テレワーク会社員へ調査 9割以上がコロナワクチン接種定着後も「テレワークを希望」

ペーパーロジック
~テレワークに伴うペーパーレスの浸透に好意的な声多数~

 ペーパーロジック株式会社(本社: 東京都品川区、代表取締役:横山 公一)は、事前調査で「週3日以上テレワークを行っている」と回答した会社員109名を対象に、「ワクチン接種定着後のテレワークに対する意識調査」を実施しました。



調査概要

調査概要:ワクチン接種定着後のテレワークに対する意識調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年7月1日~2021年7月3日
有効回答:事前調査で「週3日以上テレワークを行っている」と回答した会社員109名


ワクチン接種定着後、24.8%が「テレワークはさらに進む」、一方で31.2%が「出社割合が多くなる」と予想

 「Q1.新型コロナワクチンの接種が開始されましたが、もしワクチン接種が定着化(大多数が接種している状態)した場合、会社のテレワークはどうなると思いますか。」(n=109)と質問したところ、「テレワークはさらに進んでいく」が24.8%、「現状と変わらない」が31.2%、「出社割合が多くなる」が34.9%という回答となりました。

Q1.新型コロナワクチンの接種が開始されましたが、もしワクチン接種が定着化(大多数が接種している状態)した場合、会社のテレワークはどうなると思いますか。
・テレワークはさらに進んでいく:24.8%
・現状と変わらない:31.2%
・出社割合が多くなる:34.9%

・ほとんど出社に戻る:4.6%
・完全に出社に戻る:1.8%
・その他:0.9%
・わからない:1.8%


約9割がテレワークの「継続」を希望、うち62.4%が「”絶対に”続いてほしい」と切願

 「Q2.あなたは、今後もテレワークが続いてほしいと思いますか。」(n=109)と質問したところ、「絶対に続いてほしい」が62.4%、「やや続いてほしい」が31.2%という回答となりました。

Q2.あなたは、今後もテレワークが続いてほしいと思いますか。
・絶対に続いてほしい:62.4%
・やや続いてほしい:31.2%

・あまり続いてほしくない:5.5%
・全く続いてほしくない:0.9%


ペーパーレス化のために導入されているシステムは「経費精算システム」が52.3%で最多

 「Q3.あなたの会社では、どの程度ペーパーレス化が進んでいますか。ペーパーレスに関して導入しているシステムがあれば教えてください。(複数回答)」(n=109)と質問したところ、「経費精算システム」が52.3%、「ワークフローシステム」が47.7%、「電子契約システム」が43.1%という回答となりました。

Q3.あなたの会社では、どの程度ペーパーレス化が進んでいますか。ペーパーレスに関して導入しているシステムがあれば教えてください。(複数回答)
・経費精算システム:52.3%
・ワークフローシステム:47.7%
・電子契約システム:43.1%

・電子請求書システム:35.8%
・会計システム:35.8%
・特にない:13.8%
・わからない:11.0%
・その他:7.3%


ペーパーレス化されている書類は「稟議」「契約書」「見積書」が多い

 Q3で「特にない」「わからない」以外を選択した方を対象に「Q4.現在ペーパーレス化されている書類を教えてください。(複数回答)」(n=82)と質問したところ、「稟議書」が56.1%、「契約書」が52.4%、「見積書」が46.3%という回答となりました。

Q4.現在ペーパーレス化されている書類を教えてください。(複数回答)
・稟議書:56.1%
・契約書:52.4%
・見積書:46.3%
・請求書:46.3%

・納品書:32.9%
・注文書:30.5%
・領収書:29.3%
・注文請書:24.4%
・検収書:23.2%
・その他:17.1%


勤め先のペーパーレス化への意見として「スピード化が図れてよかった」「会議資料も全てペーパーレスになるとうれしい」などの声

 Q3で「特にない」「わからない」以外を選択した方を対象に「Q5.あなたの会社のペーパーレス化状況について思うことを自由に教えてください。(自由回答)」(n=82)と質問したところ、「スピード化が図れてよくなったと思う」や「社内向けの書類が意外とペーパーレスになっていない」など66の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・41歳:スピード化が図れてよくなったと思う。
・43歳:あらゆる書類がペーパーレスになり、情報が集約されて良い。
・53歳:社内向けの書類が意外とペーパーレスになっていない。
・31歳:契約書もペーパレス化を希望しているが、押印フローが電子化できず話が進んでいない。
・51歳:会議資料も全てペーパーレスになると嬉しい。


約9割がテレワークの維持・推進のためには「ペーパーレス化が必要」と回答

 「Q6.あなたは、テレワークの維持・推進のためにはさらなるペーパーレス化が必要だと思いますか。」(n=109)と質問したところ、「とてもそう思う」が48.6%、「そう思う」が43.1%という回答となりました。

Q6.あなたは、テレワークの維持・推進のためにはさらなるペーパーレス化が必要だと思いますか。
・とてもそう思う:48.6%
・そう思う:43.1%

・あまりそう思わない:5.5%
・全くそう思わない:0.0%
・わからない:2.8%


まとめ

 今回は、事前アンケートで「週3日以上テレワークを行っている」と回答した会社員の方109名を対象に、「ワクチン接種定着後のテレワークに対する意識調査」を実施しました。

 ワクチン接種定着後、「テレワークはさらに進む」という回答が24.8%、「現状と変わらない」が31.2%、「出社割合が多くなる」が34.9%と、それぞれの意見は分かれましたが、テレワークの継続を希望する声は9割を超えることが明らかになりました。

 また、テレワークに伴うペーパーレス化に対する意見を聞いてみたところ「スピード化が図れてよかった」「会議資料も全てペーパーレスにしてほしい」などの声が多く、テレワークやペーパーレスといったニューノーマルな働き方に多くの人が好感を持っていることがわかります。その一方で「契約書もペーパレス化を希望しているが、押印フローが電子化できず話が進んで いない。」などの声もあり、ペーパーレス化によって生産性を高められる領域は依然としてあります。

 ワクチン接種後、コロナ収束後も快適な労働環境構築に向け、企業のペーパーレス化への取り組みに益々注目が集まります。


会社概要

会社名 :ペーパーロジック株式会社(https://paperlogic.co.jp/
所在地 :東京都品川区東五反田一丁目6番3号 いちご東五反田ビル3階
代表  :代表取締役 横山 公一
設立  :2011年4月27日
資本金 :10億2,227万5千円(2021年3月25日現在)
事業内容:経理・総務・法務の領域で、法律で原本保管を義務付ける書類を完全にペーパーレス化(紙原本廃棄)するクラウドソリューションを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む