Spelldata、中小企業のワクチン格差を救う健康支援サービス「ヘルスデザイン」採用

Spelldata
コロナ禍で長引く従業員の心身の不安を保健師の活用で解消!社員5名の小規模企業でも” 保健師導入”と”新型コロナワクチン職域接種”が可能に

Webサイトの品質の計測・分析・改善のリーディングカンパニー株式会社Spelldata(本社:東京都千代田区、代表取締役:竹洞 陽一郎、以下 Spelldata)は、ヘルスデザイン株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役:坂本宣明、大崎陽平、以下ヘルスデザイン)の提供する50人未満の企業でも導入できる健康支援サービスを導入しました。 ヘルスデザインの健康支援サービスは、50人未満の企業が導入できるサービスで、このサービスを導入することで、保健師のアドバイスを受けることができます。また、健康診断の結果を分析し、適切なアドバイスを受けることで従業員の健康管理が充実し、病気を予防することができます。 さらに、小規模会社だからと諦めていたコロナワクチンの職域接種(2000人規模)を受けられるようになりました。ヘルスデザインでは、健康管理だけでなく、メンタルケアも積極的に行っているため、従業員のストレス軽減につながるものと考えています。今後もSpelldataでは、従業員の健康課題を解決できる制度を充実させていきます。





健康支援サービスの概要

健康診断結果の分析とアドバイス
従業員の健康相談
月1回の健康情報の配信
人事・総務担当向け健康施策の相談


導入の背景

昨今、人生100年時代の働き方のキーワードとして、従業員の健康管理を重要な経営課題として捉える「健康経営」に注目が寄せられています。
産業医制度は従業員の健康管理のため、50人以上の事業所では必須となっていますが、小規模会社にはそのような義務はなく、健康支援サービスが充実していません。
Spelldataでは、従業員の力=会社の力であると考え、従業員が快適に心地よく働くことで、会社が活性化し、サービス向上に繋がると考えています。そのためには、従業員が心身ともに健康であり続けることが必須であり、健康支援サービスの導入で従業員の健康を守ることが可能になります。
また、昨今、長期化する新型コロナウイルス感染症の影響で病院への受診を控える人が増え、病気の早期発見ができないことが問題となっています。Spelldataの従業員が心身の不調を感じながらも、病院に行くことを不安に思った時、気軽に相談できる環境が必要であると考えました。


ヘルスデザイン株式会社について

ヘルスデザイン株式会社は、産業医・保健師からなる健康支援の専門家チームです。999人以下の規模の会社様を主たる対象として、働く人の健康と会社の健康を守るために、産業医や保健師を専門とする医療職が御社の健康課題を解決していきます。具体例として、メンタルヘルス対応(健康相談、休み中の労働者の対応、職場復帰対応等)、フィジカル対応(健康相談、健康診断結果の確認とフォロー等)、健康教育・セミナーの開催、会社の安全衛生体制づくり等を、会社担当者様と相談しながら実施していきます。


株式会社Spelldataについて

株式会社Spelldataは、パフォーマンスエンジニアリングの専門企業です。Webサイトの配信品質・情報品質の計測・分析・改善のリーディングカンパニーとして、お客様のWebサイトが国内・海外ともに快適にエラーなく表示されて、かつ価値の高い情報を配信できるように支援します。デバイスと場所を問わず、コンシューマ体験、エンタープライズ体験、エンターテイメント体験を快適にする手法として、24時間365日Webパフォーマンスを計測して分析する統計的品質管理を日本のWebサイトに普及します。


<ヘルスデザイン会社概要>
商号:ヘルスデザイン株式会社
本店:東京都世田谷区玉川4-5-6 Green Terrace Ojima 3F
設立:2015年1月15日
目的:産業医・保健師サービス、小規模事業所への健康支援、働く人と会社の健康を守る
Webサイト:https://health-d.co.jp

<Spelldata会社概要>
商号:株式会社Spelldata
本店:東京都千代田区大手町一丁目7番2号東京サンケイビル27階
設立:2000年10月16日
代表:代表取締役 竹洞 陽一郎
目的:
・各種情報の収集、分析、処理及び提供
・各種データ解析作業の受託及びコンサルティング
・コンピュータのハードウェア及びソフトウェアの企画、開発、保守、販売及び輸出入
・データ収集及び分析に関する教育
・データ収集及び分析のための調査、測定及び実験
・前各号に附帯関連する一切の事業
Webサイト: https://spelldata.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む