カウカモ、再販事業者との協業によるリノベーションマンションの新ブランド「ALUX(アリュクス)」「emot(エモット)」の提供開始

株式会社ツクルバ
理想の生活や好みのデザインから物件を選べる「ブランド」を拡充

株式会社ツクルバ(以下「ツクルバ」)が展開している中古・リノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」は、2021年4月に開始した「ブランド」を拡充し、2021年7月より新たに「ALUX(アリュクス)」、ファミリー世帯向けの「emot(エモット)」の提供を開始しました。 ブランド、およびcowcamoアプリ上の「ブランドMIX」機能により、駅からのアクセスや築年数などのスペックではなく、理想の生活や好みのデザインから物件を選ぶことができるようになりました。 今回提供を開始した「ALUX」は、都会的な暮らしを好む単身~二人暮らし世帯向けの「都会の空気を吸い込んだ、"今"を充たす住まい」ブランドです。「emot」は、忙しい毎日の中で心地よさを重視しながらも感性を大切にしたいファミリー世帯に向けた「家族の毎日をもっと輝かせる住まい」ブランドです。 cowcamoでは、今後もブランドラインナップやブランド物件の取り扱いを拡充し、中古・リノベーション住宅の魅力的な選択肢を増やして参ります。






「ブランド」「ブランドMIX」とは:服を選ぶように自分の好みや理想から家を探す、新しい家選びのスタイル


ブランド、およびcowcamoアプリ上に設けられたブランドMIX機能は、2021年4月にcowcamoがスタートした新しい取り組みで、服を選ぶように自分の好みや理想の暮らしから物件を探すことができる、新しい家選びのスタイルです。

ブランドMIX機能で、実現したい暮らし方やデザインを基にブランドを選び、物件を探すことができます(※)。また、お気に入りのブランドをフォローすることで、新しい販売物件が出た際に通知を受け取ることも可能です。

ブランドをフォローするユーザーのニーズは物件作りや仕入れにフィードバックされるため、フォローするファンが増えるほど、ユーザーの好みに合う物件がそのブランドに展開されやすくなり、結果として好みの物件に出会いやすくなります。4月に提供開始した「context(コンテクスト)」など2ブランドは、すでに多くのユーザーがフォローしており、中には1つの物件で2週間で28件の問い合わせが生まれたものもあります。

今後もユーザーの多様な好みや趣向に合わせ、ブランドラインナップを展開していく予定です。

※ブランドMIXは、cowcamoのアプリのみの機能でWEBからは利用できません。
最新の「cowcamo」アプリダウンロード  https://cowcamo.jp/about/app



「ブランド」の取り組み背景:好みや理想の暮らしに合う物件に出会いにくい住まい選びの課題


住まい探しは、駅からのアクセスや築年数・間取りなどの個別のスペックを複数集めて検索し、該当する住まいを見つける方法が一般的です。そのような検索方法だけでは、例えば「毎日丁寧な暮らしを送りたい」「高級感を感じながら暮らしたい」というような、本質的な暮らしのニーズや好みに合致した住まいと出会いにくくなります。

cowcamoは、「『一点もの』の住まいに出会おう。」をコンセプトに、ユーザーが自分の好みに合う住まいを手軽に手に入れることができるサービスを目指しており、このブランドやブランドMIXもその提案の1つです。



「ALUX」とは:感度の高い人に向けた、都会の空気を吸い込んだ、"今"を充たす住まいブランド


「ALUX」は、仕事も遊びも家での時間もアクティブで刺激を求める、都会的で感度の高い生活を好む単身~二人暮らし世帯がメインターゲットです。利便性に優れ、トレンド感度の高い都心の街にある物件が中心です。デザインテーマは「ニューラグジュアリー」で、モノトーンを基調として、真鍮や無垢材など質感の異素材をMIXさせた刺激的でリズムのある空間になっています。35平方メートル ~60平方メートル 前後、価格帯は4,000~7,000万前後の物件が中心になる予定です。


(7月に販売を開始した白金台の「ALUX」ブランド物件 2021.7.16現在販売中)


(物件例)
ALUX:https://bit.ly/2UReIj7


「emot」とは:ファミリー世帯に向けた「家族の毎日をもっと輝かせる住まい」ブランド

「emot」は、子育てで忙しい中で、生活の心地よさを重視したい一方で、感性もときめかせながら暮らしたいファミリー層がターゲットです。ファミリーが暮らしやすい都心や郊外の街にあり、最新設備や収納の使いやすさを備えながら、ナチュラルモダンな落ち着いたデザインでまとめています。70平方メートル 以上、価格帯は3,500~7,000万前後の物件が中心の予定です。



(7月に販売を開始した渋谷区幡ヶ谷の「emot」ブランド物件 2021.7.16現在販売中)
(物件例)
emot:https://bit.ly/2UKIGFk


「ブランド」提供の仕組み:物件の仕入れやリノベーション施工に強みを持つ再販事業者とユーザーニーズのデータに強みを持つ「cowcamo」の協業

ブランドは、物件を仕入れてリノベーションをした上で再販する事業を行っている再販事業者と、27万人超(2021.7時点)の会員を持ちメディアと接客の両面で得られたユーザーニーズのデータや知見を持つcowcamoが協業で行っています。

再販事業者が仕入れて設計・施工を担当する物件に対し、ツクルバがブランドをフォローしたユーザーのニーズデータを活かしてブランドの企画開発、リノベーションの要件の決定、cowcamo上でのプロモーションを行います。ブランドをフォローするユーザーが増えるほど、ユーザーニーズが企画や仕入れに反映されやすくなり、そのブランドにさらにユーザーニーズに合う物件が供給される良い循環が生まれます。


<カウカモとは>
cowcamo(カウカモ)は、中古・リノベーション住宅の流通プラットフォームです。テクノロジーとデザインを活用した自社プロダクト群により、住まいの購入・売却・リノベーションに関わる顧客情報の蓄積と、優良な物件情報を集約。それらをデータとして活用し、個人・法人を問わず、流通に関わる様々なステークホルダーが利用できるサービスとして提供することで、より良い住まいの流通を実現します。

<株式会社ツクルバ 会社概要>
やがて文化になる事業をつくり続ける場の発明カンパニー。「『場の発明』を通じて欲しい未来をつくる」というミッションのもと、デザイン・ビジネス・テクノロジーをかけあわせた場の発明を行っています。
https://tsukuruba.com/
会社名:株式会社ツクルバ(東証マザーズ 証券コード:2978)
所在地:東京都目黒区上目黒1丁目1−5 第二育良ビル2F
設立:2011年8月
代表者:代表取締役ファウンダー 中村 真広 / 代表取締役CEO 村上 浩輝
事業内容:中古・リノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」(https://cowcamo.jp/)の企画・開発・運営、シェアードワークプレイス「co-ba(コーバ)」(https://co-ba.net/)や空間プロデュースを含む不動産企画デザイン事業


【報道関係者様からのお問い合わせ先】
株式会社ツクルバ (広報:上堀)
TEL: 03-4500-8940 MAIL: press@tsukuruba.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む