【もっと泊マル、オタル。】調理人おまかせ料理を堪能できる宿泊プランを販売。

SHKライングループ
オーセントホテル小樽は、小樽市によるキャンペーン事業「もっと泊マル、オタル。」に参画し、「小樽市宿泊施設誘客促進事業費補助金」の給付を受け、より贅沢な滞在を実現する宿泊プランを2021年7月12日より販売開始いたしました。


北海道の季節を愉しむ贅を極めた宿泊プランを販売いたします。ホテル調理人が自慢の腕を振るうお食事をご提供し、心も体も満たされる特別なひとときをお届けいたします。

■宿泊プラン限定の”旬のおまかせコース”を堪能。オーセントStyle -極み- プラン


四季折々の食材を使い、目の前で料理を仕上げます。「和食料理」又は「鉄板焼料理」よりお好みでお選びいただけます。



それぞれの素材が持つ美味しさを最大限に引き出し、いちばん良い状態を見極めてご提供いたします。

デラックスツインルーム
客室内及び館内施設におきまして、感染症対策を徹底しております。
ご安心して旅のひとときを満喫くださいませ。


※緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置地域、並びに夏の再拡大防止特別対策重点地域お住まいの地域の方は
対象外となります。(対象外地域/東京都・沖縄県・埼玉県・千葉県・神奈川県・大阪府・札幌市)
今後の感染状況により、新たな制限が発出された場合には、やむを得ず事業が中止・停止となる場合がございますので予めご了承ください。

【オーセントStyle -極み- プラン】
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/aspp0200.asp?hidSELECTCOD1=79660&hidSELECTCOD2=001&hidSELECTPLAN=A2FKJ

【対象宿泊期間】
2021年7月12日~ ※支援金が上限に達し次第終了となります。

【運営会社】
オーセントホテルズ株式会社は、北海道と本州を結ぶ4つの航路(舞鶴‐小樽、敦賀‐苫小牧東、新潟‐小樽、敦賀‐新潟‐秋田‐苫小牧東)を運航する新日本海フェリー株式会社のグループ会社です。
運営施設としては、北海道のオーセントホテル小樽があり、楽 水山の運営は2施設目です。

【SHKライングループ】
SHKライングループは、中核をなす関光汽船、新日本海フェリー(S)、阪九フェリー(H)、関釜フェリー(K)のフェリー会社等で構成され、海運・ホテル・客船・観光事業や陸運・倉庫事業等の事業を展開しています。トータルな付加価値の創出を目指しており、クルージングリゾートから総合物流まで、多様なニーズに応える「シーラインネットワーク」を形成しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む