株式会社Aww、中国Ranmai Technologyとのパートナーシップを締結。バーチャルヒューマン「AYAYI」を開発

株式会社 Aww
「imma」や「Zinn」「Ria」などのバーチャルヒューマンのプロデュースを行う株式会社Aww(本社:東京都渋谷区 代表:守屋貴行、以下、当社)は、中国企業Ranmai Technology(本社:中国上海黄浦区、代表:于皛、以下、RM)とパートナーシップを締結し、新たなバーチャルヒューマン「AYAYI」を開発したことを発表いたします。



バーチャルヒューマン「AYAYI」とは

RMが立ち上げた中国におけるバーチャルヒューマンプロジェクトの主要なキャラクターで、当社のバーチャルヒューマン開発テクノロジー「MASTER MODEL(R)」を用いて開発されております。
2021年5月に、中国で人気のSNSサービス「小紅書(RED)」にてアカウントを開設。初回投稿の視聴回数も3000万回を越えるなど、中国における最初のスーパーフォトリアルクオリティのバーチャルヒューマンとして話題となっています。

AYAYI 小紅書(RED):https://www.xiaohongshu.com/user/profile/5ff55ab1000000000100973c




パートナーシップ契約の経緯

当社では、バーチャルヒューマン開発テクノロジー「MASTER MODEL(R)」のライセンス事業をおこなっており、これまでにディズニージャパン株式会社、KDDI株式会社などとバーチャルヒューマンの共同プロデュース、共同開発を行ってまいりました。
今回、RMの中国大陸におけるIPビジネス・インフルエンサービジネスの専門知識と、当社のバーチャルヒューマン開発技術・ノウハウを合わせることで、中国でのバーチャルヒューマンビジネス(NFT、D2Cを含む)を加速できると考え、共同プロジェクトの開始に至りました。今後も、バーチャルヒューマン開発と運用について、RMと密接なコミュニケーションを図っていきます。

■Ranmai Technologyについて
Shanghai Ranmai TechnologyはデジタルヒューマンIPを運営及び制作する会社であり、今後3-5年内に世界で最も影響力のあるデジタルヒューマンIPマトリックスを構築し、所有しているデジタルヒューマンIPを中心とするメタバースエンターテイメント経済圏を構築することに力を尽くしている。

■株式会社Awwについて
バーチャルヒューマンを創造するアジア初のバーチャルヒューマンカンパニー。
現在、imma、plusticboy、Riaといった複数のバーチャルヒューマンをプロデュースしている。Awwではバーチャルヒューマンのプロデュースだけではなく、バーチャルヒューマンに関する基礎技術の研究開発、XR領域やバーチャルファッションなどの関連するビジネス展開やパートナーシップも積極的に行っている。
Aww Inc. ウェブサイト: https://aww.tokyo/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む