戸塚純貴出演「ケアニンShort Films」が7/15(木)より無料公開!実話を基に4つの心温まるショートムービー

株式会社ワンダーラボラトリー
介護福祉士が主人公の映画『ケアニン』シリーズが、公益社団法人全国老人福祉施設協議会(全国老施協)とコラボし製作したスピンオフショートムービー「ケアニンShort Films」が2021年7月15日(木)より公開となりました。 コロナ禍の介護現場を舞台とした『支え、支えられる仕事編』をはじめ、全4作品(各話2分前後)を特設サイトやYouTubeで無料公開中です。 【視聴はこちら】https://carenin-cinema.com/shortfilms/ 本作は全編、映画「ケアニン」主演の戸塚純貴が出演・ナレーションを務める他、新たに中山エミリ、池田朱那などが出演。スタッフも映画と同様、監督は鈴木浩介、企画・脚本・プロデュースは山国秀幸が務めます。 全国老施協が2008年より実施している「介護作文・フォトコンテスト」の受賞作品のエピソードを盛り込む等、実話を基にした心温まるショートムービーです。


「支え、支えられる仕事編」場面写真

■「ケアニンShort Films」概要

『新人介護職編』 × 第12回(2019年)受賞作文「未来」
出演:池田朱那 一條眞紀子 / 戸塚純貴
「新人介護職編」場面写真

『サラリーマン転職編』× 第11回 (2018年度)「ぼくちゃん、涙の数だけ生きるのよ。」
出演:中澤隆範 上川時枝 / 戸塚純貴
「サラリーマン転職編」場面写真

『お母さんの仕事編』× 第9回(2016年度)「お母さんの仕事」
出演:神尾優典 中山エミリ / 戸塚純貴
「お母さんの仕事編」場面写真

『支え、支えられる仕事編』(特別編)
出演:戸塚純貴
「支え、支えられる仕事編」場面写真2

<出演>
戸塚純貴
池田朱那 中澤隆範 神尾優典
一條眞紀子 上川時枝 石橋和磨 増田結芽
中山エミリ

<スタッフ>
監督:鈴木浩介(映画「ケアニン~あなたでよかった~」「ケアニン~こころに咲く花~」)
企画・脚本・プロデュース:山国秀幸(映画「ケアニン」シリーズ)
音楽:遠藤浩二
プロデューサー:吉見ヒデキ 撮影:高柳知之 照明:長谷川誠 録音:臼井勝
編集:石川浩通 技術プロデュース:稲村 浩
介護指導:鈴木真 協力:鬼塚裕司 磯部孝憲 杉谷直樹
制作:ワンダーラボラトリー
製作:公益社団法人 全国老人福祉施設協議会
(C)️2021「ケアニン2」製作委員会/公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

<プロフィール>

●出演・ナレーション:戸塚純貴


92年7月22日生まれ、岩手県出身。
ドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」(CX/11)で俳優デビュー。
近年の主な出演作に、ドラマ「Doctor-X 外科医・大門未知子」(EX/19)、「親バカ青春白書」」(NTV/20) 、「教場II」(CX/21)、「遺留捜査」(EX/21)、映画『銀魂2』(18/福田雄一監督) など。
現在、ドラマ「ナイト・ドクター」(CX)が放送中。今後は、金曜ナイトドラマ「漂着者」(EX/7月23日~)、高校野球ショートドラマ「海と空と蓮と」(ABC/8月9日~)が控えている。

●監督:鈴木浩介
1961年生まれ、神奈川県横浜市出身。
『HAPPY PEOPLE』(97)で劇場監督デビュー。
主な参加作品:関西テレビ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(17)、「シグナル 長期未解決事件捜査班」(18)、WOWOW版「空飛ぶタイヤ」(09)、「下町ロケット」(11)、「沈まぬ太陽」(16)、テレビ朝日「特捜9 season2」(19)、「24 JAPAN」(20-21)など。

●企画・脚本・プロデュース:山国秀幸
1967年1月生まれ、大阪府和泉市出身。
介護・医療・地域創生などの社会課題を題材としたエンターテインメント映画の企画・プロデュース、脚本を手掛けている。市民上映会での展開を前提に、人が人を支える社会づくりに貢献する映画製作「シネマソーシャル」を提唱。
主な作品:『ケアニン~あなたでよかった~』(17/鈴木浩介監督)、『ピア~まちをつなぐもの~』(19/綾部真弥監督)、『ケアニン~こころに咲く花~』(20/鈴木浩介監督)、『天使のいる図書館』(17/ウエダアツシ監督)など。


■公益社団法人全国老人福祉施設協議会について

全国約11,000の高齢者福祉施設が加入する協議会。
高齢者福祉施設のために、「研修事業」「調査研究事業」「普及啓発事業」「相談支援事業」という4つの柱で、会員施設やその現場で働く職員を支援しています。
全国老人福祉施設協議会は、介護現場で直面する課題の確実な解決に向け、専門的な知見を集め、高齢者福祉への総合的な支援を務めています。
<公式サイト>https://www.roushikyo.or.jp/


■映画「ケアニン」シリーズについて

新人介護福祉士が主人公の映画「ケアニン~あなたでよかった~」は2017年に劇場公開後、話題となり国内外で1,300回以上の上映会が開催されました。2019年には在宅医療がテーマのスピンオフ作品「ピア~まちをつなぐもの~」、ドキュメンタリー映画「僕とケアニンとおばあちゃんたちと。」、2020年には続編で特別養護老人ホームが舞台の「ケアニン~こころに咲く花~」が公開。これまでにシリーズ累計1,800回以上の上映会が開催されています。
全て、複数の施設や医院、介護・医療関連団体への取材を通して作り上げた完全オリジナルストーリーで、そのリアルさや前向きに働く人々の姿を描く内容が評判を呼んでいます。
全作品、上映会・オンライン上映会を受付中です。
<公式サイト>www.carenin-cinema.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む