グロービス、在日フランス商工会議所のウーマン・イン・ビジネス研修に講座提供へ 女性管理職層の育成を支援

株式会社グロービス

株式会社グロービス(東京都千代田区、代表取締役:堀義人)は、2021年7月、在日フランス商工会議所が開催する「ウーマン・イン・ビジネスプログラム」に対し、研修講座の提供を開始しました。グロービスが長年培ってきた経営管理者層の人材育成ノウハウの提供により、世界で活躍する女性管理職層の育成を支援します。

ウーマン・イン・ビジネスは、フランス商工会議所が今年初めて開催する女性リーダー育成プログラムです。プログラムは、企業に勤める女性管理職層を対象として提供され、参加者は、女性リーダーとして成長し成功するために必要なことは何かを見出し、将来の行動の方向性を得るための学びを得ることを目的として8日間に渡る研修に参加します。今年度はプログラムアンバサダーとして、カルティエジャパンのプレジデント&CEOである宮地純氏を迎えます。

グロービスは、今年度より本プログラムに参画し、研修の開発から運営を支援します。講座は、グロービス経営大学院の多国籍な教授によって日本語で提供され、リーダーシップの一般的な教養に加え、女性社員に特化した課題に関する知識の習得や、ケーススタディを通じた実践的なスキルの獲得など、女性リーダーとして必要な学びと成長が得られる機会を提供します。修了後にはグロービス経営大学院より同研修の修了証書を発行します。その他、プログラムではフランス商工会議所の多国籍ネットワークを活用した特別ゲストによる講演も予定されています。

グロービスは、本プログラムへの支援をはじめとして、企業で活躍する女性ビジネスリーダーに経営知識と実践的なスキルを獲得する機会を届け、これからも世界で活躍するビジネスリーダーの育成を目指してまいります。

■プログラム概要
-研修講座名:ウーマン・イン・ビジネス
-開催期間:10月9日~12月3日(計8日間)、平日9:00-17:00
-対象: 現在または将来経営に関わるハイポテンシャルな女性管理職
-目的:
・目標の達成、及び女性リーダーに固有の課題を乗り越えるために必要なリーダーシップスキルと戦略的思考を強化する
・組織全体で信頼性を構築し強化する方法を学ぶ
・リーダーとしてのキャリアと反発力を高める強い個人的使命を感じる
-場所: 在日フランス商工会議所 1階「L'ESPACE」
-言語: 日本語
-申込締切: 2021年9月30日(木)
-申込方法、詳細ページ:https://www.ccifj.or.jp/ja/emploi-et-formation/women-in-business-program-2021.html


◆グロービス (https://www.globis.co.jp
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業を行うグロービス・コーポレート・エデュケーションとeラーニングやオンラインクラスのほか定額制動画学習サービス「グロービス学び放題」などを提供するグロービス・デジタル・プラットフォーム、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1によるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援および社会的インパクト投資を展開しています。

グロービス:
学校法人 グロービス経営大学院
・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
・英語(東京、オンライン)
株式会社 グロービス
・グロービス・エグゼクティブ・スクール
・グロービス・マネジメント・スクール
・企業内集合研修
・出版/電子出版
・「GLOBIS 知見録」
・「GLOBIS Insights」
・「グロービス学び放題」
株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
GLOBIS ASIA CAMPUS PTE. LTD.
GLOBIS Thailand Co. Ltd.

その他の活動:
・一般社団法人G1
・一般財団法人KIBOW
・株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント

◆ 本件に関するお問い合わせ先
グロービス 広報室 担当:田村菜津紀
E-MAIL: pr@globis.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む