「大阪の消防大賞」受賞  豊中市消防局高度救助隊「HEART」の水難救助が評価

豊中市
豊中市消防局 高度救助隊「HEART」隊員が産経新聞社から「大阪の消防大賞」を受賞しました。 令和2年7月に市内で発生した水難救助事案で、救急隊や消防隊と連携し、大雨で増水した川の急激な流れの中、浮き沈みを繰り返す女性を迅速かつ適切に救出した活動が高く評価されました。






「大阪の消防大賞」受賞の概要

受賞部門:第36回「大阪の消防大賞」消防職員の部
受賞日:令和3年7月3日(土)
受賞者:豊中市消防局 高度救助隊「HEART」北消防署第2救助係 小山 友(こやま とも)消防司令(受賞事例発生当時)ほか3名

【高度救助隊】
 消防大学校等で人命の救助に関する専門的かつ高度な教育を受けた15名と高度救助器具等を装備し、これを積載できる救助工作車1台で編成。
 豊中市消防局は、平成24年に同救助隊(愛称:HEART)を設立。市内の火災や交通事故等の災害に出場するほか、NBC火災にも対応しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む