株式会社ナルネットコミュニケーションズの提携自動車整備工場が10,000ヵ所を突破

株式会社ナルネットコミュニケーションズ
2012年からの10年間で、1.6倍に大幅増加

自動車メンテナンス受託管理のリーディング・プレイヤーである株式会社ナルネットコミュニケーションズ(本社:愛知県春日井市、代表取締役社長:鈴木隆志)は、点検・整備等を含めた包括的サービス「メンテナンスリース」における提携自動車整備工場が10,000ヵ所を突破したことを発表しました。


ナルネットコミュニケーションズは、愛知県を本拠地とする自動車メンテナンス受託管理会社です。1978年「日本オートリース」として誕生後、徐々に事業を拡大し、オートリース会社に対する車両管理・メンテナンスや残価保証、個人向けリース商品の企画・提案、車両買取などを実施しています。本年6月末の自社集計により、「メンテナンスリース」における点検・整備の委託先である提携整備工場が10,000ヵ所を突破いたしました。



提携整備工場はナルネットコミュニケーションズの本拠である東海地方を中心に、北は北海道から南は沖縄まで網羅されています。全国にある自動車整備工場数は約9万といわれており、その10%以上と提携していることになります。




リース業界全体の伸長と大手リース会社からの契約増で提携整備工場数も伸長

日本の自動車産業において、新車販売に占めるリース車比率はここ10年で10.3%から15.5%(令和2年1-12月)と飛躍的に伸びました。車両購入や税・諸費用・整備費用の支払いに関する煩雑な事務処理をアウトソーシング可能で、経費算入が容易になる自動車リースのメリットが改めて注目されています。

最近ではマイカーリースやカーシェアリングなど、自動車の所有形態が多様化していることを背景に、中小法人や個人によるリース契約が増えており、当社提携整備工場数の増加もこのことを反映しています。今後もさらなる市場成長が見込まれています。

ナルネットコミュニケーションズでは、管理車両のメンテナンスを全国約10,000ヵ所の提携工場に委託、本社で車両情報を一元的に管理し、効率的なデータ収集や顧客対応を実施しています。少ない入庫回数で充分なサービスを行うことで車両稼働率を向上させ、自動車ユーザーの利便性を高めるほか、独自の整備データベースに蓄積した整備記録に基づいたメンテナンス料算出を行うことで整備工場の業務効率化を支援します。


自動車リース業界に追い風が吹いていることに加えて、こうしたナルネットコミュニケーションズの自動車メンテナンス管理を評価する大手オートリース会社が増えていることも、提携整備工場の増加を後押ししています。リース満了車取引の増加も相まって、2021年3月期の売上高は162億8500万円と、5期前の81億3600万円に比べ倍増を達成しました。

こうした成果を踏まえ、株式会社ナルネットコミュニケーションズ 代表取締役社長の鈴木隆志は次のように述べています。
「整備工場の方々との提携が10,000ヵ所を突破したことは、弊社に対する多くの信頼の証であり、大きなマイルストーンだと捉えています。今後も不断の努力を通じ、自動車ユーザーの利便性向上と効率的な整備作業の実施に貢献していく所存です。また自動車の保有への意向が大きく変化する中で、企業理念として『Mobility’s Transformer』を掲げ、新しい社会的役割を模索しています。自動運転支援技術、コネクテッド技術の向上など、自動車を取り巻く目まぐるしい環境変化に対応するため、情報の質と量の強化と様々な方々との連携を積極的に取り組み、車両管理情報や移動に関する問題、課題、要望など大量のデータを、独自のノウハウを用いて活用してまいります」


会社概要

社名:株式会社 ナルネットコミュニケーションズ
設立:1978年7月5日(会社設立時の社名:日本オートリース株式会社)
本社:愛知県春日井市下市場町5丁目1番地16
代表者:代表取締役社長 鈴木隆志
資本金:50百万円
社員数:180人(2021年3月31日現在)
URL:https://www.nal-mt.co.jp/



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む