Makuakeにて2週間で480%達成!酷使したカラダに寄り添うアスリートフード「BOOST RECOVERY」限定価格で購入できるのは残りわずか!

HCP 株式会社
新たな試み”イミダゾールジペプチド”を おいしく配合:https://www.makuake.com/project/golden-mission/

「挑戦する人を本気でサポートする」「多くの人が高みへ行くチャンスを増やす」ことをビジョンとして、HCP 株式会社(代表:菊地教稔 所在地:神奈川県横浜市)を2020年に創業。挑戦する人に対する動画配信コンテンツ事業としてYouTube ATHBOTIMEの運営を開始。この度、栄養面から本気でサポートをするため、スポーツサプリメント事業として「GOLDEN MISSION」 をローンチし、2021年4月24日にMakuakeにて新商品BOOST/BASIC RECOVERYの先行販売を実施し、2週間で480%を達成できております。





日本最大級のクラウドファンディングサイトMakuake(マクアケ)より先行販売を開始し、開始初日で目標金額の200%を達成。現在、目標金額480%を達成することができました。大変感謝申し上げます。なお、限定価格での購入は、残りわずかとなっておりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

■新たな試みとして"イミダゾールジペプチド"を配合
BOOST RECOVERYには、動物の最も酷使する部分に豊富に含まれる成分"イミダゾールジペプチド"を配合。


■EAA
必須アミノ酸9種を配合。


■ホエイプロテイン×マルトデキストリン
トレーニング後の栄養補給に適したホエイプロテインを100%使用。エネルギー補給に優れたマルトデキストリンもバランスよく配合。


■カラダに不可欠なビタミン群を11種

■アミノ酸スコア100



■BOOST RECOVERYとは
鳥類の翼の付け根、最も酷使する部分に豊富に含まれる成分「イミダゾールジペプチド」を筆頭に、アスリートに必要な栄養素(EAA、ホエイプロテイン、クエン酸、マルトデキストリン、11種ビタミンなど)を配合。トレーニング後の酷使した身体のケアを考えて作られた、手間のかかる食事に代わって栄養面でサポートしてくれるアスリートフードです。


また、オフの日や軽めのトレーニングの日には「コストを抑え、身体のケアを考えたものも飲みたい」というニーズにお答えするためのプロテインとしてBASIC RECOVERYを同時に開発いたしました。


■GOLDEN MISSIONの思い
本年35歳になるBBOY NORIこと菊地教稔はアスリートとしてのキャリアの中で科学的なトレーニングや栄養学を学ぶことにより、自身のパフォーマンスを改善できたことを身をもって経験し、その中で、成長で伸び悩む事やケガとの向き合い方など、同じ境遇で「本気で頑張ることを続けるか続けないかの瀬戸際の選手」を一人でも多く手助けしたいと考えるようになりました。

「毎日のハードな練習で酷使した体を筋肉をつけながらケアしたい」これは、結果を出すための大事なミッションの一つであるという想いからGOLDEN MISSIONのBOOST RECOVERYは誕生しました。本当に必要なのは大きな筋肉ではなく、相手よりも優位に立てる筋力・必要な高度な技術に耐えうるカラダのサポートでした。

開始初日で目標金額の200%を達成。現在、目標金額480%を達成できております。大変感謝申し上げます。


■代表取締役 菊地教稔
世界ブレイキン大会BOTY(団体戦)において、3度の優勝を経験。
現在も個人戦世界No.1を目指す現役ブレイクダンサー

【会社概要】
社 名: HCP 株式会社
本 社: 神奈川県横浜市青葉区美しが丘 1-13-10-107
URL: https://hcp-inc.jp/
お問い合わせ: https://hcp-inc.jp/CONTACT/
設 立: 2020年11月12日
代表者: 菊地教稔

事業内容:スポーツサプリメント販売事業「GOLDEN MISSION」、オンライン/オフラインセミナー事業、動画配信コンテンツ事業「ATHBOTIME」

GOLDEN MISSION
公式Instagram: https://www.instagram.com/golden_mission/
公式Twitter: https://twitter.com/goldenmissionjp
ATHBOTIME
公式YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCSmL0WsphOnxLcXV6UQtpYg
公式Instagram: https://www.instagram.com/athbotime/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む