富士ソフト、マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2021においてMicrosoft Teamsアワードを受賞

富士ソフト株式会社



富士ソフト株式会社は、Microsoft Teamsビジネスへの貢献が評価され、マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2021」において、日本マイクロソフト株式会社からMicrosoft Teamsアワードを受賞したことをお知らせいたします。

 「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2021」は、2021年度の日本マイクロソフト株式会社のビジネスにおいて、全国1万事業所を超えるパートナーの中でも特に優れた実績を築き、お客様からの厚い信頼を獲得したパートナーを表彰するものです。当社は、Microsoft Teamsの導入支援の実績を評価いただきました。
 富士ソフトは、マイクロソフトのゴールド コンピテンシー パートナーとして、長年にわたる日本マイクロソフト社との連携のもと、独立系企業の強みとこれまで培ってきた技術と様々な業種への実績を活かし、マイクロソフト関連サービスを提供してまいりました。
 2020年のコロナ禍では、人々の生活や企業活動に大きな変革が迫られました。移動や対面が制限される中でビジネスを継続するために、多くの企業でテレワークの導入が進み、Web会議が活用されました。当社は、Microsoft Teamsの社内導入での知見やノウハウを活かし、幅広い業種・業界の多くのお客様に寄り添い、Microsoft 365 における最適な活用方法、効率的な展開方法といった利活用促進、定着化を継続的にご支援させていただくことで、お客様のビジネスの継続、拡大に貢献してまいりました。
 当社 取締役執行役員 営業本部長 森本 真里は、「当社は、SIerとして培った技術と実績を活かし、Microsoft 365の販売、導入のみならず、お客様のライセンスを最大限にご活用いただくことにもこだわり、お客様の業務課題の解決を支援してまいりました。今後も富士ソフトは、日本マイクロソフト社との強力なコラボレーションにより、ビジネスの一層の強化、拡大を図るとともに、お客様のビジネスの付加価値向上に貢献してまいります。」と述べています。


Microsoft Partner of the Year
Microsoft Partner Networkに参加している、全国1万事業所を超えるパートナー企業を対象に、マイクロソフト製品を基盤とした、優れたソリューションやサービスを提供したパートナー企業を表彰するものです。

日本マイクロソフトからのエンドースメントご紹介
日本マイクロソフト株式会社 執行役員 常務 パートナー事業本部長
檜山 太郎様よりエンドースメントを頂戴しました。

「この度の富士ソフト株式会社様の「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2021」Microsoft Teamsアワードの受賞を心よりお祝い申し上げます。富士ソフト株式会社様は弊社との強力なパートナーシップのもと、様々なMicrosoft 365利活用促進サービスを通じてお客様のMicrosoft Teamsの活用に多大なる貢献をいただきました。この活動を通じてこれからお客様の生産性の向上にますます寄与していただくことを大いに期待いたします。
 今後も日本マイクロソフトは、富士ソフト株式会社様との強力な連携を通じて、お客様のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります。」


富士ソフトのMicrosoftソリューション
https://www.fsi-ms-solution.jp/


以上


※Microsoft、Microsoft 365、Microsoft Teamsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※その他記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む