ap bankより3つの重要なお知らせ

一般社団法人APバンク
ap bankより3つのお知らせがあります。 1つ目は、今夏の「リボーンアート・フェスティバル2021-22」での音楽プログラムとして、小林武史、櫻井和寿によるライブ「ワン・バイ・ワン・プラス ~10年目のフレームより~」の開催が決定したこと。2つ目は、Bank Bandのベストアルバム「沿志奏逢4」が9月29日にリリースされること。3つ目は、ap bank fes ’21を今年の秋に開催を予定していること、の3つです。 それぞれを、ap bank代表理事・小林武史からのコメントにてお知らせいたします。





#1 リボーンアート・フェスティバル2021-22 8月29日に音楽ライブ決定

「状況の中でコロナに対して万全を期して」というのは常にありますが、リボーンアート・フェスティバル2021-22の開催に関して、宮城県や石巻市の方々は、本当に前向きな応援する気持ちを発信してくれています。しかしながら未だ新型コロナウイルス感染拡大の状況の心配も同時に持ち合わせていることも事実です。
リボーンアート・フェスティバルは感染防止対策を現在の状況を踏まえて改めて徹底し、8月11日からの開催をスタートします。

そのうえで、今日は8月29日に行う音楽ライブの発表をさせていただきます。
リボーンアート・フェスティバルは、今年で3回目の本祭を迎えるわけですが、アート、音楽、食の祭りであり、表現の場を作ってきた中で、もともとアートと食は、1カ所に多くの人を一気に集客するというものではありません。なので、音楽のイベントに課せられたのは、このコロナ禍に限って、今回は大きな人流を控えるイベントにしていくことでした。

そんな中で、今年の3月11日、音楽番組にBank Bandとして参加することになりました。そのオープニングで、櫻井和寿×小林武史としてMr.Childrenの「花の匂い」を演奏させていただきました。震災から10年が経った場所での僕らの役割を、スピリチュアルでストイックな、だけどピュアな表現をシンプルな形でやりきれたという思いが、今回のライブのきっかけになっています。

そして、ap bankの活動としても続けていくことを思い、「花の匂い」で得た感覚をより掘り下げ、凛とした緊張感と優しさを、シンプルな編成だからこそできる自由な表現で、音楽の時空を作ってみたいと思うようになりました。

今年石巻市に震災復興記念として、まきあーとテラス 大ホールという素晴らしいホールができました。下見に行き、客席からステージを見ていた時に、そのフレームの中に震災から10年の月日のことを想像しながら、様々な縁とともに音楽をつないでいく、すごく豊かなイメージを持ちました。

「ワン・バイ・ワン・プラス ~10年目のフレームより~」


ゲストとしてBank Bandからチェロの四家卯大くんとバイオリンの沖祥子さん、そして、ap bankでも僕にとっても欠かせないSalyuが登場します。
ちなみに前日にあたる8月28日に、同会場で食のシンポジウムを行うのですが、そこでも僕とSalyuで少し演奏をします。

8月29日のライブの話に戻りますが、集客は通常キャパシティの半分ということで上限600人ぐらいのライブになります。ですが、多くの人に届けるために配信も予定しています。映像も素晴らしいスタッフに参加していただいています。そちらでも、ぜひ体験していただきたいと考えています。

>>> 詳しくはこちらから
Reborn-Art Festival 2021-22 オフィシャルサイト 
https://www.reborn-art-fes.jp/music/obop


#2 Bank Bandのベストアルバム「沿志奏逢4」を9月29日にリリース

Bank Bandは成り立ちが不思議なバンドで、いままで楽曲なども制作してきましたが、僕と櫻井くんに関してはap bankを通してのボランティア活動としてやっているわけで、そもそもが自分たちの営利目的ではない、利他的な行動として存在しているバンドなのです。
だけど音楽的には、作品の産みの苦しみも経験するし、あーだこうだと悩んだりもしてきましたが、出来上がったときや、何よりapbank fesのライブにおいて、他のアーティストやお客さんと共にとんでもない豊かな音楽の至福体験を何度も何度も体験してきました。幸せなことです。

自分たちの手から離れ、いろんなことが巡り巡ってまた自分が豊かになると言うのは、1つの真理だと思います。ap bankを通じて経験したことは、それを表してるように個人的に思います。さらにそこに時間の体積がいろんな思いをミルフィーユのように重ねていて、なかなか得難い1つの作品となっていると思っています。
まだCDに収録されてない新曲たちやスタッフの温かい思いが反映された過去楽曲からのセレクションと、ライブ音源からのセレクションで構成されています。


森本千絵さんによる新しい素敵なアルバムジャケットを含め、いろんな特典も用意されてるようです(笑)。
よろしければぜひ、お手に取っていただいて。

>>> 詳しくはこちらから
TOY'S FACTORY
https://www.toysfactory.co.jp/artist/bankband/news/detail/4681
 

#3 ap bank fes ’21 今秋開催予定

今回3つの発表をさせてもらっていますが、その中でap bank fes ’21の秋開催が、1番大きなイベントであり、同時にたどり着くべき目標としてきたことでもあります。

実は、1年以上前から、2021年の開催について、櫻井くんと話し合ってきました。その頃は、いずれコロナの猛威も収束に向かって、日常を取り戻していけるタイミングで、ap bank fesが開催できることを妄想していました。

自然界から生まれた新型コロナウイルスで、日常を彩っていたさまざまな営みがほとんど止まってしまいましたが、コロナの日常から、いろんなことをまたつなぎ直したり、音楽を通して再び自然と共に響き合う、そのための場としてap bank fesは、相応しいのではないかと考えてきました。

そして、現在も僕たちはその思いを持ち続けています。そのためにしっかりと準備を進めています。コロナの日常にあわせたap bank fesにせざるを得ないと思いますが、それ以上に充実した、豊かな音楽の魅力に溢れた時間を皆さんと共に作っていける考えがあります。

本当は詳細も含めて、今日の発表で開催予定ではなく、開催決定とお伝えできればと思っていました。が、ここにきて、秋に用意している場所やスケジュールが、コロナとのバランスの中で、本当に相応しいのかどうなのかを、もう少し考える必要があると判断せざるを得ない状況になってきたと考えました。

いつまで待てば、もう少し詳細な発表ができるのか、正直言って今のところ分かりません。ですが、開催への希望を持って、待ちたいと思います。そして、慎重に協議を重ねていきます。

今年のテーマとして考えているのは「to U」です。

ap bank fesを最初に立ち上げた時にできた、そして毎回欠かさず演奏してきた曲です。この曲に込めた想いを、いま改めてテーマにしようと考えています。

詳しくは、開催決定発表の時にお伝えします。

中途半端な発表になってごめんなさい。期待を持たせてしまって、もしも、やっぱりできなかったということになったらと思うと、さらに申し訳ない気持ちになります。ですが、もし開催できた時には、抑えていた気持ちの何倍もの力で、音楽を共に奏でる喜びを作り出して、皆さんと一緒に本当に楽しめる時間と場になると思っています。

ap bank代表理事 小林武史

ap bank オフィシャルサイト
https://www.apbank.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む