株式会社ゴールがグリーンカードサッカーライブ配信「年間ゴールパートナー」に就任!

株式会社グリーンカード
株式会社ゴールが株式会社グリーンカードとタッグ。株式会社ゴールのロゴがライブ配信の試合で、選手たちの「GOAL」(得点)を盛り上げ、アマチュアサッカー選手の頑張りに心からのエールを届けます。

セキュリティの進化をリードしてきた株式会社ゴール(本社:大阪市淀川区三津屋北2丁目16番6号 代表取締役社長 岸本 俊仁)が、高校総体都道府県予選(九州他)、クラブユース選手権全国大会などのライブ配信を手がける株式会社グリーンカードの「年間ゴールパートナー」に就任しましたのでお知らせいたします。 「年間ゴールパートナー」は選手たちが得点を決める度にライブ配信動画の画面に株式会社ゴールのロゴが表示され、試合を盛り上げ、選手の頑張りに対してのリスペクトを届けることを目的としています。 今回の年間ゴールパートナーは、企業パートナーがアマチュアスポーツの振興を後押しする試みの第一弾となります。 ライブ配信を通じてアマチュアスポーツの振興を盛り上げていく試みは、現在もさまざまな形での企業パートナーを募集しています。詳細はこちら:https://www.juniorsoccer-news.com/post-982111









<株式会社ゴールよりコメント>

株式会社ゴールは日本で初めて、シリンダー錠の国産化に着手。高い防犯性と操作性を実現し、経済性にも優れた製品の開発により、国内における玄関錠の普及を促進してまいりました。

「世にないものなら自分たちで生み出す。満足のいく品質が生まれるまで取り組み続ける」という我が社の精神は選手たちが90分間ピッチを走り回り、1点を奪うために何度も何度もチャレンジを続けるサッカーのメンタリティに通ずるものがあります。

選手の皆さんはその1点のため、そして勝利のために、苦しいトレーニングを積み重ねていることと思います

その努力の結果「ゴール」得点をあげることが出来たプレーを讃え、株式会社ゴールは最大のリスペクトを込めて「GOAL」のロゴを贈ります。
たくさんの得点で盛り上がる熱戦を期待しています。


<株式会社グリーンカード 担当者よりコメント〉

この度、株式会社ゴール様にはアマチュアスポーツの振興・価値向上を目的としたグリーンカードプロジェクトへ共感いただき、パートナーとしてご協力いただくことになりました。
大変感謝申し上げます。
もともと「GOAL」と刻印されている鍵を幼少期に使用していたのがきっかけで、ご提案をさせていただきました。
「GOAL」と表示がされる度に、私と同じようにGOAL=鍵と錠のメーカー、そしてアマチュアサッカーを応援している企業と多くの方に知っていただき、新たな繋がりやご縁が生まれることを願っています。


株式会社ゴールについて

大正時代、精度の高い錠といえば欧米からの輸入品や模造品に頼らざるを得なかった頃のこと。ゴールは日本で初めて、シリンダー錠の国産化に着手しました。

電機メーカーとの共同開発に取り組み始めたのは、まだ「パソコン」という言葉すら一般的ではなかった1960年代のこと。ビルの高層化により、セキュリティの高度化が必要との考えからでした。試行錯誤を重ね、ついに1972年に誕生したカードロックシステムは、すぐにハイテクメーカーの事務所に採用。

今日の防犯システムの端緒となりました。

また、生体認証技術による指紋錠システムや、グランブイ(GV)シリンダーなど最先端の技術による鍵交換システムを実現しました。
もっと安全で、もっと快適に…わたしたちのセキュリティの進化の追求に、終わりはありません。

ホームページ
https://www.goal-lock.com/index.html


株式会社グリーンカードについて

「アマチュアサッカーに革命を起こす」をミッションに掲げ、情報の透明性・即時性を追求している会社です。
メインメディアであるジュニアサッカーNEWSは2020年11月に月間1200万超PVを達成。
4年間にわたる少年サッカー応援団の運営を通して得た「本当に保護者に喜ばれるチームホームページ」のノウハウを活かしてサポートしているチームは京都橘サッカー部、矢板中央サッカー部、福岡大学サッカー部など全国50に上ります。

コロナのためにインターハイがなくなった去年、全国に先駆けて佐賀のSSP杯で1回戦から全試合のライブ配信と特設サイトで新しい生活様式のサッカーの楽しみ方を提示し、その後、こうした取り組みに共感をいただいた各県のインターハイ予選(2020年度 佐賀、徳島、富山、沖縄、2021年度 福岡、沖縄、佐賀、大分、宮崎、熊本、徳島、福島(最終日のみ)、京都(最終日のみ))、全国U-18クラブユース選手権(男女)、サニックス杯(男女)、などをライブ配信して参りました。
地理的デメリットなく誰もがサッカーを楽しめる世の中を目指し、各種クラウドファンディングも成功させてきました。
2021年3月からは「ネットに転がっていない情報をお届けするシークレットセミナーシリーズ」として、強豪校の監督たちをゲストに限定セミナーを行っています。

株式会社グリーンカード会社概要
会社名 : 株式会社グリーンカード
オフィス : 〒810-0001 福岡市中央区天神2-11-1 福岡PARCO新館5階
代表者 : 羽生博樹
設立 : 2015年1月
URL:https://www.green-card.co.jp/
事業内容・メディア運営
・チーム・スクール・大会HP制作、運営
・運営・集客コンサルティング
・クラウドファンディング型チーム支援サイト運営
・ECサイト運営
・イベント企画・運営
・ライブ配信サービス

主な運営サイト
・月間170万人が訪問 - 「ジュニアサッカーNEWS」
https://www.juniorsoccer-news.com/
・地域密着サッカーポータル - 「全国少年サッカー応援団」
http://www.junior-soccer.jp/
・チーム専用HP制作サイト - 「グリーンカードWEB」
https://soccer-hp.com/
・スポーツキュレーションメディア - 「グリーンカードニュース」
https://green-card-news.com/
・アマチュアスポーツ動画配信サイト - 「グリーンカードLIVE」
https://gc-movies.net/
・チーム専用クラウドファンディング - 「グリーンカードサポーター」
https://gc-support.net/
・次世代型大会運営サービス - 「グリーンカードモデル」
https://gc-model.com/
・ニューノーマルなイベント配信 - 「グリーンカード イベントLIVE配信」
http://gc-livevideo.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む