アートホテル BnA Alter MuseumがFabCafe Kyotoと共同で「アーティスト・イン・レジデンス」公募を実施。最大1ヶ月の宿泊招待に加えて、制作費、展示プログラムを支援。

コロンビアホテル&リゾーツ株式会社
 アートホテルBnA Alter Museum (京都市下京区天満町267-1)では、アーティスト支援企画としてFabCafe Kyotoと共同で第2回目となるアーティスト・イン・レジデンス公募を実施します。  BnA Alter Museumは真鍋大度やBOREDOMSのEYE等16組の気鋭のアーティストが手掛けた31部屋のアートルームに宿泊することができるアートホテルです。宿泊費の一部がアーティストに還元されるレベニューシェアの形式を取っており、微力ながらに支援をさせていただいております。






【アーティスト・イン・レジデンス概要】

公募期間:7月16日~7月31日
結果発表:8月8日
滞在可能期間:8月16日~9月15日(最大1ヶ月間、滞在期間は参加者と協議の上決定)
滞在場所:BnA Alter Museum(京都市下京区天満町267-1)
公募枠:SCG展示枠
採択組数:5組
制作場所:
BnA Alter Museum SCG
FabCafe Kyoto (京都市下京区本塩竈町554)

詳細は応募条件にある応募フォームよりご確認お願い致します。
過去の第1回公募及び採択アーティストについては以下をご参照ください。
https://bnaaltermuseum.com/event/AIR/

滞在制作等に関するお問合せ[アーティスト窓口]
担当:アートディレクター 筒井 一隆
Mail:scg@bnaaltermuseum.com


SCGとは

SCG(stairscase gallery)はアートルームと同様に、施設としてBnAの思想を表現するためのもう一つのメインプロジェクト。

施設においては常設展であるアートルームに対してSCGは企画展という位置付けにあり、宿泊ゲストだけでなく全ての人々に開かれている。 計30メートルの縦型ギャラリースペースで、施設内階段を上りながら縦に広い五つの空間を鑑賞するという世界にも類を見ない展示空間。 既存のカテゴリーを超え、未来を開拓する”今”を捉えること。

ユニークな隔離空間だからこそ実現する奇想天外なアイディア。BnAがやるギャラリーだからこそ、表現者にも鑑賞者にも新たな挑戦の場を。

[参考写真を見る]
https://drive.google.com/drive/folders/1j5DwCtw-24QUzIOD2IgPolCFFARgxn6n?usp=sharing
小林椋「スソスソからのムーマム」 撮影:高嶋清俊

FabCafe Kyotoは3Dプリンターやレーザーカッターなどの工作機器を併設し、国内外にクリエイティブネットワークを展開する「FabCafe」の京都店です。ユニークな才能やテクノロジーが集まり交差する場をつくることをミッションとして、様々なイベント・展示がおこなわれており、2020年からは「偏愛に突き動かされたプロジェクト」を支援するレジデンスプログラムをスタートしました。
FabCafe Kyoto
コロナ禍でのホテル休業に際し本年2月に実施した第1回アーティストインレジデンス公募に続き、第2回目となる今回も当館の階段型ギャラリーSCGを制作/展示空間とし、付随する部屋部屋(アートルーム)を参加していただくアーティストに利用して頂きます。

BnA Alter Museum - ART ROOMS


最大滞在期間1ヶ月

宿泊滞在期間を最大1ヶ月間とし、5組を公募させて頂きます。
また滞在後の展示に関しては入場料を設定し、さらにその一部も参加アーティストに還元する予定です。


応募条件

〇対象者
日本国内にて創造活動を行う個人もしくはグループ(当館宿泊は2名まで)。
※活動のジャンルは問いませんが、滞在制作の成果物を一般公開の展覧会として3~6ヶ月程度、作品展示をさせていただきます。
※新型コロナウイルスのPCR検査を受けていただく場合がございます。

〇採択組数
【SCG展示枠】5組

〇支援内容
・BnA Alter Museum宿泊の無償提供
・制作費(10万円)
・準備期間中と滞在中の当館アートディレクターによるサポート
・FabCafe Kyoto デジタルファブリケーション機材の無償利用
(FabCafe利用規約に沿った利用となります。機材で使用する消耗品代、材料費は使用者の負担となります。各機材利用の前に必要な講習を受講していただきます。)

〇成果物について
滞在制作により制作された作品の所有権及び著作権は、制作したアーティスト本人に帰属します。(当館所有のモニターなど備品を使用した場合はその部分を除く)

〇応募方法
以下のフォームよりご応募ください
URL:https://forms.gle/cjH8uKNpFTVcAxiK6


FabCafe Kyotoとは


FabCafe Kyoto
FabCafeは世界12拠点に広がる、クリエイティブコミュニティです。
人が集うカフェに、3Dプリンターやレーザーカッター等のデジタルものづくりマシンを設置。“デジタル”と“リアル”の壁を自由に横断し、未来のイノベーションを生み出します。地域のクリエイターやアーティスト、企業とともに、食、アート、バイオ、AIから教育まで、ものづくりの枠を超えたラボ活動も行っています。
FabCafe Kyotoは築120年の建物をリノベーションしてうまれた空間を拠点に、ユニークな才能やテクノロジーが集まり交差する場をつくることをミッションとして、2015年末のオープンから活動を開始。クリエイター、職人、メーカー、研究者など、業界の垣根を超えた数々の出会いやコラボレーションの起点がここで生まれてきました。

公式サイト  :https://fabcafe.com/jp/kyoto/
公式Instagram:https://www.instagram.com/fabcafe.kyoto/
公式Twitter :https://twitter.com/FabCafe_Kyoto


BnA Alter Museumとは


BnA Alter Museum, photo Tomooki Kengaku
BnA Alter Museumは、気鋭のアーティストが制作する泊まれる空間型アート作品31部屋に加え、計31メートルの縦型ギャラリースペースや、ミュージアムショップ、バー&ラウンジ等が併設される新しい形のアートスペースです。また、パブリックスペースを展示やイベントに開放するなど、国境を超えたアーティスト、アートファンのコミュニ ティーが集う場となることを目指します。

公式サイト:https://bnaaltermuseum.com/
公式Twitter:https://twitter.com/BnaAlter
公式Facebook:https://www.facebook.com/BnAAlterMuseum
公式Instagram:https://www.instagram.com/bnaaltermuseum/


【本件に関するお問合せ先】

BnA Alter Museum アートディレクター
担当: 筒井 一隆
Tel:075-764-1278
Mail:scg@bnaaltermuseum.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む