ソーシャルアクションを起こしたい子ども・若者を応援するプロジェクト「We are the MOVEMENT 2021-2022」メンバー募集開始

認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
メンバーは2021年9月~2022年2月に自ら企画したイベント・キャンペーンを実施

認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(所在地:東京都世田谷区南烏山6-6-5-3F、代表:中島早苗)は、地域創生・災害復興に関する非営利団体や活動への支援を行っている「大東建託グループみらい基金」の協賛・助成を受け、ソーシャルアクション(社会貢献)を起こしたいしたい子ども・若者たちをサポートするプロジェクト「We are the MOVEMENT 2021-2022」のメンバーを、7月12日~8月31日の期間で募集します。プロジェクト詳細:https://ftcj.org/archives/24971


(C)FTCJ
●「We are the MOVEMENT」とは
詳細:https://ftcj.org/we-movement/wearethemovement

当団体は研修キャンプ・イベント・キャンペーン参加などを通じて、日本の子どもや若者たちが国内外の社会課題を「自分事」として考え、学び、「チェンジメーカー」となって解決に向けたアクションを起こす力を育成するムーブメント:WE movementを、20年以上に渡って世界中へ拡げています。
詳細:https://ftcj.org/we-movement


今回メンバー募集を行う「We are the MOVEMENT」は、この「WE movement」の一環として、国内外の社会問題を解決するためのソーシャルアクション(社会貢献)を起こすアイデアを、当団体の選考を通過した子ども・若者たちが自ら発案、実行することをサポートするプロジェクトです。

本プロジェクトを通じ、ソーシャルアクションを起こす経験を得るとともに、仲間を巻き込む・取り込むリーダーシップ、チームビルディングスキル、想いや情報を伝えるコミュニケーションスキルなどの「生活力」を高めることで、子ども・若者たちが次世代の「チェンジメーカー」として活動していくための「チャレンジの場」を提供、サポートすることを目的としています。


当団体による審査・選考を経て、本プロジェクトのメンバーになると、ソーシャルアクションのアイデア発案・実行に関するオンライン研修・ワークショップの受講、オンライン会場(Zoom)の提供、メンター(スタッフ)への相談、当団体SNSによる周知・広報、開催経費(上限2万円)などのサポートを受けることができます。

●昨年の実績
昨年採択案件一覧:https://ftcj.org/we-movement/wearethemovement/wearethemovement2021

プロジェクト初年度だった2020年は、9つの学生団体・有志グループのアイデア・企画を採択・支援しました。
昨年実施したイベントの一部を抜粋してご紹介致します。
コスメと児童労働に関するウェビナーとエシカルリップグロス作りを兼ねたオンラインイベント(2020年12月19・26日実施)
※画像のイベントの詳細報告はhttps://ftcj.org/archives/21076 をご覧ください。

プラスチック問題に関するウェビナーと蜜蝋(みつろう)ラップ作りを兼ねたオンラインイベント(2020年11月28日実施)
※画像のイベントの詳細報告はhttps://ftcj.org/archives/20874 をご覧ください。


●サポート内容詳細
・ソーシャルアクションのアイデア発案、実行のためのオンラインワークショップ(2回、9月実施予定、参加必須)
昨年の研修報告:https://ftcj.org/archives/19385
昨年の研修(2021年9月6日)(C)FTCJ
昨年の研修(2021年9月20日)(C)FTCJ
・経過報告フォローアップワークショップ1回(12月実施予定、参加必須)
・最終活動報告フォローアップワークショップ1回(3月実施予定、参加必須)
・イベント企画運営に関する、当団体スタッフへの相談受付(コミュニケーションアプリ「Slack」を使用)
・当団体ウェブサイトやSNSでのイベント広報
昨年の例:https://ftcj.org/archives/tag/we_are_the_movement_event
・ZOOM会場提供(オンラインイベントおよびミーティング)
・イベント開催経費(会場費、メンバー交通費、印刷費、物品購入など)の補助(上限2万円)
・Change Makers Fes の関連イベント/アクションとして認定
※Change Makers Fesの詳細については、4月27日に配信したリリース(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000035268.html)をご覧ください。


●プロジェクトスケジュール(2021年7月12日時点、今後変更になる可能性があります)
【STEP 1 応募】
8/31(火)までに、本プロジェクト詳細ページ(https://ftcj.org/archives/24971)最下部の応募フォームに必要事項をご入力ください。

【STEP 2 選考】
・1次選考:応募フォーム(8月31日まで) 結果通知:9月1日(水)
2次選考の日程調整に関するメールを代表者に配信しますので、9月2日(木)までに希望日程をご返信ください。

・2次選考:オンライン面接 9月3~4日(金・土) 採択通知:9月6日(月)

【STEP 3 オンライン研修参加】(両方とも参加必須)
アクションプランニングスキル:9/11(土)16:00-19:00
コミュニケーションスキル:9/18(土)16:00-19:00

【STEP 4 アイデアの準備・実行】
担当メンター(当団体スタッフ)と随時連絡を取りつつ、10月1日(金)~12月31日(金)の間に、各自が発案したソーシャルアクションを実行

【STEP 5 振り返り】
実施報告提出:実施から10日以内
経過報告フォローアップワークショップ:2022年1月8日(土)15:00-18:00(参加必須)
最終活動報告フォローアップワークショップ:2022年3月末実施予定(参加必須)


●応募条件
・2022年4月1日時点で、25才以下であること ※個人/グループは問いません
・アクション準備およびフォローアアップのワークショップ(計4日程、オンライン)に参加できること
・Slackのアプリをダウンロードし、随時メンターと連絡を取れること
(連絡が取れない場合、プロジェクトメンバーから外れていただく可能性があります)
・計画書および報告書を期限内に提出できること
(提出が無い場合は補助金をお支払いできない可能性があります)
・フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのビジョンや活動(https://ftcj.org/welcometowe)に賛同し、メンバー登録を行い(https://ftcj.org/we-movement/we-channel)、チャイルドプロテクション(当団体の活動ガイドライン:https://ftcj.org/about-us/child-protection)に同意できること


●発案・実行いただくソーシャルアクションの条件
・2021年10~12月の間に実行
・場所、形式はオンライン/オフライン・混合問わず(オフライン時の開催地、日本全国場所問わず)
※オフライン(対面)形式の場合は感染症対策が必須
・採択後にアイデアの内容やジャンルを極端に変えないこと(止むを得ずアイデアの根幹に関わる変更を行う場合は、事前に当団体へ相談のこと)

ソーシャルアクションには、「資金調達」「物資調達」「ボランティア」「啓発活動」「自己行動変革」「政策提言」があります。詳細はhttps://ftcj.org/6actionsをご覧ください。


●定員
6組


●応募方法
本プロジェクトの詳細ページ(https://ftcj.org/archives/24971)最下部の応募フォームに必要事項をご入力ください。


●応募締め切り
2020年8月31日(火)


●昨年参加者の声


自分で1から企画を立てることの”大変さ”と”やりがい”、どちらも学ぶことができました。
報告や連絡もしやすく、イベントを開催する支えとなりました。自分たちにこのようなイベントができると思っていなかったので有り難かったです。
このように大きなプロジェクトに参加し、自分たちで考えたイベントを開催するというなかなかできない経験をさせていただき、本当にありがとうございました!自分たちがここまで出来るとは知らなかったし、将来の目標が明確になりました。それを踏まえて大学選びもすることができました。本当にたくさんの方に支えていただけて頑張ることができました。ありがとうございました!



●認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンについて

団体ロゴ(ロゴが新しくなりました)
詳細:https://ftcj.org/about-us




1995年、貧困や搾取から子どもを解放することを目的に、カナダのクレイグ・キールバーガー(当時12歳)によって設立された、「Free The Children」の理念に共感し、1999年に日本で活動を始めました。

開発途上国での国際協力活動と並行し、日本の子どもや若者が国内外の問題に取り組み、変化を起こす「チェンジメーカー」になれるよう援助しています。

現在、教育機関などへの出前授業、講演・教材販売、貸出・フェアトレード商品販売・書き損じ葉書の回収・支援先の子ども達との文通プログラム・国内外でのワークキャンプ(8月17~20日にオンラインキャンプを実施予定、詳細:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000035268.html)などを主な事業としており、活動内容は公民・英語教科書などの学校教材に掲載されています。

当団体のプレスリリース一覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/35268


●助成元:大東建託グループみらい基金について

詳細:https://www.kentaku.co.jp/mirai/about/

東日本大震災遺児支援を目的に2012年5月に設立された「大東建託グループあしなが募金」を前身とし、
2015年4月に支援対象を拡大するとともに名称変更して設立された基金です。「地方創生」「災害復興」「次世代支援」を中心とした活動を行う非営利団体への活動支援・協賛などを通じて、地域との交流を深め、活気ある街づくりへ寄与しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む