加者全員で共有できます。自由に会話ができるため、まるで隣にいるかのように旅を楽しめます。

■旅のプロである現地ガイドがご案内!<『体感LIVE』付きプランと個別ツアーのみ>
旅先の現地ガイドが「バーチャルツアー」体験に合わせてリアルタイムで日本語のツアーガイドを実施。ガイドに直接質問したり、語りかけが可能なため、本当に現地へ行ったかのように旅行を楽しめます。

■楽しめる旅先は国内と海外60カ国以上
「バーチャルツアー」のコンテンツは、日本国内の観光名所に加えて、ニューヨークやシンガポールの市内ツアー、マチュピチュ、台湾などをご用意、コンテンツは随時更新し世界60カ国に拡大を予定しています。昔に行ったあの国や行ってみたかったあの場所など、多彩なコンテンツが利用可能です。

■マルチバイスで手軽に参加可能
スマホ、タブレットPC、大型テレビ、スクリーンなどマルチデバイスに対応。VRゴーグルなどは使用しないため、感染症のリスクも軽減します。いつでも安心して手軽に参加できます。



◇「スマート介護」とはhttps://www.smartkaigo.jp/
「スマート介護」は、プラス・ジョインテックスカンパニーが運営する、全国の介護・福祉施設を対象とした営業サポート付きデリバリーサービスです。
オフィス向けや文教市場向けデリバリーサービスで培った実績、ノウハウを生かして2014年5月にスタート。提携する文具事務用品店と協働して、忙しい介護・福祉施設の職員の方々の労力を軽減して経営効率を高め、本来業務であるケアやコミュニケーションに集中できるよう、施設運営のバックヤードを多角的に支えていくサービス特性が高く評価されて、採用数は35,000施設以上に拡大しています。

<ナーブ株式会社 概要>
ナーブ株式会社(NURVE)は、「完全情報を提供し、未来のあたりまえを創り世界を変革し続ける」をビジョンとして、VR 技術を活用した今までにないプラットフォームを提供。実用的でビジネスに活用しやすい VR システムは、不動産、建設、旅行、航空、船舶、自動車といったさまざまな業界で、多くの大手企業に活用されています。

<プラス株式会社 ジョインテックスカンパニー 概要>
文具・オフィス家具および各種サービスの卸販売事業を展開。カタログ通販に専任営業サポートが付いた法人・官公庁向けデリバリーサービス「スマートオフィス」、文教市場向け「スマートスクール」を中心に、介護・福祉市場向け「スマート介護」、カスタマーデザイナーによる家具レイアウト提案、購買コストダウンや環境購買への提案を行う「JeSS」等、オフィス生産性向上に役立つ独自サービスを展開しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む