公式公認でNFT化・販売・収益還元まで行ってくれる「東北ずん子3姉妹」二次創作プロジェクト第2弾公募受付開始

一般社団法人オタクコイン協会
~前回の最高額は1ETH=時価25万円相当の国内最高額を記録(当社調べ)~

本日、一般社団法人オタクコイン協会・SSS合同会社・CryptoGames株式会社は、個人クリエイターの二次創作活動を積極的に支援するため、二次創作作品を提供するだけで、NFT*1化・販売・収益還元まで行ってくれる、公式公認の個人クリエイター支援プログラムの第2弾として、これまでクラウドファンディングで累計1億円以上の調達を行うなど多くのファンから支持を得ている、東北支援キャラクター「東北ずん子」「東北イタコ」「東北きりたん」の3姉妹をモチーフにした二次創作作品の公募受付を開始しました。



前回第1弾では、公式公認の「東北ずん子3姉妹」二次創作をオークション販売を行ったところ、公募68作品のうち10作品をオークションに出品、そのすべてが落札され、そのうち1作品は、二次創作作品として日本国内の最高額、1ETH=時価25万円相当のセールスを記録しました(当社調べ)。

昨今、注目されているNFTを活用すると、インターネット上に唯一無二の「世界にひとつだけの作品」を創り出すことができ、一点モノのデジタルアート作品を販売することができるようになります。すでに、マーケットプレイスには1作品数千円から数百万円を超えるものまで、多種多様なNFT作品が存在しています。

第2弾の今回も、Rarible上の東北ずん子の認証アカウント( https://rarible.com/zunko?tab=created )にて、公式自ら二次創作を販売することで、個人クリエイターの二次創作活動の支援を行っていきます。

個人クリエイターからすると、好きなキャラクターたちの二次創作作品を創作し、公式へ提供するだけで自身の二次創作作品を販売できるため、より創作活動に専念できるようになります。NFT化にまつわる専門的な知識や、販売時のマーケティング/プロモーション、収益管理のための経理業務など煩雑な手続きは不要です。

一次流通の販売はオークション形式を想定しており、最低入札価格は0.05ETH(約1.5万円)からの販売になります。一次流通&二次流通時*のクリエイターへの売上還元率は50%を想定しており、日本円での受け取りが可能です。

*仕様上、二次流通時はOpenSeaなど特定のプラットフォームでの取引のみロイヤリティ還元がなされます

今回NFT作品で販売する権利は、その作品の(デジタル)所有権となり、キャラクターの著作権・商標は引き続きSSS合同会社が保持します。なお、二次創作権・商品化権は、東北ずん子のガイドライン( https://zunko.jp/guideline.html )に基づき引き続きすべての人が所定のルールのもとに活用いただけます。

二次創作イラスト・動画は新規作品(未公開作品)はもちろん、第1弾で選考から漏れた作品を含む、過去に制作されたものも対象となりますので、この機会にぜひご応募をお願いいたします。応募要項の詳細は下記の応募フォームからご覧ください。

■ 応募フォームはこちら
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd5y0fzWakF7UZNB7z8rM6SWLSDGgG0dIss2GkQnwvCLUxN-Q/viewform
※応募期限2021年7月21日23:59(JST)まで


*1 ブロックチェーン技術・NFTとは?
NFTとは、インターネット上に唯一無二の「世界にひとつだけのデータ」を生み出せる代替不可能なトークンです。ブロックチェーン技術を活用することで、コピーできないデジタルデータを作成することができ、データの所有者は自由に二次流通を行うことができます。また、取引のたびに一次創作者/社へ販売額の一部が半永久的・自動的にロイヤリティとして還元されるように設計できます。

現在、NFTは、主にブロックチェーンゲームや、クリプトアートに活用されています。特に海外のアート分野では、2021年初頭より数千万円規模での販売が話題となっています。最近では、Beepleという名で活動するアーティストが、250年以上の歴史を誇るオークションハウスChristie’s(クリスティーズ)でNFTを販売したところ、6,900万ドル(約75億円)で落札されたことで、世界中の話題をさらいました。

今後、様々なアセットがデジタル化していく中で、よりNFTが活用されていくことが予想され、本実証実験は、世界中から注目を集める日本発コンテンツ領域xNFTの、新たな挑戦となります。


■ 東北ずん子とは
東北ずん子は、東北地方一帯で食されているずんだ餅をモチーフとして、キャラクター化しているほか、青森県のイタコを元にした姉の「東北イタコ」、秋田県のきりたんぽを元にした妹の「東北きりたん」で、東北3姉妹として人気を博しています。

これまで、東北ずん子は、クラウドファンディング黎明期から累計約1億円を調達しており、常に先進的な取り組みを行ってきています。音声の自然な読み上げを行えるソフト「VOICEROID」を活用した多くの動画が、ニコニコ動画やYouTubeに配信・視聴されています。2020年2月には、人工知能を活用した歌唱ソフト「AI東北きりたん」をリリース。これまでの常識を覆す圧倒的な自然な歌声に、ボカロファンの間に衝撃を与えました。
https://zunko.jp/


■ SSS合同会社について
東北ずん子というキャラクターを運営しています。 東北ずん子の世界に登場するキャラクターの音声合成ソフトをだしたり、アニメ制作をしたり、3D 制作をしたりしております。
CEO:小田 恭央
本社:宮城県仙台市
業種:エンタテインメント・音楽関連


■ CryptoGames株式会社について
社名:CryptoGames株式会社
設立:2018年4月20日
資本金:7,300万円(資本準備金含む)
代表取締役:小澤 孝太
事業内容:ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」、NFTサービスの開発運営
URL:http://cryptogames.co.jp/
Email:info@cryptogames.co.jp


■ 一般社団法人オタクコイン協会について
オタクコイン協会は、日本のアニメ文化を世界に広げるため、ブロックチェーン技術をアニメ業界内への浸透・導入・活用を目指し、前身のオタクコイン準備委員会を含め、2017年12月よりアニメ文化発展のための活動を行ってきました。

また、アニメをより世界に広げる活動の一環として、多言語・複数メディア同時展開によるアニメスタジオインタビューを敢行。アニメ情報サイト「アニメ!アニメ!」、Facebook2,000万人登録「Tokyo Otaku Mode」、中国語圏大手の「Bahamut」など、世界中のアニメニュースサイトが連携した「世界が注目するアニメ制作スタジオが切り開く未来」を企画・主導し、日頃なかなかスポットが当たらない、アニメ作品を生み出すアニメスタジオ15社以上に、アニメ制作へ懸ける思いや制作の裏話を含めたインタビュー(http://bit.ly/AnimeInterview
)を敢行するなど、地道な活動を続けてきています。
<オタクコインについて>


『オタクコイン』は、アニメ・マンガ・ゲーム等の日本のカルチャーを愛する世界中の人をつなぐコミュニティ通貨となり、日本のカルチャーのさらなる発展を目指します。オタクコインが世界中で流通されることで、自分が好きなアニメ・マンガ・ゲーム等の業界の発展に寄与できる「コミュニティ通貨」の実現を目指しています。現在は、スマートフォンアプリを通じてオタクコインのバウンティ・キャンペーンを実施中です。詳細は、オタクコイン公式サイトをご覧ください。

◆ オタクコイン公式サイト
https://otaku-coin.com/ja/ 
◆ リリースに関するお問い合わせ
https://otakucoin.typeform.com/to/t0ht7i

一般社団法人オタクコイン協会
〒102-0093 東京都千代田区平河町二丁目5番3号
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む