2021台湾映画上映&トークイベント第5回 台湾南部の少女2人の愛と友情、成長を描いたロードムービー『Mickey On The Road(中文題:迷走廣州)』

台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けする台湾文化センターとアジアンパラダイス共催のイベントシリーズ、今年も新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、オンラインでの開催になります。




2021年の第5回は、8月21日(土)14時から、台湾南部の少女2人の愛と友情、成長を描いたロードムービー『Mickey On The Road(中文題:迷走廣州)』です。

台湾南部の少女2人の愛と友情、成長を描いたロードムービー。
舞台劇制作出身の女性監督の初長編映画で、張雅玲が金馬獎の助演女優賞にノミネートされた。
台湾南部の廟で伝統芸能の舞踏家を目指すミッキーは、出奔した夫を忘れられない飲んだくれの母親に悩まされている。
親友のポールダンサー ジンジンは、大陸から帰って来ない恋人に苛立ちをつのらせていた。
そしてミッキーの父とジンジンの恋人が同じ広州にいることを知った二人は、日常の閉塞感から逃れ広州に向かう。
監督:陸慧綿(ルー・フイミエン)
出演:葉寶雯(イエ・バオウェン)、張雅玲(チャン・ヤーリン)、苗可麗(ミャオ・カーリー)
(C)Friendly Life Film

トークは作品解説と、コロナ禍での台湾映画界。

日時:8月21日(土)14時からオンライン
配信プラットフォーム:参加決定者に個別にメールでお知らせします。
スピーカー:江口洋子(台湾映画コーディネーター)
参加:事前申し込みによる先着順。
※視聴可能参加数を増やしました。
申し込み:8月6日(金)午前11:00~8月7日(土)午前11:00
(予定数に達した場合は、申込み終了時間前に締め切ることがあります)
台湾文化センターのホームページよりお申し込み下さい。
URL:http://jp.taiwan.culture.tw
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む