【理想の結婚相手を見つけるのに恋愛経験は必要?】約9割の既婚者が2人以上との恋愛経験があると回答!既婚者・未婚者に聞いた、結婚前の恋愛経験について

エン婚活エージェント株式会社
結婚するまでに複数の方と交際経験があってよかったことが明らかに

エン婚活エージェント株式会社(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:間宮 亮太)は、20代~40代の既婚者・未婚者(男女)を対象に、「結婚前の恋愛経験」に関する調査を実施しました。


「今のパートナーと結婚してもいいのかな?」
「恋愛経験があまりなく、どんな人と相性がいいのかわからない!」

そんな悩みをお持ちの方も少なくないでしょう。
現在パートナーがいたとしても、こういった悩みからなかなか一歩踏み出せないという方も多いのではないでしょうか?

「この人しかない!」「この運命を信じたい!」と思っていても結婚後に、「思っていた人と違う…」なんてことにもなりたくないですよね。

では、既婚者の方々は実際にどのくらいの方と交際した上で結婚に至ったのでしょうか。
過去の恋愛経験をもとに、今後の結婚観について考えていきたいですよね。

そこで今回、エン・ジャパン(東証一部上場)グループが運営する結婚相談所『エン婚活エージェント株式会社』https://en-konkatsu.com/)は、20代~40代の既婚者・未婚者(男女)を対象に、「結婚前の恋愛経験」に関する調査を実施しました。

※本記事での「未婚者」とは現在パートナーがいる方を対象にしています。


【未婚者に調査】今のパートナーと結婚できる?できない?その理由とは

はじめに、未婚男性と未婚女性に、これまでに交際したことのある人数を聞いてみました。



未婚者の方に「これまで何人の方と交際してきましたか?」と質問したところ、半数以上の方が『2人~3人(26.1%)』『4人~5人(28.6%)』と回答しました。

現在のパートナー以外に、半数以上の方が過去に交際経験があるということが分かりました。
では、現在のパートナーと結婚を考えている未婚の方はどのくらいいるのでしょうか?


まず、未婚男性に、「今のパートナーと結婚したいと思いますか?」と質問したところ、結婚したいと思っている(52.3%)』『悩んでいる(35.3%)』『結婚したくはない(12.4%)』といった結果になりました。

続いて、未婚女性にも同様の質問をしたところ、結婚したいと思っている(61.1%)』『悩んでいる(28.8%)』『結婚したくはない(10.1%)』といった結果になりました。

未婚男性も未婚女性も現在のパートナーと「結婚したい」と考えている方が半数以上いることがわかった一方で、悩んでいる方や結婚したくないといった方も一定数いるようです。

では、結婚したくない、悩んでいる理由は何なのでしょうか?


そこで、「結婚したくない、悩んでいる理由は何ですか?(複数回答可)」と質問したところ、未婚男性と未婚女性で下記のような結果になりました。

■未婚男性が現在のパートナーとの結婚をしたくない・悩んでいる理由
・結婚の決め手に欠ける…44.7%
・結婚後の生活がイメージできない…36.6%
・生活(家事・育児)について意見が合わない…13.8%
・金銭感覚が合わない…12.2%
・仕事・キャリアについて考え方が合わない…10.6%
・食の好み・趣味などが合わない…9.8%
・他に気になっている人がいる…7.3%
・住まいについて意見が合わない…5.7%
・一緒にいて楽しいと思わない…5.7%
・その他(具体的に)…15.5%

■未婚女性が現在のパートナーとの結婚をしたくない・悩んでいる理由
・結婚の決め手に欠ける…40.4%
・結婚後の生活がイメージできない…29.8%
・金銭感覚が合わない…21.2%
・生活(家事・育児)について意見が合わない…18.3%
・住まいについて意見が合わない…13.5%
・仕事・キャリアについて考え方が合わない…13.5%
・一緒にいて楽しいと思わない…9.6%
・食の好み・趣味などが合わない…8.7%
・他に気になっている人がいる…8.7%
・その他 (具体的に)…18.3%

未婚男性も未婚女性も「結婚の決め手に欠ける」「結婚後の生活がイメージできない」と回答した方が上位に挙がりました。

今のパートナーとお付き合いをしていて、結婚に踏み切れない不安要素があるといった方や、はっきりとした理由はなくても「結婚は違うかな…」と感じる方が多いのかもしれません。
また、一緒に生活を共にするイメージができないといった方も多いようです。

そこで、結婚したくない、悩んでいる理由について具体的に聞いてみました。

結婚したくない、悩んでいる理由について具体的に教えてください
未婚男性
・束縛感、食の好み、趣味が合わない(30代/会社員/兵庫県)
・生活面でうまくいくか心配(40代/自営業・自由業/東京都)
・一度目の結婚で苦労したからもう結婚するつもりはない(40代/会社員/千葉県)
・この人で本当にいいのか悩んでいる(40代/パート・アルバイト/滋賀県)

未婚女性
・恋人の浪費癖がひどいから(20代/会社員/奈良県)
・本当にこの人で良いのかと思う時がある(20代/会社員/静岡県)
・この人と結婚して幸せになれるか(20代/パート・アルバイト/埼玉県)
・相手の生活習慣に合わせるのが辛い(30代/会社員/千葉県)

結婚後の生活でうまくいくイメージがつかず、「本当にこの人とずっと一緒にいていいのかな?」と、腹決めできずにいる方が少なくないようです。

交際期間が短い・長い関係なく、違和感を感じてしまうと解決するまでモヤモヤは残ってしまうと思います。
そういった違和感から、現在のパートナーとの結婚について悩んでしまっている方も多いのかもしれません。


【未婚者に調査】結婚するまでに何人と付き合いたい?

先ほどの調査で、現在のパートナーとの結婚について、悩んでいる方やしたくないと考えている方が男女共に一定数いることが分かりましたが、未婚の方は結婚するまでに何人と交際を経てから結婚したいと考えているのでしょうか?



そこで、未婚男性に、「結婚するまでに何人と交際を経てから結婚したいと思いますか?」と質問したところ、7割以上の方が『2人~3人(26.0%)』『4人~5人(23.6%)』『10人以上(23.6%)』と回答しました。

続いて、未婚女性にも同様の質問をしたところ、『2人~3人(46.2%)』『4人~5人(23.1%)』『1人(10.6%)』『10人以上(10.6%)』と回答しました。

未婚男性・女性ともに2人以上の方と交際を経てから結婚したいと考えている方が多いことが分かりました。
では、そう考える理由は何なのでしょうか?

■【未婚男性】結婚するまでに何人と交際を経てから結婚したい?
未婚男性(2~3人、4~5人と回答した方)
・いろんな目線から見て視野を広げたい(30代/会社員/兵庫県)
・相性のいいパートナーと出会いたいから(30代/経営者・役員/埼玉県)
・恋愛で自分と合うのであれば、結婚したいし、まぁ、見定め期間(40代/会社員/秋田県)

未婚男性(10人以上と回答した方)
・相手と自分の間に異性が入り込む事が多く、一途な女性などなかなかいないものだから(30代/会社員/茨城県)
・たくさんの人を見て決めないと後悔を必ずするから(30代/会社員/愛知県)
・婚姻生活が長く続くかわからないから(40代/会社員/埼玉県)

■【未婚女性】結婚するまでに何人と交際を経てから結婚したい?
未婚女性(2~3人、4~5人と回答した方)
・「あなたしかいない」よりも「何人かのなかからあなたを選んだよ」の方がある意味では誠実かなと考えるため(20代/無職/広島県)
・経験を積んで、男性を見る目を養いたいため(20代/介護士/埼玉県)
・何も知らないより、何人か経験して客観的に見たい(30代/会社員/東京都)

未婚女性(10人以上と回答した方)
・見極めたいから(30代/自営業・自由業/京都府)
・欲が出てすぐ別の男性を見てみたくなる(30代/会社員/東京都)
・色々価値観を見比べてからが良い(40代/会社員/埼玉県)

未婚女性(1人と回答した方)
・1人目でも結婚したいと思ったらすると思うから(30代/自営業・自由業/兵庫県)
・誰かと比較する必要はないから(30代/パート・アルバイト/東京都)
・一人でよい(40代/無職/埼玉県)

様々な恋愛経験を経て、異性を見る目を養ったり、相性の良いパートナーと出会ったりしたいと考える方がいるようです。
恋愛経験をあまり積まず1人の人に決めてしまうことに、後悔してしまうのは?といった不安があるのかもしれません。


【既婚者に調査】結婚前に恋愛経験を積んでおくメリットとは?

未婚者に恋愛経験や結婚について伺うことができました。
では、続いて既婚者に伺ってみましょう。

未婚者と既婚者とで、結婚に関する考えなどに違いがあるかもしれません。


まず、既婚男性に、「結婚に至るまでに交際した人数は何人ですか?」と質問したところ、6割以上の方が『2人~3人(38.5%)』『4人~5人(24.9%)』と回答しました。

続いて、既婚女性にも同様の質問をしたところ、6割以上の方が『2人~3人(30.5%)』『4人~5人(28.2%)』と回答しました。

既婚男性・女性ともに2人以上の交際経験を経てから結婚に至ったという方が多いようですが、結婚に至るまでに“複数の方との交際経験があってよかったこと”とは何なのでしょうか?

■【既婚男性】結婚に至るまでに複数の方との交際経験があってよかったと思うこと
・自分に合った人を見つけることができた…41.4%
・人との付き合い方を学ぶことができた…41.0%
・自分の大切にしたい価値観が明確になった…31.1%
・異性の心理について学ぶことができた…31.1%
・自分が結婚相手に求める条件が明確になった…28.8%
・その他 (具体的に)…5.4%

■【既婚女性】結婚に至るまでに複数の方との交際経験があってよかったと思うこと
・自分に合った人を見つけることができた…50.2%
・人との付き合い方を学ぶことができた…44.7%
・自分の大切にしたい価値観が明確になった…41.9%
・自分が結婚相手に求める条件が明確になった…25.8%
・異性の心理について学ぶことができた…16.1%
・その他 (具体的に)…1.8%

複数の方との交際経験から、自分が本当に素を出していられる関係性を見つけることができたり、異性との付き合い方や距離の取り方などを学ぶことができたりした方が多いようです。

では、結婚に至るまでに複数の方との交際経験があってよかったことについて、具体的に伺ってみましょう。

結婚に至るまでに複数の方との交際経験があってよかったと思ったこと
・今のパートナーと出会って、相手に合わせすぎて我慢していたことが分かった(30代/女性/会社員)
・自分の想像もつかない価値観の人と話して人生経験が増えた(30代/女性/会社員)
・以前お付き合いしていた子に利用され浮気をされた時に自分の過去の行いを痛感し、以降は優しさが何かを理解して異性と接する事が出来るようになった(30代/男性/会社員)
・相手との距離の取り方、接し方を学ぶことができた(40代/男性/会社員)
・ダメ男の見分けがついた(40代/女性/会社員)

現在のパートナーと出会ってから、過去の自分が相手に合わせすぎて無理していたことや、自分にはない考え方などを改めて知る良い機会になったという意見が挙がりました。

また、異性の見分け方についても学ぶことができたという方もおり、恋愛経験を多く積んだからこそ、こういった気付きや学びを経て、現在のパートナーと出会い結婚まで至ることができたのかもしれませんね。


【既婚者に調査】約半数が結婚前に他の異性との結婚を悩んでいた!?

先ほどの調査で、既婚者に過去の恋愛経験にいて伺うことができましたが、現在のパートナーと結婚する前に、結婚を考えたという方はいたのでしょうか?



「現在のパートナー以外に結婚を考えた人はいましたか?」と質問したところ、約半数の方が『いた(50.6%)』と回答しました。

そこで、「その人と結婚に至らなかった理由を教えてください」と質問したところ、以下のような結果になりました。

■「その人と結婚に至らなかった理由を教えてください」
・振られてしまった…32.3%
・結婚の決め手に欠けていた…19.5%
・結婚後の生活がイメージできなかった…16.1%
・金銭感覚が合わなかった…13.4%

・生活(家事・育児)について意見が合わなかった…12.6%
・仕事・キャリアについて考え方が合わない…10.3%
・他に気になっている人がいた…9.6%
・住まいについて意見が合わなかった…6.5%
・一緒にいて楽しいと思わなかった…6.5%
・食の好み・趣味などが合わなかった…3.8%
・その他 (具体的に)…13.4%

振られてしまったという方が最も多い一方で、結婚まで考えていたものの結婚の決め手に欠けていたり、結婚後のイメージができなかったりして、結婚まで至らなかったという方が多いようです。

「本当にこの人でいいのかな?」といった不安があり、結婚には至らなかったことで、現在のパートナーと出会えることができたのかもしれません。
こういった違和感や不安を抱いたままその方と結婚していたら、後悔したりうまくいかなかったりといったことも起こりうるので、結婚相手の見極めはかなり重要になるでしょう。


【既婚者に調査】現在のパートナーと結婚した決め手とは?

では、既婚の方が現在のパートナーと結婚した決め手とは何だったのでしょうか?
具体的に伺ってみました。

■現在のパートナーと結婚した決め手とは?
既婚男性(結婚に至るまで2人以上と交際経験がある方)
・一緒にいて相乗効果ある。安心して生活できる(30代/会社員/北海道)
・価値観や生活のレベルが一緒で自分を飾る必要がなかったのが良かった(40代/会社員/埼玉県)
・一番長く付き合えた(40代/会社員/東京都)
・自分の考え方を変えてくれた人。いろいろなものを受け入れることができるようになった(40代/会社員/滋賀県)

既婚女性(結婚に至るまで2人以上と交際経験がある方)
・とても優しい性格で、初めて会った時から非常に好意を持てた。趣味が共通しており話していて飽きない(30代/会社員/神奈川県)
・頭が良くて会話が楽しい、感覚が似てる、何かあっても大抵のことは乗り越えられそう(30代/会社員/東京都)
・もう一人の自分みたいな感覚で 付き合いはじめから老夫婦のような安心感があった(40代/パート・アルバイト/愛知県)
・私のことだけでなく両親や祖母にも優しくしてくれたから(40代/専業主婦/大阪府)

既婚男女共に、結婚を決める際はパートナーとの価値観や人間性を重要視していることが分かりました。
過去の恋愛経験から多くを学んだことで、結婚に至るまでの決め手が明確になるのかもしれませんね。


【まとめ】恋愛経験が多い方が、結婚する上で大事にしたい自分の軸が明確になる!?

今回の調査で、未婚者・既婚者の結婚前の恋愛経験について伺うことができました。

共に、結婚に至るまでに複数の方と交際経験を積みたいと考えている方が多く、その中で、自分自身や相手の考え方や価値観、感覚などを理解し、納得した形で結婚するという判断をしたいと考えている方がいるようです。

自分が結婚に相手に求めることは何なのか、どのような人であれば結婚してから自分も相手も幸せな生活を永く送ることができるのかなど、今までの経験を活かして結婚相手を見つけ、幸せな家庭を築いていきたいですね。


エン・ジャパン(東証一部上場)グループが運営するオンライン対応結婚相談所【エン婚活エージェント】



「恋愛経験があまりないのでどんな人と相性が良いのか分からない」
「理想の相手と出会うまで、複数の人と付き合ってみたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、成婚実績No.1※1のオンライン結婚相談所、エン婚活エージェントhttps://en-konkatsu.com/)です。

※1 TPCマーケティングリサーチが2020年12月7日~14日に実施した「累計成婚者数調査」より

■エン婚活エージェントなら仮交際期間に複数の方と同時進行ができる!?
エン婚活エージェントは、仮交際期間に複数の方と交際を同時進行ができることも大きな特徴の一つです。
どんな形で婚活をするとしても、いきなり自分の理想とする相手と出会うのは難しいものです。

そのため、はじめから1人に絞るのではなく、いろんな方と知り合い、比較・検討していくことによって、自分に合った人が選びやすく効率良く婚活を行うことが出来ます。
この期間に複数の方と知り合い、相手との考え方や感覚のすり合わせを行い、よりお互いが受け入れられる相手を最終的に1人選んでください。

結婚は、二人が幸せに向かって歩んでいく素晴らしいライフイベントですが、一方で、血の繋がりもなければ、育った環境も異なる二人が生活を共にする過程においては、考え方や感覚の違いはあって当たり前です。
だからこそ、お互いの考え方や感覚をすり合わせし、相互理解を持続することが最も大切です。
それが長い結婚生活をより良いものに発展させ、人生を充実させるために必要なことであると私たちは考えています。

■同時交際後は最終的に1人と真剣交際!
仮交際期間を経て1人に絞っていただきお付き合いをしていただきます。
真剣交際が始まった場合、新しい出会いはなく、複数の人と連絡やデートはできなくなります。

お二人が結婚の意志を持ち、サービスの卒業(退会)を決めたら、めでたく成婚退会へと進んでいただきます。

「本当に素敵な人と出会えるの?」
「サポートって具体的にどんなことをしてくれるの?」

そんな不安を抱えていらっしゃる方のために、エン婚活エージェントでは成婚レポート・活動体験談
https://en-konkatsu.com/experiences/)をご紹介しております。
性別や年代、活動期間、婚姻歴などで検索できるため、ご自身に似た状況の方のリアルな体験談を探せます。

ご利用者様からはコスパ満足度が高いとご好評いただいておりますので、
ぜひ一度エン婚活エージェントまでご相談ください。


【エン婚活エージェント】
●エン婚活エージェント:https://en-konkatsu.com/
●電話:0120-974-835(年末年始を除き無休 10:00~20:00)
●資料請求(無料):https://en-konkatsu.com/catalog_request/
●無料相談:https://en-konkatsu.com/free_consultation/
●入会申し込み:https://member.en-konkatsu.com/entry/register/

調査概要:「結婚前の恋愛経験」に関する調査
【調査期間】2021年7月2日(金)~2021年7月5日(月)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】未婚者525名、既婚者516名
【調査対象】20代~40代の未婚者・既婚者(男女)
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む