B.C STOCK LIMITED STOREがイオンモール岡山に本日 OPEN !

株式会社RETAIL CONNECT
1.5次流通で社会課題を解決する株式会社RETAIL CONNECT

イオンモール岡山2Fに期間限定の「B.C STOCK LIMITED STORE」が本日(7月22日)OPEN! (1.5次流通で社会課題を解決する株式会社RETAIL CONNECT。)



ベーセーストック(B.C STOCK ベーセーストック)はベイクルーズグループのブランドである、ジャーナル スタンダード、エディフィス、スピック&スパン、イエナ、ドゥーズィエム クラスなどに加え、インポートアイテム、オリジナルウェアも展開。

ラインナップも幅広く、men's&lady'sのカジュアルアイテムからドレスアイテムまで、またリーズナブルな商品が多く、様々なアイテムをミックスコーディネートをご提案します。


1.5次流通とは、いままでの2次流通では対応しきれなかった余剰在庫の消化に貢献する新しい流通形態です。
アパレル業界では現在、「大量廃棄」の問題がクローズアップされており、日本だけでもおよそ100万トンが廃棄されていると言われています。 また、「余剰在庫」も大きな問題となっています。年間約28億点が生産され、約14億点が余ってしまっているというデータもあります。 「大量につくっても半分は余り」、「100万トンもの衣服が1年で廃棄されている」ことになります。 SDGsの観点からこの問題は解決していかなければならない課題です。 これまでは、余剰在庫の一部が2次流通に回るだけで、それ以外の商品の多くが廃棄されてきました。 私達は新たなサービスで、この課題解決に貢献できると考えています。

私達は社会課題を解決することで、アパレル企業の環境やSDGsへの取り組みをバックアップし、ブランド価値の向上に貢献します。















アパレル業界における在庫課題

アパレル業界では現在、「大量廃棄」の問題がクローズアップされており、日本だけでもおよそ100万トンが廃棄されていると言われています。 また、「余剰在庫」も大きな問題となっています。年間約28億点が生産され、約14億点が余ってしまっているというデータもあります。 「大量につくっても半分は余り」、「100万トンもの衣服が1年で廃棄されている」ことになります。 SDGsの観点からこの問題は解決していかなければならない課題です。 これまでは、余剰在庫の一部が二次流通に回るだけで、それ以外の商品の多くが廃棄されてきました。 私達は新たなサービスで、この課題解決に貢献できると考えています。
また、過剰な在庫が倉庫の賃料などのランニングコストの削減にも貢献します。




新たな流通 ”1.5次流通”とは

これまでの一次流通、2次流通では対応しきれなかった余剰在庫の消化のに貢献する、新たな”1.5次流通”というサービスを展開します。 通常、2次流通業者では商品を安く購入し、ブランドタグをカットし販売するという流れが一般的です。 弊社が提供するする”1.5次流通”では、弊社が運営する店舗での販売を行い、ブランド名はそのままに、イメージを毀損することなく在庫消化と、新たな販売チャネルを提供します。
経営判断の遅れによる販売機会の喪失などこれまでのサービスでは解消できなかった問題を”1.5次流通”が解決します。





ワンストップサービスの提供

アパレルメーカーは、RETAIL CONNECTに商品を発送するだけ。 賃料や人件費等のコストを掛けずに、在庫消化が可能です。
ワンストップで運営に関わる全てのオペレーションをおまかせいただけます。
商業施設での販路を持っていない場合でも、弊社が用意した店舗での販売を行います。
また、地方で展開したい場合などもご相談いただけます。




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む