次世代に残したい白馬村の未来のライフスタイルを描く3日間のワークショップ「HAKUBA Vision Design Boot Camp」を開催

一般社団法人白馬村観光局
白馬村の事業者・白馬村の高校生に加え、外部から多数の企業が参加

長野県北部の北アルプス山麓に位置する雄大な山々に囲まれた地”白馬村”は、スキーやスノーボードが楽しめるウィンターシーズンのみならず、オールシーズンで北アルプスの大自然を満喫できる唯一無二の「マウンテンリゾート」です。 一般社団法人白馬村観光局(所在地:白馬村北城7025、代表理事 下川正剛)は、株式会社新東通信(所在地:愛知県名古屋市、代表取締役社長谷喜久郎)と株式会社BIOTOPE(所在地:東京都目黒区、CEO佐宗邦威)と共同で、持続可能な社会に向けた白馬村の未来のライフスタイルを描く「HAKUBA Vision Design Boot Camp」を実施しました。



自然の恵と共に生きる白馬村では、近年大きな変化が起きています。その一つが気候変動による雪不足問題です。この危機的状況をうけ、2019年9月20日「グローバル気候マーチ」を地元高校生が企画。さらにそれを受けて白馬村が、2019年12月白馬村気候非常事態宣言を発令しました。このような経緯を経て、白馬村ではこの気候変動に立ち向かうために、サーキュラーエコノミーを取り入れた「サステナブルなマウンテンリゾート」の実現に取り組んでいます。



その実現のための取り組みとして、サーキュラーエコノミーの白馬村での実装を目指す「GREEN WORK HAKUBAプロジェクト」をスタート。村内事業者と村外事業者が共にサーキュラーエコノミーについて学ぶ実践的なセミナー&ワークショップを、2020年9月に第一回、2021年3月に第二回を開催しました。

本ワークショップは「GREEN WORK HAKUBA プロジェクト」の一貫として、白馬村の事業者や村外の事業者に加えて、白馬村の気候非常事態宣言のきっかけとなる提言をおこなった白馬高校の生徒など次世代を担う存在を含む約50名が参加し、サーキュラーエコノミーの概念を取り入れた白馬村の未来ビジョンを構想する3日間のワークショップを戦略デザインファームBIOTOPEと共に開催しました。

<HAKUBA Vision Design Boot Camp 概要>
内容:白馬村の未来のライフスタイルを描く実践型ワークショップ
主催:白馬村観光局
開催日:2021年6月30日(水)~7月2日(金)
会場:白馬村役場本庁舎
参加人数:約50名



DAY1 : 白馬村の可能性を探索する




初日は、持続可能な街づくりに重要になるサーキュラーエコノミーの先進事例をインプットし、グループに分かれてフィールドワークを実施。マウンテンリゾートとして独自のスタイルを持つ⽩馬村で、新しい体験や変化を作れる可能性を持つ場所や未来に残し続けていきたい白馬村の資産を探索。



DAY2 : 次世代の⽩馬のライフスタイルスケッチを描き統合する




二日目は、一人ひとりが⽩馬村でつくりたい未来の景⾊をスケッチし、それを元にグループで白馬村の未来についてディスカッション。グループの議論を経て、ビジョンを象徴する具体的な体験シーンを構想し、白馬村のどの場所の体験シーンであるか、実際に地図に貼っていきながら共有しました。



DAY3 : 創りたいライフスタイルを実現するアイデアを検討する



三日目は、未来の白馬村の体験シーンに共感した参加者同士でグループを再編成し、未来の⽩馬村では、どのような人がどのような体験をしているのか物語を作成。物語を実現するために必要な技術や資源を検討し、最後に「私たちはどのような白馬村を作りたいのか、そのために何をすべきなのか」を参加者全員でダイアローグを行いました。

<ワークショップファシリテーター>


戦略デザインファームBIOTOPE CEO/Chief Strategic Designer
佐宗邦威
P&G ブランドマネージャー
Sony クリエイティブセンター/CEO 室
Sony Seed Acceleration Program 立ち上げ
イリノイ工科大学 Master of design method
シンギュラリティ大学 日本チャプター共同創設者
多摩美術大学特任准教授 大学院大学至善館准教授




戦略デザインファームBIOTOPE
白濱雄太 Organization Developer
企業のMission、Vision、Valueづくりと浸透を
中心に幅広い業界のプロジェクトに参画。


<GREEN WORK HAKUBA プロデューサー>
株式会新東通信 サーキュラーエコノミープロジェクト


榎本裕次
クリエイティブ本部 ソーシャルビジネスユニット長
新規事業責任者としてメディアとの共同事業等を推進。
2019年9月にGREEN WORK HAKUBAを立ち上げ
中小企業診断士





山下史哲
クリエイティブ本部 コミュニケーションデザインユニット長
企業・地域のブランドコンサルティング、およびサーキュラーエコノミーのコンサルティング業務に従事。
英国CMI認定サスティナビリティプラクティショナー





今後の予定:GREEN WORK HAKUBA vol.3 で実装を目指す


白馬村の未来ビジョン作成にむけて、参加者に対するフォローアップセッションをオンラインで実施。(日程:第一回 7月12日(月)、第二回 7月26日(月))
完成した未来ビジョンを白馬村民に発表する報告会も実施予定。

さらに、「GREEN WORK HAKUBA vol.3」(9月開催予定)においても、未来ビジョンの発表の場を設け、新たな外部事業者を迎え実現していくことを目指します。

<GREEN WORK HAKUBA vol.3 開催概要>
内容:白馬村の未来ビジョンを元に未来に向けたアクションを考える共創型プログラム
主催:白馬村観光局
開催日:2021年9月7日(火)~9月10日(金)予定
会場:白馬村ウイング21/白馬岩岳マウンテンリゾート他
サイト:https://www.vill.hakuba.nagano.jp/greenworkhakuba/index.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む