アニメアートを専門に扱うNFTマーケットプレイス『ANIFTY』がリリース!公募・審査を経てANIFTY公認絵師が決定

ANIFTY合同会社
「日本のポップカルチャーをブロックチェーンの力で世界へ」

絵師とファンのためのNFTプラットフォーム「ANIFTY(アニフティ)」を運営するANIFTY合同会社(本社:東京都港区、代表:栗山純一郎)は、2021年7月29日に公開予定のANIFTYマーケットプレイスの公認絵師を公募し、総勢55名の公認絵師が決定したことをお知らせいたします。




絵師とファンのためのNFTプラットフォーム「ANIFTY(アニフティ)」は、2021年7月29日に公開予定のANIFTYマーケットプレイスで最初を飾る公認絵師を公募し、総勢55名の公認絵師が選出されました。

■ANIFTYマーケットプレイス


「日本のポップカルチャーをブロックチェーンの力で世界へ」をコンセプトに2021年6月にサービスを開始したANIFTYは、3名の日本絵師(により先生、うみのみず先生、やわはら先生)の参加のもと最初のNFT作品集「ANIFTYコレクション」を発売し、完売が続出する記録的なスタートを切りました。

国内外のユーザーの皆様より好評を得て、この度アニメアートに特化したキュレーション型NFTマーケットプレイス「ANIFTY」をグローバルリリースする運びとなりました。ANIFTY上でNFT作品を出品するアーティストは全て審査によって選出され、「公認絵師」と呼ばれています。オークション機能や二次流通機能も搭載、現時点ではイラスト作品のみ出品可能ですが、今後はLive2Dや3D作品の出品も可能になる予定です。

近年、日本のアニメ、漫画、ゲームは「ACG」として世界中で親しまれ、イラストやライトノベル等も含めたポップカルチャーにも世界から注目が集まっています。しかし、従来の二次元業界には課題も多く、著作権を守ること、そしてファンによる消費を直接アーティストに還元することが困難でした。ANIFTYはこの現状を変えたいと考えています。

公認絵師は自身の創作物をNFT作品としてANIFTYに出品・販売をすることができます。ブロックチェーン技術を活用することで、2次流通時のロイヤリティを設定し、流動性に伴い作家の定期収入につながる仕組みを実装しています。

■ANIFTY公認絵師


日本からは人気ゲーム『アズールレーン』のキャラクターデザインに携わった夜ノみつき先生、同じく人気ゲーム『アークナイツ』『原神』の公式コンテンツクリエイターであるmarumoru先生、アニメ化されたライトノベル『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』のデザインを担当した紅緒先生、ホロライブVtuber・獅白ぼたんやライトノベル『友達の妹が俺にだけウザい』のデザインを担当したトマリ先生などの参加が決定しました。
海外からは『アズールレーン』の背景デザインに携わったNIK先生、ブロックチェーンゲーム『CHAINBINDERS』のキャラクターデザインを担当したkaejunni先生、漫画『ぷ~あん!』の作者Garun(ガラン)先生などの参加が決定!
多様なバックグラウンドや作風を持つ絵師たちがアニメイラスト×NFTという一つのテーマのもとに集い、ANIFTYマーケットプレイスのグローバルリリースを飾ります。

■全公認絵師(五十音順)

あがのかみ/有葉米太/稲守りゅうさ/Inkotori/イマフク
うちゅうねこ/うみ猫/うみのみず/エキナ (에키나)/xmioart
kaejunni/加速サトウ/かふか/garun/菊池政治
京田スズカ/ギョウザマコト/GreyRadian/Gelowaggle/心みんとん
斎木こまり/東雲いづる/しらが/SaltSeaCake/たこくらげ
ちなあなご/とけし/トマリ/Nanniimo/Naraa
Nibor/NIK/Negikun/花房雪/花ノ壱のら
晴のちsakana/フブキ/藤森しき/puccapucca02/紅緒
まかだみぁ/巻羊/marumoru/源まめちち/緑川 葉
むらさめしん/めんぼー/やわはら/八幡/夜ノみつき
Larienne/risumi/ルカ/Looona Lou/Ronald Kuang
(敬称略)

■「ANIFTY」について

ANIFTY合同会社は、第5回・第6回CO.NECT東京大学ブロックチェーン起業家支援プログラムに採択され、東京大学ブロックチェーンイノベーション寄付講座の支援のもと設立されたスタートアップ企業です。
公式サイト:https://anifty.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む