KAWS、細田守、YOASOBI、森山大道など注目アーティストたちが登場 『UT magazine』 2021 SUMMER/FALL 7月16日(金)より配布開始

株式会社ユニクロ


ユニクロは、最注目のアーティストたちが続々と登場する『UT magazine』 2021 SUMMER/FALLを、7月16日(金)より全国のユニクロ店舗にて配布開始します。2020年2月に創刊した『UT magazine』は、ユニクロのグラフィックTシャツブランド「UT」のフィロソフィーを伝えるフリーマガジン。4号目となる本号では、細田守氏やYOASOBIなど今をときめくアーティストたちへの貴重なインタビューや、撮りおろしのファッションシューティングをはじめ、2021年夏秋の「UT」コレクションの世界観を詰め込んだ一冊に仕上がりました。         


『UT magazine』 2021 SUMMER/FALL 主なインタビュー記事
最新作『竜とそばかすの姫』に込められた想い
スタジオ地図 細田守氏の新旧作品とのコラボレーションを記念し、最新作『竜とそばかすの姫』の話をたっぷり
伺いました。常に新しい世界をアニメーション映画のフォーマットで表現し続ける細田氏が、約10年ぶりに描いた
インターネットの世界に込められた想いに迫ります。

小説を音楽にする、新時代のアーティストYOASOBI
2019年秋のデビューから、すさまじい速度でメインストリームへ躍り出た新時代のアーティスト、YOASOBI。
コンポーザーのAyase氏とボーカルのikura氏へのインタビューでは、話題となった「UT」コラボレーションの裏側をはじめ、結成秘話から「小説を音楽にする」という彼らのユニークなコンセプトの裏側まで、余すところなく語っていただきました。

森山大道氏が街を撮り続ける理由
「UT」ブランド立ち上げ時からコラボレーションしている、日本を代表する世界の写真家、森山大道氏。1960年代より日本のみならず世界中の路上を放浪しながら、スナップショットの可能性を追求してきた森山氏に、今回「UT」になった彼の代表作品を通して、作品に込められた想いを語っていただきました。

世界的アーティストKAWSと東京
日本国内初の大型展覧会『KAWS TOKYO FIRST』のための特別なコラボレーションとして、KAWSが満を持しての再登場。ニューヨークのグラフィティライターから、今や世界を席巻する現代アーティストとなった彼の軌跡と
東京との深い関係について紐解きます。

ドン・ウォズ現社長が語る、ブルーノート・レコードの革新
ジャズのレジェンドたちの作品音源を数多く残し、名盤を生み出し続けてきたブルーノート・レコード。音楽史を
彩った至極の名盤たちが「UT」となって登場します。現役のミュージシャンであり、ジョン・メイヤーやザ・ローリング・ストーンズの新しいアルバムプロデュースも行う現ブルーノート・レコード社長のドン・ウォズ氏への
インタビューから、名レーベルの歴史を振り返ります。

■『UT magazine』 2021 SUMMER/FALL 概要
本誌概要:B5変形 全72ページ、約5.5万部配布予定
主な配布場所:全国のユニクロ店舗

スペシャルウェブサイト:https://www.uniqlo.com/ut-magazine/
※ウェブだけのオリジナルコンテンツも配信中
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む