カーサプロジェクトがログビルドと日本初のリモート現場管理ツール『Log Walk』の販売代理店契約を締結

カーサ・プロジェクト株式会社
『現場監督が現場へ行かない』という新発想!建築業界のイノベーションをめざす

カーサ・プロジェクト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:縣 桂一郎、以下 カーサプロジェクト)は、株式会社 log build(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:中堀 健一、以下 ログビルド)が提供するリモート現場管理ツール『Log Walk(ログウォーク)』と『Log Kun(ログくん)』の販売代理店契約を締結しました。今回の締結により、全国の住宅会社へ向けて本格的な販売がスタートします。




今回カーサプロジェクトが提供開始するのは、ログビルド開発による日本初のリモート現場管理サービス『Log System(ログシステム)』。『Log System』には、下記2種類の異なるサービスがあります。


■ Log Walk(ログウォーク)
... 360度のVR photoにより、現場を可視化。建設の全工程写真を履歴保存。


■ Log Kun(ログくん)
... リアルタイムの現場状況を可視化するアバターロボット



『Log Walk(ログウォーク)』で実現できること


1:移動レス
メインでの販売となる『Log Walk』は、360度カメラと高度な技術により、VR空間化した現場の工事全履歴をクラウド保存。さまざまな現場管理に活かします。これにより、現場監督や設計士、経営者の移動時間の削減に大きく貢献します。

2:建設現場の可視化、人材確保
現場が可視化されることで、生産性の向上だけでなく、社内外問わず情報の共有が可能に。現場の様子を会社全体で把握できるため、現場での働きやすさにも繋がっていくと言えます。建築現場に関わる全ての人が使用可能なプラットフォームをめざした本サービスは、現場の課題だけでなく、働きやすい環境の再構築にも寄与。これにより、業界全体の人材不足解消にも繋げたいと考えます。


職人が家を建て、すべてを自分で管理していた時代を【現場0】とするならば、現在は、さまざまな管理ツールが発達してもなお現場に赴く【現場1.0】地点と言えます。『Log Walk』がめざすのは、現場に足を運ぶことなく管理および+αが叶う【現場2.0】の世界。現場管理の概念が生まれて以来初となる、業界にとっても大きなイノベーションとなるサービスです。

公式note記事
「『現場監督が現場へ行かない』という新発想は業界をイノベーションし得るのか」
https://note.com/casaproject/n/n2405916c4854



『Log Walk』概要


『Log Walk』に必要なものは、スマートフォンと360度カメラのみ。

建築現場で簡単な操作をおこなうことで、現場のVR空間を自動生成。敷地調査から完成に至るまで、建築物件の全工程がVR空間に保存されます。

VR空間内は、独自の技術によりスムーズな移動を実現。さらに注目すべきは時間軸。現場のVR空間を創出するだけでなく、完成に近づくにつれ見えなくなっていく箇所についても、時間軸に沿って残していく事ができます。これにより、敷地調査・基礎工事・上棟・内装工事・完成までのすべての履歴を、360度のVR空間でクラウド内に記録保管が可能に。民法改正により重要視されていく「施工写真の記録対応」にも、安心して備えることができます。
リモート現場管理ツール『Log Walk』



『Log Kun(ログくん)』概要

『Log Kun』は、リアルタイムの現場状況を可視化するアバターロボットです。

場所や有人無人問わず、現場のロボットをスマホやiPad、PCから操作。進捗確認や安全管理、品質チェックを移動レスで1日に何度もする事が可能です。

高解像度な写真撮影や職人との音声通話はもちろん、装着したiPadに情報を映し出し、施工指示も可能。リアルタイムの現場情報を、監督のみならず設計士やコーディネーター全員で確認して、工程や品質管理を実施できます。
『Log Kun』



『Log System』開発陣

『Log System』の開発は、ログビルド中堀代表の「現場監督の移動時間を削減したい」という思いに端を発します。開発にあたりCTO(開発責任者)に迎えたのは、森貞 英彦 氏。90年代後半よりソニー株式会社(在籍当時)にて動画圧縮アルゴリズムの開発や、ロボットの技術開発(主に画像処理技術の応用)、さらにはゲームプラットフォームでの様々なアプリや実写VR技術開発に携わってきたエンジニアです。

『Log Walk』でのVR空間内の移動のスムーズさは、ユーザー目線での開発を好む森貞氏により、代表的な地図アプリに慣れ親しんだユーザーをも満足させようという視点から作り上げられています。最新技術を反映したツールでありながら「現場の職人さん誰もが使えるように」を合言葉に、開発陣みずから現場へ赴き、リアルな現場の声をヒアリングしつつ、現在もブラッシュアップを重ねています。
VR空間によるリモート現場管理『Log Walk』



『Log Walk』や『Log Kun』に関するお問い合わせについて


詳しくお尋ねになりたい方は、下記【お問い合わせフォーム】ご要望欄に
・ログウォークについて知りたい
・ログくんについて知りたい

とご記入の上お問い合わせください。

【Log Walk・Log Kun お問い合わせフォーム】
https://www.casa-p.com/contact/


ログビルドについて

湘南の建設会社である株式会社ecomo(※1)のロボット・VR Photo・AI事業部として発足し、2020年2月に創業。日本発で世界へ向けてアバターロボットとVR photoにより全ての建設会社の現場の可視化を実現。

元々現場監督をしていた代表中堀は、テクノロジーが進化しても現場管理の手段が依然としてアナログであることに課題を感じ、建設会社経営者や現場管理者、職人の意見を参考に『Log System』を考案。

社内には、AIBOやPlayStationの開発に携わったSONY出身の人材や、住宅業界の負を解決してきたリクルート出身の人材など様々なキャリアを歩んできたメンバーを登用。

2021年4月のシードラウンドでは、住宅系大手商社である渡辺パイプ株式会社・ジャパン建材株式会社、個人投資家の麻生要一氏を引受先・融資元とする総額約8,000万円の資金調達を実施。

※1 株式会社ecomo
湘南の建設会社。(本社:神奈川県藤沢市城南4-1-9、代表取締役:中堀 健一)
テクノロジーにより新しい働き方を実現するSmartBuilders(スマートビルダーズ)を発足し、業界のDX化を牽引。全国随一のデジタルシフト化により整備されたオンライン体制をもって、自社のノウハウを日本全国に広げる活動を実施。大手建材メーカー主催のセミナーでは特別講師として登壇。
URL:https://www.ecomo-life.com/


ログビルド 会社概要


株式会社 log build(ログビルド)
代表者 :代表取締役 中堀 健一
所在地 :〒251-0057 神奈川県藤沢市城南 4-1-9
事業内容:AI 開発、VR 開発、建設現場施工管理ロボット、クラウド現場管理、建設現場プラットフォーム
URL  :https://www.log-build.com/




カーサプロジェクトについて


私たちカーサプロジェクトは、「日本の家づくりを変えたい」という思いから、常に業界の常識に疑問を投げかけています。さまざまな商品住宅のリリースを通して、これからも皆様と「日本の家づくりのあるべき姿」を問い続けたいと考えています

会 社 名 :カーサ・プロジェクト株式会社
代表取締役 :縣 桂一郎
事 業 内 容 :業績支援・販売促進のコンサルタント業務、商品住宅の企画・開発


カーサプロジェクト 会社概要


カーサ・プロジェクト株式会社
代表者: 代表取締役 縣 桂一郎
所在地: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-47-11 青山学院アスタジオ402
事業内容:業績支援・販売促進のコンサルタント業務
URL:
カーサプロジェクト株式会社 https://www.casa-p.com/
『casaの家』        https://www.with-casa.com
オウンドメディア『#casa』 https://hash-casa.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む