医師・管理栄養士共同開発「腸活プロテイン」クラウドファンディング目標額100%達成

一般社団法人予防医療研究協会
日本人のお腹を守る100%植物性プロテイン。セサミ/カカオ風味の2種類展開。

一般社団法人 予防医療研究協会(所在地:東京都千代田区、理事長:苅部淳)は、「健康はカッコイイ」を理念に掲げる株式会社EIRIS(エイリス)と「腸活プロテイン」を共同開発。本商品は、プロテインでお腹を下してしまう乳糖不耐症の人や腸内環境を気にされている人のために100%植物性たんぱくで構成の上、乳酸菌、イヌリン、クレアチン、L-アルギニン、L-シトルリンなど腸に嬉しい成分も多数配合した全く新しいプロテイン。国内最大クラウドファンディングサイトCAMP FIREにてプロジェクト実施開始し、わずか1週間で目標金額の500,000円を達成。8月12日まで応援購入を受付予定。リターン配送は10月1日~10月30日までに順次出荷予定。





■開発ストーリー
株式会社EIRIS(エイリス)の淺石氏自身が乳糖不耐症であり、一般的なプロテインを飲めないため思うようにカラダづくりができずに長らく悩んでいたことから共同開発の話が浮上しました。
カラダづくりに苦労する同じ悩みを持った多くの方々に向けて、本当に日本人のカラダのためを思ったプロテインを開発しました。

■本商品の特長
本プロテインの特長には上記のようなものがあり、日頃から食べるものに気を遣っている方や、胃腸への負担を軽くしたいという腸活に興味のある方にぴったりの商品に仕上がっています。
監修した一般社団法人の苅部淳医師は麹町皮ふ科・形成外科クリニックも務めており、今回は美容の専門家として美しくなるための成分にもこだわって開発に臨みました。

■クラウドファンディング応援購入URL(CAMP FIRE)
https://camp-fire.jp/projects/view/450783#menu

8/12(木)まで購入可能です。リターン配送は10月1日~10月30日までに順次出荷予定ですのでご了承ください。

■一般社団法人予防医療研究協会とは
一般社団法人予防医療研究協会は医食同源の考えを推進する団体です。食の大切さを伝えるため腸内細菌学•栄養学の資格発行を行う他、今回のプロテイン共同開発のように良質な製品製造を啓発するためスキンケア、サプリメント等の監修にも注力しています。

■苅部淳医師プロフィール
【職務経歴】
山梨大学附属病院形成外科 助教
順天堂大学医学部卒
東京大学附属病院初期研修
東京大学附属病院形成外科 入局
埼玉医科大学形成外科 助教
福島県立医科大学形成外科 医員
麹町皮ふ科・形成外科クリニック 院長

【所属学会】
日本形成外科学会正会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本美容皮膚科学会正会員
日本顔面神経学会正会員
日本マイクロサージャリー学会正会員
日本抗加齢医学会正会員
日本再生医療学会正会員
アメリカ形成外科学会正会員
アメリカ抗加齢医学会正会員
日本東洋医学会正会員
日本人類遺伝学会正会員
日本アロマテラピー学会正会員
日本マインドフルネス学会正会員

【所属協会】
一般社団法人 予防医療研究協会 理事長
一般社団法人 日本ブレインケア・認知症予防研究所 理事
一般社団法人 ロコモ認知症予防療法協会 参与
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む