2022年初め開催「たからものforおくりもの2022」展覧会ー参加アーティスト募集のおしらせ

BIOME(バイオーム)
今年もやります。「たからもの」「おくりもの」となる作品を一点のみ出展いただく展覧会です。

今年のメイン画は、東京で活躍するイラストレーター山崎杉夫氏によるポップなイラストレーションです。2021年7月31日〆切、出展を希望するアーティストを募ります。


BIOME のKanjiru(Art)定例展覧会
「 た か ら も の for お く り も の 2022 」参加アーティスト募集のおしらせ


定例展覧会として3回目を迎える「たからものfor おくりもの2022」。
通称「たからもの展」。

これまでと同様、年初めの展覧会として、2022 年1 月に開催を
予定しています。
たからものとして、おくりものとして、心躍る作品を一点のみ
出展してみようというアーティストを募集します。

「 た か ら も の for お く り も の 」展覧会とは
BIOME の年初めの展覧会として、毎年行う展覧会のことです。
たからものにしたくなる、おくりものとして選びたくなる作品を、テーマを絞り、アーティスト
一作品のみ出展していただきます。
バレンタインデー、ホワイトデー、卒業、入学、異動など季節のイベントが多くなる時期
ですので、アーティストご自身の挑戦、工夫の場として、BIOME でチャレンジいただければ
と考えます。

開催日程は、2022 年1 月29 日(土) ~ 2 月13 日(土)を予定しています。

どのような作品を出展できるのか?
アパレル(雑貨)、飲食、音楽以外のカテゴリーとなります。応募時に、ご相談の上、決定いたします。

海外からでも出展できるのか?
可能です。しかし、新型コロナウィルス拡散防止による輸送リスクや、国や行政などからの
規制などがございましたら、ご相談の上、決定いたします。

審査はあるのか?
作品を点数化にて決定するような審査はございません。展覧会の趣旨やBIOME のポリシーなど
と照らし合わせ、ご相談しながら決めてゆくプロセスにて、決定いたします。

2022 年のメイン画像は、「BLUE CAR」
イラストレーターの山崎杉夫氏が担います。

山崎 杉夫(Sugio Yamasaki)
神奈川県鎌倉市在住。
立教大学経済学部卒業。
会社員生活を経てセツ・モードセミナー卒、
安西水丸のイラスト塾修了。
ザ・チョイス年度賞 ('03),TIS 公募金賞 ('03,'04)。出
版、広告などの分野を中心に活動中。

(C)山崎杉夫「Blue Car]」
山崎杉夫氏
ご案内


ご興味をお持ちいただけましたら、
artroom@biomekobe.com までご連絡ください。
今だからこそ、いつもと違うチャレンジをしてみませんか?
新たな出会いを楽しみにしております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む