「王様のブランチ」ブックランキング3位!スポーツ選手も導入、運動能力が10秒で上がる新刊「サボリ筋トレーニング」発売

一般社団法人 日本身体運動科学研究所
レビュアーの半数以上が星5をつける「関節トレーニング」開発者・笹川大瑛さんの最新刊が6月17日に発売!「上達の限界を超える」トレーニングメソッドが、発売から話題沸騰、各書店でも週間ランキングにランクイン!


潜在能力を目覚めさせるトレーニングメソッド

累計3万部以上発行の「関節トレーニング」著者・笹川大瑛の新刊「運動能力が10秒で上がるサボリ筋トレーニング 体幹やウエイトより効果絶大!」が2021年6月17日 KADOKAWAより発売されました。


【Amazon】「運動能力が10秒で上がるサボリ筋トレーニング 体幹やウエイトより効果絶大!」
https://www.amazon.co.jp/dp/4046051833/


【動画】書籍紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=TVZxC9BC4Dk


「サボリ筋トレーニング」は、「関節トレーニング」が基になった16種類のトレーニングで、関節を安定させ本来持っている筋力を発揮することができる、「上達の限界を超える」メソッド。

その新刊は、発売から話題を呼び、各書店の週間ランキングにランクイン、TBS「王様のブランチ」ブックランキング3位として紹介されるほど、話題になっています。


「王様のブランチ」ブックランキング
http://www.tbs.co.jp/brunch/book/20210626.html


これまでの体幹やウエイトトレーニングよりも、効果絶大。


従来のトレーニングで見逃されがちな「サボリ筋」を“重要な筋肉”として集中的にトレーニングすることで、多くの疑問や悩みを一気に解消できる「サボリ筋トレーニング」。その注目は、10代の部活動生から60歳代のテニスプレーヤーやランナーまで、幅広い年代に広がっています。その理由は、練習がハードになるほどに伴う怪我、能力アップの限界、または怪我で思うように発揮できなくなるパフォーマンスなど、どんな年代のスポーツ選手も支える、コンディショニングの維持に絶大なトレーニングだからです。


トレーニング器具の必要なく、トレーニング理論・方法から「走力」「跳力」「蹴力」「投力」「振力」「泳力」の6つの能力をアップさせるメカニズムをわかりやすく紐解き、スポーツ愛好家なら誰でも、実践からその場で効果を感じられる内容なのです。


プロアスリート、学生、スポーツ愛好家が喜びの成果を出し続けている

「サボリ筋トレーニング」を実践したプロアスリート、学生、スポーツ愛好家からは、

「フルマラソンを3時間48分台で走っていたのが、3時間30分台まで大幅に自己ベストを更新できた」(30代・一般女性)
「ドライバーの飛距離が250ヤードから最高320ヤードになり、ドラコンプロのテストに合格した」(40代・一般男性)
「特別なウエイトトレーニングなどはせず、40代で自己最高350ヤードのドライバー飛距離を出した」(40代・女子プロゴルファー)
「テニスラケットのガットを毎月張り替えないといけないほど、ショットのパワーやスピンのかかり具合が大幅によくなった」(50代・一般女性)
「最高で132km/hだったピッチングの球速が、144km/hまでアップした」(10代・一般男性)
「100m背泳ぎで自己ベストを1.3秒縮めて、県の新記録を樹立。インターハイに出場できた」(10代・一般女性)



など、多くの喜びの声が作者の笹川さんの元に届いているとのこと。これまでに出版された「関節トレーニング」関連本も、160以上のレビューの半数以上が星5の高評価をつけており、買った人がおすすめしたくなる笹川さんの新刊「運動能力が10秒で上がるサボリ筋トレーニング 体幹やウエイトより効果絶大!」。


あなたにも眠っている潜在能力を「サボリ筋トレーニング」で目覚めさせましょう!





「運動能力が10秒で上がるサボリ筋トレーニング 体幹やウエイトより効果絶大!」
https://www.amazon.co.jp/dp/4046051833/


関節トレーニング笹川ひろひで YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCWtOKMY2FKxyqBKDEfRAB5g

勝つためのトレーニングTV(スポーツ選手専用チャンネル)
https://www.youtube.com/channel/UCsGavWQyZevOwj1p7lL3qJA

Twitter 関節トレーニング@笹川ひろひで
https://twitter.com/pt_sasakawa

一般社団法人 日本身体運動科学研究所
https://jts-lab.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む