手のひらサイズの万能モバイルプリンター「PrintPods(プリントポッズ)」 一般販売開始6か月で販売台数1,200台を突破!

Entech
スモールビジネス事業者の利用増加を受けて、スタンダードパックが10%オフになるキャンペーンを開催!

海外で話題の次世代スタートアップ企業を支援する総合代理店、株式会社エンテック(北海道札幌市、代表取締役:浜野貴司、以下エンテック)は、木材、プラスチック、金属や布などの表面、皮膚、食材にも印刷可能な“手のひらサイズの万能モバイルプリンター”「PrintPods(プリントポッズ)」(製造:EVEBOT社、税込22,000円)が、一般販売開始6ヶ月で販売台数が1,200台突破したことをお知らせします。 プリントポッズは2021年2月1日よりインターネットのみで販売を開始、アプリでデザインした文字・画像を色々な素材に印刷できる特徴が受けて、個人利用だけでなく、スモールビジネス事業者の需要が増加してモバイルプリンターです。


一般販売を開始して6か月で1200台を突破したプリントポッズ
「PrintPods(プリントポッズ)」を提供する「EVEBOT JAPAN」公式サイト:
https://evebotjapan.store/



電源不要のプリントポッズ。移動販売やテイクアウトの差別化に

プリントポッズは、直径が4センチ、本体の重さが160グラムとiPod(第五世代、157グラム)とほぼ同じ軽さで、多様な素材に直接印刷できる手のひらサイズのモバイルプリンターです。専用のアプリで画像を保存し文字と組み合わせることで、最大26センチという連続印刷ができる点が特徴です。USBによる充電で最大1,000回の印刷が可能となり、ハンドメイドグッズを移動販売する、ベティとあおぞらの田中悠子さんは「電源ケーブルが無いので、移動販売で印刷が必要な時にも便利」と、移動先でも印刷をしています。
また、その場で違うデザインを印刷できる点も特徴の一つであり、コーヒー豆の販売を営むROASTER’s LABORATORYの植森俊行さんによると「テイクアウトの時、お客様の名前を伺ってその場でお客様だけのメッセージを印刷すると喜ばれる」そうで、印刷物で差別化を図る工夫をしています。

プリントポッズは2月1日より一般販売を開始され、購入層も個人が主でしたが、春以降から法人、または、個人事業主によるスモールビジネス事業者が増えており、現在では全体の2割を超えました。その背景や販売台数1,200台を突破したことを受けて、個人事業主が利用しやすい環境を構築していくために「スモールビジネス事業者応援キャンペーン」を開催いたします。
ハンドメイド事業者の販売用紙袋、プリントポッズなら横長の印刷が可能
コーヒー豆販売事業者のオリジナルパッケージ、プリントポッズならその場で印刷内容を変更可能
ベティーとあおぞら通販サイト:
https://www.betty-aozora.com/

ROASTER’s LABORATORY通販サイト:
https://roasterslabo.base.shop/


スモールビジネス事業者応援キャンペーンの概要について

エンテックは、個人事業主、またはスモールビジネスを個人・法人で行う事業者を対象に、プリントポッズ公式通販サイトで「EVEBOT PrintPods スタンダードパック」が10%オフになるキャンペーンを開催します。期間は、2021年8月1日(日)から8月31日(火)23時59分まで、お申込みの際にお問い合わせフォームよりご連絡を頂くことで値引き対象とします。

プリントポッズ「スモールビジネス事業者応援キャンペーン」(2021年8月1日より開始):
https://evebotjapan.store/


エンテックは、色々な印刷が手軽に楽しめるモバイルプリンターの良さを伝えていくために、引き続き個人事業主やクリエイター支援を強化していく考えで、日本国内販売を2021年度中までに3,000台を販売する計画です。


スマホで動くハンコ型モバイルプリンター「PrintPods(プリントポッズ)」について


PrintPods「プリントポッズ」本体
プリントポッズは、最新技術を駆使して開発された滑車センサーが如何なる表面も判断し、適格に正確にインクを転写するものです。専用アプリを経由して写真や文字・マークを簡単に印刷できます。クリエイターやファミリー層に受け、2020年10月から2020年1月にかけて募集したクラウドファンディング(GREENFUNDING、Campfire)で合計一千万円をこえました。インクは独自に開発されたもので、アメリカやヨーロッパのFDA(食品医薬品安全庁)に承認された食用インクをはじめ、水・洗濯にも強い耐久性インク、肌に直接印刷できるインク、そしてUVライトに反応する透明インクなどバラエティー豊富で、現時点では単色のみですが2021年度までにフルカラーにも対応します。
また価格が2万円を超えるものの、フルバッテリーで約1000回の連続プリントが可能、1カートリッジあたり3500回の連続プリントが可能なため「短期間で印刷を沢山したい」そんな需要において高いパフォーマンスを発揮します。
※耐久性インク、食用インクは7月時点で改良中にて販売を停止、近日中に再販売されます。
プリントポッズ印刷例ー卵や葉っぱにも
プリントポッズ印刷例ー食用インクを使えばお菓子にも可能
商品名:PrintPods(プリントポッズ)
商品価格:22,000円税込(肌に優しいインク黒1本付)
インクカートリッジ価格(別売り):耐久性インク、食用インクが15,000円税込、その他13,000円税込
本体サイズ:52ミリ×43ミリ×95ミリ
本体重量:160.5グラム
インク種類:肌に優しいインク黒、肌に優しいインク青、肌に優しいインク赤、見えないインク、耐久性インク、食用インク
インクカートリッジサイズ:80ミリ×44ミリ×30ミリ
インクカートリッジ重量:62.5グラム
通信:Wi-Fi接続(技適取得済み)
充電方式:USB Type-C
アプリ:android/iOS対応
カラー:ホワイトのみ
解像度:300dpi
プリント幅:最大26ミリ(1.02インチ)
同梱物:PrintPods本体×1、肌に優しいインク黒×1、USB充電ケーブル×1、説明書(日本語対応)×1


株式会社エンテック概要

法人名:株式会社エンテック
代表取締役:浜野貴司
本社:北海道札幌市東区東苗穂15条3丁目1-17
事業内容:輸入卸売、小売
企業URL:https://evebotjapan.store/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む