図鑑の世界に入り込む 新感覚の体験型デジタルミュージアム『ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO』開業後、3日間で累計来場者数約3,000人!

ずかんミュージアム有限責任事業組合
来場者からは「図鑑が大好きで、楽しみでした!」「馴染みのある図鑑を体験できるのは興味深いです。」との声も。また、体験した小学生の約97%が「楽しかった」と回答!

佐々木ホールディングス株式会社、株式会社小学館、株式会社エイド・ディーシーシー、株式会社ドリル、株式会社電通、株式会社サニーサイドアップ、株式会社朝日新聞社の7社からなる合同組合「ずかんミュージアム有限責任事業組合」は、新感覚の体験型施設 『ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO』(以下、ZUKAN MUSEUM GINZA)を2021年7月16日(金)に東急プラザ銀座6Fに開業いたしました。そして開業後わずか3日間で、累計来場者数約3,000人を記録いたしました。



2021年7月16日(金)に無事開業を迎えた『ZUKAN MUSEUM GINZA』。開業日も大盛況ながら、土曜日・日曜日と日を追うごとに来場者数が増加し、子ども連れのご家族やカップルなど、多くの来場者が訪れました。


来場者コメント

開業日当日、1グループ目の来場者となった5歳の男の子は「図鑑が大好きで、楽しみでした!特に虫の図鑑が好きで、カブトムシを見るのが楽しみです!」とコメントし、ご両親は「ちょうど夏休みに、子どもに何か特別な体験をさせたいと思っていたので来ました。『小学館の図鑑NEO』シリーズは親子でよく読んでいるので楽しみです。」と話しました。5歳の男の子は体験後、「楽しみにしていたカブトムシを見ることができてとても嬉しかった。カブトムシが飛んでいくときに風が吹いてきて、すごくワクワクしました!」と満足した様子でした。また、3人組で訪れていた40代の女性は「元々『小学館の図鑑NEO』を持っていて、子どもがまだ幼い頃に一緒によく見ていました。そんな馴染みのある図鑑を体験できるのは興味深いです。」と期待を寄せました。





来場した小学生へのアンケート結果

また、事前モニターとして『ZUKAN MUSEUM GINZA』を体験した、小学校(対象4~6年生/合計161名)へ、本ミュージアムについてのアンケートを取ったところ、96%の児童が「楽しかった」と回答し、楽しかったと回答した理由として、「『記録の石』で生き物を記録するところ」、「いろんな生き物に触れ合うことができたから」、さらには、「知らない生物の名前や動きを詳しく知ることができたから」といった回答が寄せられました。参加した79%が「また遊びに来たい」と回答しており、多くの児童にご満足いただける結果となりました。

『ZUKAN MUSEUM GINZA』より発信される、今後の更なる情報にもご期待ください。
※新型コロナウイルス感染予防対策を徹底し、入場者人数を制限した上で営業しております。


ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEOとは

本施設は、デジタルとリアルが融合した空間をめぐりながら、図鑑の中でしか見ることのできなかった生き物たちに出会い、その息吹を感じ、さらにほかの生き物との出会いに歩みを進める、そんな世界に没入できる新感覚の体験型施設です。「 “地球の自然”が凝縮された、生きるミュージアム」である本施設は、情報に溢れ様々なテクノロジーが日々更新されていくこの時代において、書籍のページをめくるのではなく、あらゆる生き物が共存している世界の空間や時間を“めぐる”ことで“地球の自然”を五感で体感できる、新しい図鑑体験を提供いたします。

施設の中では24時間という時間の経過や天候の変動など、リアルな地球上における環境の変化を表現できるように設計されており、空間や時間の経過と共にリアルな“地球の自然”を体感し、学びにおいて「読んで知る」と同等に大切な「実体験をつくる」ことを目指した新感覚の体験型施設です。発見の連続で知的好奇心を掻き立て、体験前後で“地球の自然”に対する価値観やマインドを変える、新しい“アカデミック・エンターテインメント”、『ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO』にご期待ください。

来場者には、生き物を検知・記録するためのナビゲーターとして特別なアイテム「記録の石」が用意されています。各ゾーンに足を踏み入れる度に、そのアイテムが生き物たちの生態を知る手助けをしてくれます。


「小学館の図鑑NEO」 とは


「小学館の図鑑NEO」は、小学館から発売されている図鑑シリーズ。累計発行部数は約1,100万部を超える、小学館の看板書籍。小学館創業80周年企画として2002年に刊行されました。『小学館の図鑑NEO』の「NEO」の由来は、Nature(自然と生き物)、Earth(地球と宇宙の)、Origin(起源をたずねて)の頭文字から取っています。






施設概要


施設正式名称  :ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO
かな表記    :ずかんみゅーじあむぎんざ ぱわーどばい しょうがくかんのずかんねお
短縮表記    :
1.表記文字数制限がある場合 「ZUKAN MUSEUM GINZA」
2. “本文中”英字使用NGの場合 「ずかんミュージアム銀座」
3. 記事本文縦書きの場合 「ずかんミュージアム銀座」

主催 :ずかんミュージアム有限責任事業組合
(佐々木ホールディングス株式会社、株式会社小学館、株式会社エイド・ディーシーシー、株式会社ドリル、株式会社電通、株式会社サニーサイドアップ、株式会社朝日新聞社)

場所 :〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目2−1 東急プラザ銀座 6F
アクセス :東京メトロ 銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅C2・C3出口徒歩1分
東京メトロ・日比谷線・千代田線・都営三田線 日比谷駅A1出口徒歩2分
JR山手線・京浜東北線 有楽町駅銀座口徒歩4分

営業時間 :11:00~20:00(※予定)
休館日 :東急プラザ銀座の休館日に準ずる(※1/1と年1回の不定期休)
公式HP :https://zukan-museum.com/ (一般からのお問い合わせ:info@zukan-museum.com)
公式SNS :【Twitter】@zukan_museum/ 【Instagram】@zukan_museum

チケット購入 :公式サイト(https://zukan-museum.com/tickets/
        ローソンチケット(https://l-tike.com/zukanmuseum


一般料金 ※税込

大人(18 歳以上)2,500 円/中学生・高校生 1,700 円/小学生 1,200 円/未就学児(3 歳以上)900 円


障がい者割引料金 ※税込 ※ご本人及び同行者 1 名まで適用の金額

大人(18 歳以上)1,700 円/中学生・高校生 1,200 円/小学生 900 円/未就学児(3 歳以上)600 円


チケット購入時の注意事項


◎当日券は ZUKAN MUSEUM GINZA 施設内チケットカウンターおよび公式サイトにて購入が可能です。
◎3 歳未満は無料で入館できます。
◎購入完了後の変更、キャンセルはできません。チケットは日時指定制になっており、完売する場合がございます。
◎障がい者手帳をお持ちの方は、入場前にスタッフにご提示ください
◎子ども(中学生以下)の方のご利用には、20 歳以上の保護者様の同伴が必要です。無料で入場されるお子様含め、 子ども 3 名につき保護者様 1 名の同伴が必要です。
◎館内は乳幼児を連れてご入場いただけますが、ベビーカーはお預けいただく必要があります。
◎車いすをご利用の方、お身体が不自由な方について、車いす・補助犬を連れての入場は可能となります。
◎開館時間は公式サイトでの事前告知をもって、変更になる可能性があります。(ご来場希望日の 1 か月前から予約可能)

感染症予防対策:開業の際における新型コロナウイルス等感染症予防対策につきましては、 来場される皆様の健康・安全面を第一に考慮し、安心して体験いただけるような対策を講じてまいります。

<協力>
成島悦雄(元井の頭自然文化園園長)
小池啓一(群馬大学名誉教授)
松井正文(京都大学名誉教授)
松浦啓一(国立科学博物館名誉研究員)
阿部浩志(ruderal inc.)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む