【かき氷で食品ロス削減】完全無添加のシロップと規格外の野菜で楽しむ / 体にも地球にも優しい夏のメニュー

株式会社Innovation Design
「ひと と 地球 の未来を描く」をビジョンに掲げ、事業を通して社会課題の解決を目指す株式会社Innovation Design(本社:東京都千代田区/代表 石関 太朗)が、横浜市中区で運営するhaishop cafe(ハイショップカフェ)において、「無添加 かき氷」10種類が新メニューとして登場します。こだわりのポイントは 、食品ロス削減のために市場に出回ることができなくなった食材をはじめ、フェアトレードの食材を使用するなど、調達・環境・社会に配慮して作られたかき氷です。



かき氷シロップは、全てシェフのオリジナルで手作りのものを使用。フェアトレードの砂糖を使用し、旬の果物をコンポートにして作られたシロップは、体にも地球にも優しいシロップ。様々なストーリーが詰まったかき氷は、地球の未来を考えるきっかけとなるかき氷です。

豆乳で作られた練乳をかけてお召し上がりいただく 定番の"いちごのかき氷"や、"パイナップルジンジャーのかき氷"をはじめ、アルコールと一緒に楽しむ大人のかき氷もご用意しています。


今回、特にお客様にお召し上がりいただきたいのは、”規格外野菜"を使ったかき氷。


規格外トマトでつくる"ガスパチョ風かき氷"
一番果と呼ばれるトマトは、育て方によっては摘果されることもあり、養分が集中することから大きく育つことが多いのですが、その分、地表についたり、隣の実と擦れてしまい傷がつくことも多く、市場にだせなくなってしまうことが多くあります。"規格外"となり、販売できなくなってしまったトマトの行き場に困っているというお話しを農家の方からいただいたことから、生まれたこちらのかき氷。
フレッシュトマトをそのまま凍らせたものをかき氷にし、フレッシュトマトも添えたかき氷です。




"すだちを使った大人のかき氷"
野菜の卸業者では、"ハネ品"と言われ少し傷がついているだけで、飲食店などに卸すことができず、行き場を失ってしまいます。傷は取り除き、調理すれば美味しくいただけるもの。今回は、卸業者さんで大量にでてしまった"ハネ品"のすだちを使用してシロップを作りました。シロップ漬けにしたすだちも一緒にお召し上がりいただきます。
お酒がお好きな方には、「ジン」をかけてお楽しみいただける大人のかき氷です。




"有機抹茶のかき氷"
静岡で有機栽培で育てられた抹茶を使用し作られた抹茶シロップは、体にも優しく、地球環境にも配慮されたシロップです。あんこと白玉と一緒にお召し上がりいただきます。

"コーヒーゼリーのかき氷"
フェアトレードコーヒーを使用し作られたコーヒーシロップ。かき氷にのせたコーヒーゼリーももちろんフェアトレードコーヒーを使用して自家製で作られました。コーヒーのビターな風味がとっても美味しい大人のかき氷です。

haishop cafe(ハイショップカフェ)では、日本サステイナブルレストラン協会(※)に加盟し、調達・環境・社会に配慮した料理のみを提供し、持続可能な飲食店運営を行っています。

フェアトレード食材の積極的な使用や、契約農家から規格外品も含む有機栽培の野菜を仕入れ、週末には "haishop market"を開催し、地域のみなさまへも販売しています。店内で出た生ゴミは、コンポストによって堆肥をつくっており"食"に纏わる様々な社会問題は多数ありますが、中でも深刻な"食品ロス"の問題にも店舗の中で取り組んでおります。
環境省によると、日本の食品ロス量は年間612万トン(平成29年度推計)と言われており、個人、企業が意識を向け食品ロス削減のための行動を起こす必要性が訴えられています。
かき氷をきっかけに、"食品ロス"という問題に意識を向け、行動を起こす人が増えることを願っています。

※日本サステイナブルレストラン協会とは
英国のSustainable Restaurant Association(SRA)と連携し、日本において立ち上げられました。英国SRAの活動は10,000店以上の飲食店・レストランなどのフードサービス業界に影響を与えてきています。日本において、持続可能をテーマとした活動がここから加速することは必至です。
HP:https://foodmadegood.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む