粘着剤を使わず、表面に凹凸加工を施し、絡みつかせる技術でくっつくテープ、面ファスナーテープ「Bundle」発売!

KGK 共同技研化学株式会社
粘着剤レスで結束 面ファスナーテープ「Bundle」発売!

 面ファスナーテープ「Bundle」は、表面、裏面の凹凸とケミカルの絡みとで結束できる自着テープです。粘着性が無く、テープ表面と裏面の凹凸で相互又は単独でメカニカル結束します。結束物が水に濡れていても結束できます。手切れ性を有しており、剥がして繰り返し再利用も可能です。



面ファスナーテープ「Bundle」は、開発当初ビニルテープの代替とし、電線ケーブルの結束用として製品化を試みたが、電線への初期の結束時において粘着性が無いため固定が得られず、不安定な製品だったが、その後改良を重ねて製品化にこぎつけた。結束テープとしての需要を見込み、ゴム系の材料を有することにより環境負荷を抑えることを目的として設計されている。粘着性が無く、微視的凹凸基材でメカニカル結束のため手切れ性がよく、表裏の違いがないことで表面どおし、裏面どおしでも結束可能なテープとなっております。重ね合わせた部分を押し付けるだけで接着し、剥がす際は簡単に剥がせます。糊残りがなく剥がして再利用が可能なテープです。水濡れに大変強くカラー印刷などが可能で宣伝媒体への使用なども可能になっています。また、材料にゴム系の原料を使用していることで皮膚刺激もないため、医療などの用途提案も考えている。結束用として、半導体、物品、医療包帯の自着用などへの提案を開始。7月から発売、提案を始め、価格は幅10mm×長さ10M、1巻で200円前後を予定。現状の設備で、月2000平米 、年間約5000万円 の販売を見込む。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む