マネックス証券が「HiJoJoユニコーンファンド」の取扱を決定

HiJoJo Partners株式会社
日本初、個人投資家が100万円から投資できる、海外ユニコーン企業に投資するファンド|直販に加え、あらたにマネックス証券が取扱を開始|次回ファンド募集は2021年8月以降を予定

HiJoJo Partnersが組成・運用するインターネット販売専用ファンドシリーズ「HiJoJoユニコーンファンド」について、マネックス証券での取扱が決定。HiJoJo Partnersの直販サイト「HiJoJo.com」でオンライン会員向けに募集・販売されるファンドと同一のファンドが、マネックス証券でも並行して募集・販売される。次回のファンド募集は2021年8月以降を予定。


ユニコーン企業(*1)を中心に国内外の非上場スタートアップ企業に投資するファンドを組成・販売・運用するHiJoJo Partners株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:スピリドン・メンザス、以下「HiJoJo Partners」)が組成・運用するインターネット販売専用ファンドシリーズ「HiJoJoユニコーンファンド(*2)」について、マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:清明祐子、以下「マネックス証券」)での取扱が決定したことをお知らせします。

これにより今後、HiJoJo Partnersの直販サイト「HiJoJo.com」でオンライン会員向けに募集・販売されるファンドと同一のファンドが、マネックス証券でも並行して募集・販売されることになります(マネックス証券の証券総合取引口座を開設済で、マネックス証券の審査基準に適合する顧客向けに販売)。なお、HiJoJoユニコーンファンドの次回募集は2021年8月以降を予定しています(詳細未定)。

(*1)ユニコーン企業とは、企業評価額が10億USドルを超えているが上場はまだしていない急成長スタートアップ企業の総称。創業から10年未満の企業が主。

(*2)HiJoJoユニコーンファンドは、従来、一部の富裕層や機関投資家にしか投資機会のなかったユニコーン投資を、100万円から投資できるユニコーンファンドとして実現した、日本初の個人投資家向けユニコーンファンドシリーズ。非上場企業の中でも事業基盤の安定性が高く、近い将来でのIPOやM&A等のイベント発生を見通しやすいユニコーン企業を厳選して投資する「プレIPO投資戦略」を採用。その第一弾ファンドは2021年5月に募集を実施した、米国のユニコーン企業TrillerNet(トリラーネット)を投資予定企業とする「Trillerファンド」(募集期間の満了により申込受付は既に終了)。

【プレスリリースに係る重要事項】
当資料は、HiJoJo Partners株式会社が作成したものです。
当資料は参考となる情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的として特定の有価証券や関連する金融商品の売買を推奨する、あるいは勧誘するものではありません。

【マネックス証券株式会社について】
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

【HiJoJo Partners株式会社について】
HiJoJo Partnersは、外資系証券出身者を中心に証券市場のプロフェッショナルが結集した金融スタートアップです。海外の有力スタートアップ投資家や起業家のインナーサークルにアクセス可能な独自ネットワークや、豊富なスタートアップ投資経験に裏付けられた調査能力を背景に、ユニコーン企業を中心とした国内外の非上場企業に投資するファンドを多数組成・販売・運用しています。
登録番号:関東財務局長(金商)3065号
登録業務:第二種金融商品取引業、投資運用業、投資助言・代理業
加入協会:一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む