【運送事業者・旅客事業者のiPhoneユーザー必見!スマートフォンで業務効率化】IT点呼キーパーにiOS対応版がリリース

テレニシ株式会社
スマホによる遠隔地点呼で利用するスマホの選択肢が広がる

テレニシ株式会社(代表取締役社長 辻野秀信 大阪府大阪市中央区城見1丁目2番27号 クリスタルタ ワー14階)が開発する貨物・旅客事業者向け総合クラウド点呼システム「IT点呼キーパー」が、点呼におけ る利便性の向上を目的として、新たにスマホ点呼(遠隔地IT点呼)のiOS版をリリース致しました。 【URL】https://www.ittenko-keeper.com/html/news/news210712.php



【IT点呼とは?】

IT点呼とは、ドライバーと運行管理者の間で行われる日々のアルコールチェックや乗務前点呼、中間点呼、乗務後点呼などの業務を、ネットワークの技術を用いて、離れた場所からでもテレビ電話のように相手の顔を見ながら点呼を行うことです。




近年、運行管理に活用可能な情報通信技術(ICT)の発展は目覚ましく、運行管理における安全性の向上、労働環境の改善、人手不足の解消等に向けた手段としてICTの活用が注目を集めています。
IT点呼に関しても2021年国土交通省が主体となり検討会を立ち上げ、実証実験を行うなど対象拡大に向け様々な検討を行っています。


IT点呼キーパーではこのIT点呼、対面点呼や電話点呼、スマートフォンを使った点呼も、IT点呼キーパーひとつで実行することができます。点呼結果はすぐにクラウド上のサーバと各自のパソコンに自動保存されます。
それによりどこにいても何時でも簡単に点呼結果の確認が可能となり、点呼簿を探す手間がなくなります。
またIT点呼キーパーは70歳を対象に開発され、パソコンが苦手な方でも使いやすい操作方法となっており、どなたでも安心してご利用頂けます。
2021年7月現在、IT点呼キーパーは全国760社3,150拠点で導入いただいております。


【スマートフォンを使用することで便利になること】

スマートフォンを使用して点呼を行うことができるようになることにより、下記のような点で便利になります。

1.長距離運転で拠点に戻ってこられない運転手の方に。
 電話点呼だと相手の声しか聴くことができませんが、スマホを使うことでTV会議のような形で
 点呼が可能です。遠隔地にいてもドライバーの体調・行動把握に役立ちます。

2.営業所と車庫が離れている企業様に。
 わざわざ車庫まで移動しなくてもスマホを通して点呼が可能!車庫専任者を置かなくても点呼が実施できます。


【IT点呼キーパーで対応しているスマホ機種】

従来のAndroid端末のみの対応でしたが、このたびiPhoneのスマホ点呼が可能になります。
詳細対応機種はwebサイトをご確認ください 
【URL】https://www.ittenko-keeper.com/html/product_feature.php





【スマホを使った点呼でテレニシがおすすめなわけ】

弊社テレニシは法人様向けの携帯も取り扱いをしています。
スマホもIT点呼も同じ会社でサポートさせていただけるので安心です。
詳細はこちらをご覧ください。
【法人携帯テレニシドットビズサイト:https://www.houjin-keitai.biz/




【IT点呼キーパー公式サイト】

https://www.ittenko-keeper.com/


本件に関するお問合せ先

テレニシ株式会社 サポート窓口
TEL:0120-105-447
受付時間/月曜~金曜(10:00~17:00)※祝日を除く
お問い合わせフォーム:
新規お問い合わせのお客様はこちら▶︎https://www.ittenko-keeper.com/html/contact2.php
お取引先様はこちら▶︎https://www.ittenko-keeper.com/html/member/index.php

※当社都合により、予告無しに製品仕様を変更する場合がございます。あらかじめご了承ください



【会社概要】

会社名: テレニシ株式会社
代表者: 代表取締役社長 辻野 秀信
創 業: 1990年11月27日
所在地: 大阪府大阪市中央区城見1丁目2番27号 クリスタルタワー14階
U R L: https://www.tele-nishi.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む