子ども向けロボットプログラミング教室「プログラボ」2021年10月 西武池袋線沿線初の大泉学園校が開校!!

株式会社JR中央線コミュニティデザイン
7月より無料体験会開催!申込受付中!


 JR東日本グループの株式会社JR中央線コミュニティデザイン(本社:東京都小金井市/代表取締役社長: 高橋 好一)は、子ども向けロボットプログラミング教室「プログラボ」を、JR中央線沿線を中心に展開しています。当社はこれまで開校した7校に加え、小学校の放課後課外教室も運営し、合わせて約800名のお子さまにご利用いただいています。
大泉学園校開校!駅から近く便利に安全にお通いいただけます。
 
この度、西武池袋線沿線で初となる大泉学園校を2021年10月に開校します。
 昨今変化の大きい世の中だからこそ、「自ら課題を見つけ、解決する」といった未来を生きる子ども達に必要な力を、プログラボでは身につけることが出来ます。今後もロボットプログラミング教育を中心とした教育事業を通じて、地域の子供たちの成長に寄り添いながら、豊かな学びの場を提供してまいります。
※入会金・教材費は不要で、ロボットプログラミングが初めてのお子さまでも気軽に始めていただけます。

7月22日(木・祝)より「無料体験会」を実施します。
体験をご希望の方はプログラボHPよりご応募下さい。(http://www.proglab.education/

■ 「プログラボ」とは
 阪神電鉄と読売テレビグループの共同事業として、2016年4月に事業を開始した「子ども向けロボットプログラミング教室」です。
 私たちは、ロボットプログラミング教育を通じて未来を担う子ども達の「夢を実現するチカラ」を育みます。を教育理念に、具体的に以下の3つの力を身につける事を目指しています。

1 学びに対する喜び・意欲
   知識と論理的な思考方法を身につけ、それを実践することで、学ぶ喜びを体感し、意欲的に学ぶ姿勢、問題解決力を養います。

2 視野や興味の幅を広げ、それを深く追求する心
   身のまわりのさまざまな物事に興味を持つ好奇心と、興味を持った物事に対して深く掘り下げる探究心を育みます。

3 自らの力でやり抜く精神
   失敗を恐れず、試行錯誤を重ね、主体性と最後までやり抜く力を育てます。

■ 教室の名称
 「プログラミング(Programming)」と、目標に向かって進むことを意味する「プログレス(Progress)」、そして、実験室や研究室を意味する「ラボラトリー(Laboratory)」を掛け合わせ、夢を持つ仲間が集い、切磋琢磨する場を創っていきたいという気持ちから「プログラボ」と名付けられています。

■ 内容
 主な使用教材である教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3等を用いて、モーターや各種センサーを使ってロボットを組み立て、ビジュアルアイコンを使ったソフトウェアでプログラミングを行います。
1 ロボットの組み立て
2 ビジュアルプログラミングを使用したプログラミング

■ 沿革
 2016年4月に関西にて2教室を開校。2018年4月には関東にて当社と東京地下鉄(株)がそれぞれ教室を開校。現在では、北海道から九州まで全国47校を展開、私立小学校の学校内教室10校、計57校、約6,000名の生徒が在籍しています。(2021年7月現在)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む