美しき感染症対策。プロダクトデザイナーとスチール家具工場が考えた消毒液スタンド「submarine」発売。

株式会社摂津金属工業所
4月22-25日 展示受注会を大阪Page Galleryにて開催

東大阪でスチール製家具を製造する(株)摂津金属工業所(所在地:東大阪市加納4-14-12 代表者 田中啓司)はこの度、プロダクトデザイナー江口海里氏と共同で、空間の美観を損なわないシンプルで機能的なデザインの消毒液スタンド「submarine」を開発。展示受注会を開催致します。


東大阪でスチール製家具を製造する(株)摂津金属工業所(所在地:東大阪市加納4-14-12 代表者 田中啓司)はこの度、プロダクトデザイナー江口海里氏と共同で、空間の美観を損なわないシンプルで機能的なデザインの消毒液スタンド「submarine」を開発。展示受注会を開催致します。
コロナ感染拡大から1年たった今もなお感染の勢いは収まらず、人々の生活様式に大きな変化、不自由をもたらしています。今や当たり前となった感染症対策を急造の一時対策から恒久対策へと捉えなおすべく、我々の強みである板金加工技術とデザイン力を駆使した消毒液スタンド「submarine」を美しい感染症対策として開発しました。今回、商品のお披露目と受注販売を兼ねた展示会を開催致します。
是非多くの店舗、オフィス、ホテル、公共施設などの空間づくりに携わる方々、そのオーナーの皆様に知っていただき、感染症対策の一助になればと思い、この度リリースさせていただきました。
各メディア関係者の皆様、何卒宜しくお取り計らいのほどよろしくお願い致します。




【商品特徴】
市販のアルコール消毒液ボトルをスチール製躯体内部に固定、上部からのノズルのみを出し、エントランスなどの空間の美観を損なわない、恒久性をもとめた極めて端的なフォルムの消毒液スタンドです。内部から固定できるため消毒液の転倒防止、盗難防止にも効果があります。スタンド裏面からワンタッチで蓋が開口。内部はストッカーとなっており、またおもりを用いて転倒防止、もしくはアンカーでの固定も可能な仕様となっております。カラーはサテンブラックとサテンホワイトの2種。サイズW130XD130XH800mm(消毒液ボトルサイズ W100XD100XH310mmまで。2本収納可)。重量:本体10.5kg転倒防止ウエイト2.5kg。価格36,000円税抜き。

【展示受注会】
完成品や、試行錯誤を繰り返したプロトタイプなどもご覧いただけます。その場でオーダーも可能です。
日時/2021年4月22日(木)~25日(日) 11:00~19:00
場所/Page Gallery (Kairi Eguchi Design 1F)
住所/大阪府大阪市中央区瓦屋町2-14-8
展示受注会のご案内 →https://www.settsukinzoku.co.jp/whatsnew/information/154

【参考URL】
会社ウェブサイト https://www.settsukinzoku.co.jp/
販売ECサイト https://qualia1.thebase.in/
デザイナー 江口海里 http://kairi-eguchi.com/

プレスリリース
https://prtimes.jp/a/?f=d39413-20210419-5216.pdf

【お問合せ】
(株)摂津金属工業所 東大阪市加納4-14-12
担当 田中啓司 河合喜明
電話 072-963-2606 FAX072-963-2456
Email info@settsukinzoku.co.jp
WEBサイト https://www.settsukinzoku.co.jp/
ECサイト https://qualia1.thebase.in/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む