新型コロナウィルスワクチンの保管温度を一元管理

アシオット株式会社
~安心・安全なワクチン接種に温度管理の正確性、省力化で貢献~

 エッジAI関連事業の企画や開発を手掛けるアシオット株式会社(本社 東京都町田市、代表取締役社長 三上 楊平、以下「ASIOT」)は、新型コロナウィルスワクチンの保管温度を一元管理できる「省力化温度管理サービス」を2021年7月20日より提供致します。


 ワクチンを保管する冷凍庫内の温度データをクラウドに送信し、パソコンやスマートフォンで確認できます。温度の異常を感知すると管理担当者にメール、SMSなどで通知し、その場で目視により温度確認していたのが省力化が図られ、冷凍庫の周囲に人がいなくなる夜間や休日などでも異常を早期に覚知できます。


■ 「省力化温度管理サービス」の特徴
・冷凍庫の温度計にOCRカメラを設置、自動的に温度を読み取りクラウド上に収集
・エッヂAIにより数値を補正し適性値を表示
・温度状況を5~15分毎に管理し、異常値にはアラートをメール・SMSで発報
・PCやスマートフォンから、見易い画面で分かりやすく状況を管理
・OCRカメラはどなたでも簡単に設置、導入まで短期間で(1台5分間)対応可能
・温度変化統計レポート機能を装備、Excel・CSV・Word・PDFなどの出力が可能
・非常に低コストでご提供が可能(レンタル:月額6万円/台、初期費用0円)


■ 「省力化温度管理サービス」が問題を解決できる!
 ワクチン保管のが電源喪失等で適性な温度管理ができず、ワクチンが廃棄される事故が相次いでおります。また、温度管理は定時的に目視で確認しており、夜間でも冷凍庫のそばにいる等、工数がとても多くかかってるのが実情です。
 ASIOTでは独自に開発したOCRカメラから、冷凍庫の温度計を5~15分毎に自動的に読み取り、クラウド上に収集してPCやスマートフォンから確認することで、温度管理の正確性と省力化を実現しました。

 詳しくは当社HPのサービス概要ページをご覧ください。( https://ocrcamera.jp
 ASIOTは、エッヂAIを用いた省力化温度管理サービスで、ワクチンの安心・安全な接種の実現に貢献してまいります。

■ 「省力化温度管理サービス」お申込み方法について
 本サービスへのお申し込み、その他ご質問やご不明な点などございましたら、下記お問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。

【Mail】contact@ocrcamera.jp
【お問い合わせWebフォーム】https://ocrcamera.jp/contact/
【「省力化温度管理サービス」について】 https://ocrcamera.jp/

■ ASIOTが提供するサービスについて
 ASIOTは、これまで組込設計・開発で培ってきた高い組込み実装技術と、ニューラルネットワーク圧縮技術を用いて、組込向けAIライブラリを提供するなど、お客様の多種多様なニーズにお応えしてきました。日本初の自動検針サブスクリプションサービスである「OCR式LPWA自動検針サービス」では、今後蓄積されたビッグデータなどを活用し、サービスの品質向上を進めていく他、パートナー企業を募り、新たなビジネスモデルの展開なども予定しています。
 ビジョンに掲げる“「エッジAI」技術により、あらゆるデバイス上でAIを動かす”の実現に向けて、今後もさらなるサービスの向上に寄与してまいります。

■ ASIOT株式会社 概要
 ASIOT株式会社は、 「エッジAI」技術により、明日のIoTを支える使命感をもって、人工知能、特にディープラーニングを含む機械学習アルゴリズムを駆使し、お客様の多種多様なニーズにもお応えできるよう、広範囲に渡るサービスを提供。 世界市場に通用するITプラットフォームやサービスを創り、新しい価値を提供できる技術者集団としてビジネスを展開しています。

主な事業内容
1. 最先端のIoTとAI技術を用いたデバイスとサービスの企画・開発
2. ビッグデータ分析による付加価値提供
3. IoT+AIコンサルティング

会社名 アシオット株式会社
代表者 代表取締役社長 三上 楊平
所在地 東京都町田市中町1-4-2 MBDA No.216
会社HP https://asiot.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む