【初回製造100本限定】日本酒由来の『浄酎』とレモンで造るお酒『琥珀浄酎(こはくじょうちゅう)』を、7月16日(金)より一般販売開始。

ナオライ株式会社
クラウドファンディングで目標金額の280%を達成。大きな注目を集めた新商品を数量限定で一般販売開始。

広島県の日本酒酒蔵再生スタートアップであるナオライ株式会社(本社:三角島、代表取締役:三宅紘一郎、以下:ナオライ)は、日本酒のピュアなアルコールを低温抽出した独自製法の『浄酎(じょうちゅう)』と、農薬不使用のレモンを使用した『琥珀浄酎(こはくじょうちゅう)』を7月16日(金)より、自社ECサイトにて販売開始いたします。



◯琥珀浄酎の3つの特徴


度数41度。日本酒のピュアなアルコールを低温抽出した、独自製法の『浄酎(じょうちゅう)』を使用
レモンの皮に着目。瀬戸内の小さな島で栽培する農薬不使用のレモン「ミカドレモン」で贅沢に香り付け
オーク樽で熟成。日本酒とレモンの風味が時をかけて混ざり合い、ウイスキーのような色合い・味わいへ

◯琥珀浄酎 誕生の背景
ナオライは、多様で豊かな日本酒文化、そして自然環境を未来に引き継ぐために、2015年の創業より事業を展開してきました。スパークリングレモン酒『MIKADO LEMON Sparkling』、『浄酎(じょうちゅう)』に続き、2021年、「ミカドレモン」と『浄酎』を調和させた、まるでウイスキーのような日本酒由来のレモンのお酒『琥珀浄酎(こはくじょうちゅう)』を新たに誕生させることになりました。

◯琥珀浄酎の楽しみ方
「琥珀(こはく)」という名にふさわしいウイスキーのような美しい色合いと、レモンの風味が生きる透き通った味わいがこの上なく贅沢なひとときをもたらす、至極のお酒です。琥珀浄酎に含まれるレモンの香り成分である「リモネン」には気分を落ち着かせる効果があり、晩酌にも最適。さまざまな料理合わせていただくことで、より一層深みのある味わいをお楽しみいただけます。

◯クラウドファンディングでは目標を大幅に達成
2021年2月-3月の期間に、『琥珀浄酎-Purified Zest Spirit』を先行販売するクラウドファンディングを実施し、支援者数684人、支援金額841万円(目標金額の280%)を達成しました。
・Makuakeクラウドファンディングページ
https://www.makuake.com/project/naorai

〇商品概要
・商品名:琥珀浄酎 -Sake Zest Spirit アメリカンホワイトオーク樽熟成 710ml
販売ページ https://naorai.shop/products/sakezestspirit710ml
・価格:11,489円(税込)
・商品内容
・内容量:710ml
・分類:リキュール
・アルコール同数:41度
・熟成:アメリカンホワイトオーク樽1か月以上



・商品名:琥珀浄酎 -Sake Zest Spirit アメリカンホワイトオーク樽熟成 180ml × 3本セット
販売ページ https://naorai.shop/products/sakezestspirit180ml
・価格:6,180円(税込)
・商品内容
・内容量:180ml×3本
・分類:リキュール
・アルコール同数:41度
・熟成:アメリカンホワイトオーク樽1か月以上



◯ナオライについて
Naorai Inc.は日本酒スタートアップとして、「多様で豊かな日本酒文化を未来に引き継ぐ」をテーマに日本各地の日本酒蔵元との連携事業を行っています。

*ホームページ: https://naorai.co/
*所在地
・三角島本社:広島県呉市豊町久比3960番三角島
・東京オフィス:東京都文京区本郷三丁目40番10号 三翔ビル本郷7F
・神石高原浄溜所:広島県神石郡神石高原町小畠1729-3
*メディア掲載
・【Forbes JAPAN CAREER】豊かな自然の中で変化した、考え方とワークスタイル。勢い付く広島に移って来た2人の「ホンネ」
https://forbesjapan-career.com/story/163
・【DRIVE - ツクルゼ、ミライ!行動系ウェブマガジン】「三方よし」だけでは足りない―「未来よし」「自然よし」の商売へ。ナオライ三宅さんが語るwithコロナ時代の暮らし方
https://drive.media/posts/27256
・多様で豊かな日本酒文化を未来に。瀬戸内にあるソーシャルスタートアップ・ナオライの新たな挑戦とは──
https://drive.media/posts/29418
・「自然とともに時間が動いている」「暮らしの全体感を掴める」―ナオライの4人が語った、瀬戸内の小さな島での暮らし
https://drive.media/posts/29419
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む