食のリサイクルを体験!夏休み自由研究キット「コンポスト チャレンジ」限定販売開始~2030年生ごみゼロに向けて、SDGsアクションしよう~

ローカルフードサイクリング株式会社
ローカルフードサイクリング株式会社(本社:福岡県福岡市東区、代表取締役:平由以子)は、子ども達が、夏休みの自由研究で生ごみをLFCコンポストで堆肥にして、野菜づくりまで取り組むことで食のリサイクルを体験できる「コンポスト チャレンジ」キットの販売を7月6日に開始しました。 このキットは、LFCコンポストの他、コンポストの使い方、生ごみ、微生物のことを学ぶ子ども向けのオンライン授業の他、観察日記、専用の相談LINEで子どもが自らエコ活動を実践して学ぶことができるサポートがついています。 自由研究をきっかけに、未来の担い手である子ども達が身近な暮らしの中から環境への関心を高め、SDGSの一助としていくことを目的としています。


■「コンポスト チャレンジ」キット
1日300~400gの生ごみを3週間投入、その後2~3週間ほどで栄養価の高い堆肥ができます。
堆肥ができたら容器を折り曲げてプランターに早変わり。付属の土と季節の種で美味しい野菜を育てることができます。LFCコンポスト、内袋、用土、種と自由研究用の温度計、観察日記がセットされています。
この「コンポストチャレンジ」で家庭の生ごみ6kg、二酸化炭素も2.1kg削減することができます。

《「コンポスト チャレンジ」キットの特徴》
1.オンライン授業で生ごみのこと、微生物のこと、土と自然のつながりなどを学びます
2.コンポストチャレンジ専用LINEサポートで親子で相談しながら取り組めるのでコンポスト初心者でも安心です。
3.子ども達の「自分で、できる」体験をサポートする温度計や観察日記がついています。




《商品概要》
「コンポスト チャレンジ」はじめてセット(新しくLFCコンポストを購入する方)
6,160円(税込)、限定75個

「コンポスト チャレンジ」簡易セット(すでにLFCコンポストをお持ちの方)
1,560円(税込)、限定125個

いずれも、子ども向けのオンライン授業、子ども達も理解できる内容で答える専用LINE
のサポートがついています。

*LFC公式ホームページ https://lfc-compost.jp/archives/2257

■協賛
第一生命保険株式会社 立川支社(立川支社:東京都立川市、支社長:古賀 義敏)では、SDGs活動・地域貢献活動に積極的に取り組んでおり、
本年は東京都昭島市の小学生を対象に「コンポスト チャレンジ」を行なっています

■LFCコンポストとは
LFCコンポスト(国産)は、都市部に住むコンポスト初心者がマンションのベランダで簡単に実践できる「バッグ型コンポスト」です。
このバックは、再生プラスチックの生地を使用しており、虫や雨がバック内に入るのを防ぐ特注ファスナー付きで繰り返し使えます。長年の研究を反映した独自配合した基材で、臭いの発生を抑えています。コンポストに基材を入れ、生ごみを入れて混ぜるだけ、1日1分の作業で微生物が自然発生して生ごみを分解して堆肥ができます。電気は使いません。
2020年1月の国内販売開始以降、現在までの会員登録者数は18,000名以上、主に首都圏を中心に多くの方に利用されています。




■ローカルフードサイクリング株式会社
栄養循環の実感と価値を届けることをミッションとし、コンポストの開発・製造・販売・サポートを
一気通貫で提供する。福岡を拠点として2020年1月よりサービスを開始、2020年12月からはフランス
でも販売開始。コンポストの意義や暮らしを伝道するLFCコンポストアンバサダーなどの人材育成、
できた堆肥の回収や、堆肥を農家に届け、育てた野菜を購入するキャンペーン等、食の循環を
社会インフラにする事業も展開する。

本社:福岡県福岡市東区香住ヶ丘6丁目12番3号
代表取締役:平 由以子
設立:2019年10月3日
会社ウェブサイトURL:https://lfc-compost.jp/

▼お客様からの問い合わせ先
お問い合わせフォーム:https://lfc-compost.jp/qanda#contact

▼本リリースに関する報道お問い合わせ先
ローカルフードサイクリング株式会社
担当:篠原
TEL:092-402-1575
email:shinohara@lfcycling.life
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む