川越市立美術館「花村えい子と漫画」展 最新情報! 川越市内の神社、老舗和菓子店、ホテルとのコラボ決定! 小学館・漫画家本スペシャル「花村えい子本」発売、グッズ情報ほか  

有限会社エフ・エム・ジー
2021年8月7日(土)~9月12日(日) 開催

埼玉県川越市立美術館にて2021年8月7日(土)から9月12日(日)まで 開催される少女漫画のパイオニアとして活躍した漫画家、花村えい子の展覧会「画業60年のかわいい伝説 花村えい子と漫画」において、川越市内の神社、老舗和菓子店、ホテル等とのコラボレーションが決定いたしました。


奉納絵馬(川越氷川神社)/700円(初穂料)

川越市観光課の協力の下、小江戸川越の情緒あふれる街並みやスポットを楽しみながら過ごせる企画が実現、川越観光と展覧会をつなげる企画として、川越氷川神社では花村えい子の描き下ろし絵馬の領布、老舗和菓子の株式会社龜屋と紋蔵庵では、オリジナル菓子の発売、旅籠小江戸や(運営:TMK株式会社)では、花村の少女漫画イラストで彩られた客室デコレーション、併設されている飲食店でのオリジナルメニュー発売など、それぞれ8月1日(日)から実施されます。
練り切り「花飾り with Eiko Hanamura」(龜屋)/540円 (発売は8月7日から9月12日)


えい子(ハート)さいたま愛のクッキー&ドーナツ/2,400円  えい子(ハート)さいたま愛のマドレーヌセット/1,300円

また、小学館から、漫画家とその作品を徹底的に特集する「漫画家本」シリーズ最新刊、漫画家本スペシャル「花村えい子本」(1,760円)が、7月21日(水)に発売されます。
漫画家本スペシャル「花村えい子本」(小学館)¥1,760
同書は、花村えい子の生涯の全仕事をジャンルによる分類で作品を紹介、美しいカラーイラスト・単行本未収録の短編作品など実際の作品に触れながら、気鋭の漫画研究者らによる各時代の作品についての論考、旧知の作家・編集者、家族による証言などで「漫画家・花村えい子」を様々な角度から取材し、その足跡を総括し再評価、ファンだけでなく、日本漫画界においても貴重な書籍となります。


※本リリースに記載されている価格は、すべて税込み価格です。


【えい子 X 川越コラボレーションについて】
8月1日(日)より9月12日(日)まで実施される、花村えい子と川越コラボレーションの詳細は以下の通りです(7月14日現在)。実施の詳細は、店舗や期間が異なる場合がありますのでご了承ください。

■川越氷川神社  https://www.kawagoehikawa.jp/
約1500年前に創建され、現在は縁結びの神社として知られる川越氷川神社では、花村えい子描き下ろしオリジナルイラストの絵馬が領布されます。絵馬に願いごとを書いて絵馬掛けに結びますが、同じデザインのミニストラップ絵馬をお持ち帰りいただけます。
2019年、縁あって花村が同神社に絵を奉納、その際、展覧会開催の時期に合わせて絵馬も手がける計画となり、生前に描き上げた絵柄です。
社務所 川越市宮下町2-11-3 TEL. 049-224-0589

■株式会社龜屋   https://www.koedo-kameya.com/
天明3年(1783)創業、230年以上の間、小江戸川越の歴史と文化を今に伝えながら逸品菓子作り一筋の老舗和菓子店「龜屋」による、えい子漫画をイメージしたオリジナル練り切り「花飾り with Eiko Hanamura」が、市内一番街の若いお客様で賑わう「Kashichi」にて発売されます。同社の和菓子職人が、花村えい子の少女漫画の華やかさや可愛らしさを表現しました。また、店内では本展覧会のオリジナルグッズも購入することができます。
Kashichi 所在地:埼玉県川越市幸町1-13 TEL. 049-228-3320
    営業時間:11:00-17:00 水曜休(祝日の場合は木曜休)

■旅籠小江戸や (Hatago COEDOYA)  https://hatago-coedoya.com/
かつて芝居小屋や映画館として賑わった場所に2020年7月開業した「旅籠小江戸や(Hatago COEDOYA)」では、シングルルーム1部屋とホテルラウンジを花村えい子が描くカワイイ少女たちでデコレーション、少女漫画の世界観を存分に楽しんでいただけます。本展覧会オリジナルグッズも販売。
また同ホテル併設のフードホール「縁結び横丁」の6店舗によるスイーツのコラボレーションメニューも発売、夏の川越観光の合間に涼しい時間をお過ごしいただけます。
《発売商品》
 ○宿泊:シングルルーム(セミダブル仕様)素泊まり1泊/8,800円~
      ※えい子クッションプレゼント付き (WEBサイトで宿泊予約可能)
 ○お菓子:えい子(ハート)さいたま愛のクッキー&ドーナツ/2,400円
  えい子(ハート)さいたま愛のマドレーヌセット/1,300円
《縁結び横丁 メニュー例》
○川越氷菓くもとゆき :えい子(ハート)初恋のチェリーレモネードかき氷/900円
○Negombo33川越 :えい子(ハート)ちょっぴり背のびのコルコルラムレーズンと
            ジャスミンティーのセット/900円
  ○Mrs.hamburger:えい子(ハート)Cawaiiいちごのマリトッツォ/380円
  ○小鉢豆美:えい子(ハート)青春のアイスプリン/350円  他2店舗がコラボメニュー追加予定
  所在地:埼玉県川越市連雀町8-1  TEL. 049-277-4901
えい子(ハート)Cawaiiいちごのマリトッツォ/380円(Mrs.hamburger)
■お菓子の紋蔵庵 http://monzouan.com/
慶応元年(1865)創業、小江戸川越の歴史と伝統を受け継ぐお芋の文化を継承し続けて同店の人気菓子と少女漫画のイラストをあしらったクッキーを小箱に詰めて販売いたします。
 ○「こんにちは」ギフト紋蔵庵x花村えい子(大)/1,550円
 ○「こんにちは」セット紋蔵庵x花村えい子(小)/ 630円

■龜屋と紋蔵庵では展覧会期間中、少女漫画と花のイラストをあしらった同じ柄の包装紙を使用して、
 販売されます。異なるメーカーで同じ柄の包装紙が使用されるのは非常に珍しい機会となります。

【漫画家本スペシャル「花村えい子本」小学館より7.21発売!】
「花村えい子」生涯の全仕事を見直し、ジャンルによる分類で作品を紹介(各ジャンルで論考つき)。フアンだけでなく、日本漫画界においても貴重な漫画家本です。美少女画、美人画を含むイラストも豊富。また、交流のあった里中満智子先生、さいとうたかを先生、ちばてつや先生、わたなべまさこ先生の寄稿や楳図かずお先生の特別インタビュー、1980年「プレイコミック」に連載された「雪の花」を再録など、盛りだくさんの一冊です。
(編集者のオススメコメントより) 小学館サイト https://www.shogakukan.co.jp/books/09850614

花村えい子

花村えい子作品を読むには......
小学館のニュースサイト「NEWSポストセブン」では、「花影の女(ひと)」(女性セブン1978~1980連載)を毎 週木曜日に無料で配信中です。川越を舞台に花村自らの母・祖母らをモデルにした川越の商人「相模屋」一家を描
いた長編作品。 https://www.news-postseven.com/manga/4585

また、電子書籍ebookjapanでは、展覧会期間に合わせて花村えい子画業60周年記念キャンペーンとして、代表作「霧のなかの少女」ほか全17作品が、本展覧会期間中、通常の30%OFFでご購入いただくことができます。
https://ebookjapan.yahoo.co.jp/


【オリジナル「えい子グッズ」も続々登場!】
 本展覧会会場にて、オリジナルグッズを発売いたします。またコラボレーション協力店舗・施設、公式グッズ
 サイトにて一部商品(店舗により取扱い商品の違いあり)も販売されます。
 オリジナルグッズは、ぬりえBOOK、Tシャツ、クリアファイル、マグカップ、エプロン、書籍など約60点が
 販売されます。

えい子グッズ(イメージ)
香蘭社製オリジナルマグカップ/¥4,000
ぬりえブック(日仏語版)A4サイズ/¥700
展覧会記念オリジナルトート/¥3,000
※本リリースに記載されている価格は、すべて税込み価格です。

【開催概要】



名称:画業60年のかわいい伝説 花村えい子と漫画
会場:川越市立美術館  https://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/
   〒350-0053埼玉県川越市郭町2丁目30−1
   TEL. 049-228-8080 / FAX. 049-228-7870
※ご来館の際は、最新の開館情報および注意事項を美術館ホームページまたはお電話にてお問い合わせください。

会期:2021年8月7日(土)~9月12日(日) 休館日 月曜日(8/9は開館)、8/10(火)
時間:9:00~17:00(入場は16:30まで)
入場料:600円(一般)/300円(大学生・高校生)/中学生以下無料
※団体料金(20名以上)480円(一般)/240円(大学生・高校生)
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳をご持参の方とその介護者は1名無料
※「川越きものの日」にちなみ、毎月8、18、28日に着物で来館された方は、団体料金を適用
主催:川越市立美術館
企画制作:花村えい子画業60周年記念巡回展実行委員会/有限会社エフ・エム・ジー
協賛:紋蔵庵
協力:埼玉県立川越女子高等学校同窓会、川越氷川神社、株式会社櫻井印刷所、
株式会社龜屋、公益財団法人日本漫画家協会、株式会社ウイズアンドウイズ、
ONO BRAND DESIGN、図書の家、学校法人専門学校 東洋美術学校、
シヤチハタ株式会社、株式会社サクラクレパス、ebookjapan
※本展覧会は「さいたま150周年プロジェクト」事業パートナーとして登録されています。

   展覧会特設サイト https://60th.eiko-hanamura.com/
   Twitter @eiko_hanamura60
   Instagram @eiko_hanamura60
   Facebook https://www.facebook.com/eikohanamura60
   オフィシャルグッズストア https://eiko60goods.stores.jp/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む