【第3回建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO 2021)】「建設DX元年」到来 -デジタル改革で働き方改革-

建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO)実行委員会
ドローンをはじめ、DX化のための最先端技術や建設業界DXをけん引する企業が集まります!


 『第3回建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO 2021)~次世代を担う最先端技術が一堂に~』が、5月12日
(水)~14日(金)の3日間、幕張メッセ展示ホールと屋外展示場にて開催いたします。建設機械や測量機器の業界を
牽引する企業が一堂に会し、次世代を担う最先端技術、製品、サービスが集結する本業界日本最大級の展示会です。
 コロナ禍を契機に3密を回避するため、公共工事の現場では非接触・リモート型の働き方への転換が求められています。ポストコロナを見据えた業務効率や働き方改革に向けてのスピードアップが以前にも増して重視され、デジタル技術を活用して業務や組織、ビジネスモデルなどを変革するDX(デジタルトランスフォーメーション)が建設業界でも進行しています。このDX化により働き方が大きく改善されると予想されます。
 現在、日本の中小企業でも既に始まっている「改正労働基準法の上限規制の執行」に関して、猶予を持たされていた建設業界でもその執行開始まで3年を切り、長年の建設業界の大きな問題であった長時間労働や人手不足と低い労働生産性などの課題に対し、待ったなしの解決策が求められています。

 建設はデジタルでどのように進化するのか。先進企業は何に注力しているのか。DX化に注力している出展企業・製品を紹介いたします。

-建設業界動向-
 ●深刻な人手不足
  
14年度に153万人いた50歳以上の技能労働者のうち7割以上にあたる110万人が2025年までに離職すると
  予想されております。さらに、29歳以下の労働者は全体の10%以下となっております。
 ●建設DX化の流れ
  
国土交通省は2020年にインフラ分野の「DX推進本部」を設置、社会資本整備と公共サービスの変革、生産性  
  向上、非接触・リモート型への転換などを図り、官民双方の働き方改革を推進する方針を打ち出しました。
 ●“新3K”で変わりゆく建設業界
  
建設業界の「きつい、危険、きたない」という“3K”を国が主導する形で「給与が高い、休暇がとれる、希望  
  が持てる」の“新3K”を目指す方向にあり、建設業界はICT導入による構造変化のインパクトが最も大きい業
  界といえます。
 出典:
 日本建設業連合会 「再生と進化に向けて-建設業の長期ビジョン-」 
 https://www.nikkenren.com/sougou/vision2015/pdf/vision2015.pdf
 国土交通省 「インフラ分野のDX推進本部の設置について」 
 https://www.mlit.go.jp/tec/content/200729_01.pdf

-開催概要-

◆主 催: 建設・測量生産性向上展 実行委員会
◆後 援: 経済産業省、国土交通省
◆協 力: 土木学会、日本建設業連合会、日本建設機械工業会、
      日本建設機械施工協会、日本測量機器工業会、
日本UAS産業振興協議会(JUIDA)など18団体の協力
◆来場者数:40,000人(見込)
◆展示規模:出展社 約300社 展示ブース1,400小間 総面積24,410平方メートル
[前回実績:出展社219社・展示ブース1,150小間・展示面積22,000平方メートル ]


■「CSPI-EXPO 2021」出展企業 DX関連製品をご紹介

<<世界をリードする企業>>
 「CSPI-EXPO 2021」には、世界シェアトップの建機メーカー『キャタピラー』、建設業界で国際的に展開する
 『ヴィルトゲングループ』、GISソフトウェアの世界シェアトップ『ESRI』、建設工事用特殊車両サービスエン
 ジニアの世界シェアトップ『プツマイスター』などの世界をリードする企業が参加し、世界レベルのDX関連製
 品・技術を紹介いたします。

-世界トップの建機メーカー『キャタピラー』が主導するDX-

建設機械のオートメーション(自動)/オートノマス(自律)運転を可能にする、フル電子油圧制御を備えたデジタルプラットフォーム型製品の展開を急ピッチで進めております。離れた場所からの操作を実現する「リモートオペレータステーション」を市場導入します。

専用キット装着で「普段使いの建機」が無人化対応可能に
危険が伴う現場や災害復旧現場での対策を最小コストで実現!
Cat Command (Catコマンド)【建機・重機測量機器】~国内初 後付け可能な遠隔操作キット~

危険な作業環境での安全性を高め、生産性を向上させることができます。拡張性と柔軟性に優れており、現場に最適なシステムを選択できます。遠隔操作機「コンソール」を使用し、目視内(400メートル)の操作範囲で遠隔操作が可能です。ステーションは使い慣れたコントロール装置とディスプレイを備えた「仮想キャブ」で、目視外の遠距離から快適に作業することができます。
<遠隔作業例>
カメラや中継局をご用意いただければ、写真のように画面を通しての操作が可能となります。


ICT完全対応。高い環境性能と燃費低減技術。世界最先端ICTテクノロジーで、現場に今までにない効率を実現!
油圧ショベル320 【建機・重機測量機器】
~安全機能と低燃費機構搭載型Cat油圧ショベル~

テクノロジーを標準搭載した20トンクラスの次世代油圧ショベル Cat320。2Dや3Dのテクノロジはもちろん、積込み量を正確に素早く計測するCatペイロードや、作業範囲を設定するE-フェンスなど、現場の効率化や安全作業を推進する油圧ショベルです。燃料消費量は従来機と比べて最大25%低減し、優れたパフォーマンスと低燃費を両立しています。


-建設業界で国際的に展開する『ヴィルトゲングループ』のDX-

ヴィルトゲングループは世界中で約8,500人を雇用しており、年間売上高は約30億ユーロです。また、ブラジル、中国、インドに現地の製造工場、55の流通およびサービスオフィス、世界中に150を超える認定ディーラーがあります。

オートセット機能で日常作業を自動化、迅速、確実な作業プロセスを可能にし、
建設プロジェクトの期限を短縮して確実性を高める!
SUPER 1803-3i 【建機・重機測量機器】
~狭い舗装幅から高速道路までの幅広い用途に対応~

伸縮制御及びレベリング制御を自動で行う3D施工に対応可能なインターフェースを搭載するフェーゲル製ユニバーサルクラスのアスファルトフィニッシャです。信頼性の高い安定した合材供給、最大8mの作業幅、優れた機動性など、ハイレベルな特長を兼ね備えています。


-国内トップの建機メーカー100周年の『コマツ』が目指す“真のDX”-

今年、創立100周年。建設業界の中でもっともDXに取り組んでいる会社で、建設DXの旗振り役です。「DXグランプリ2020」(経済産業省と東京証券取引所が共同で選定)を受賞しました。コマツの一部製品は、他社製の建機にも後付け可能(ICT対応)で、DXで自社だけでなく建設業界全体の生産性を高めるのが狙いです。

「安全で生産性の高いスマートでクリーンな未来の現場」を実現!
SCレトロフィットキット 【建機・重機測量機器】


~後付けで安価、手軽に油圧ショベルの3Dマシンガイダンスを実現~
ICT機能のない従来型建機に後付けすることで、ICT建機と同程度の3Dマシンガイダンスやペイロード機能などのICT機能を利用可能とします。建機の効率化により、これまでよりも大幅に納期を短縮させながら、安全性・品質の向上にも貢献し、かつi-Construction指定工事にも対応可能になります。




-DXで建設現場のテレワーク化目指す『コベルコ』建機-

コベルコ建機は、建設機械の遠隔操作システムの開発を加速しており、現場事務所からの建機操縦など近距離環境の無線操縦システムを2021年度末までに完成させる計画です。光ファイバーケーブルなどの長距離環境の操縦に取り組み、25年度末に「建機テレワークサービ
ス」の完成を目指します。

建機を操縦できるベテラン作業員の定年退職や人手不足に対応。ICT建機で「誰でも働ける現場へ」!
チルトローテータ搭載型バックホウ 【建機・重機測量機器】


バケットの360°回転とチルト角度制御が可能なチルトローテータを搭載したバックホウを用いることで、多様な角度の法面整形やバケット回転機能を活かした排土作業など多くのケースで作業の効率化を実現します。小型のモデルではスコップなどの人力作業を機械施工に置換えることができ、土木工事のみならず、住宅基礎や道路、管工事など都市型工事でご活用いただけます。


-建設業界の縁の下の力持ち!『トプコン』のDX革命!-

「DX銘柄2020」(経済産業省と東京証券取引所が共同で選定)に選定されたトプコンは建設現場の全工程をデジタルデータによる一元管理で生産性の向上等を目指す「デジタルコンストラクション」の実現を目指しています。

誰でも簡単に1人で素早く行える。。現場の作業効率が大幅に向上!
測量からICT施工まであらゆるシーンでハイクオリティな作業を実現
杭ナビショベル 3D-MG LPSショベル 【建機・重機測量機器】


"杭ナビ"LN-150がマシンガイダンスセンサーに早変わり!ICT施工の普段使い!3次元設計図面上でリアルタイムにバケットの刃先をガイダンス!"杭ナビ"LN-150を、そのままマシンガイダンスシステムのセンサーとしてご利用可能!ICT建機システム導入のハードルが大きく下がります。機械質量が6t未満の小型ショベルにも装着できますので、小規模工事でも活用できます。




-クレーン日本トップシェアの『タダノ』が取り組むDX-


クレーン作業を計画する際に、いつでもどこでもクレーン性能の適合を確認することが可能なサービス「Lift API」を世界に先駆けて発表しました。PCやタブレット上で、3Dの検討ツールを使って視覚的な作業シミュレーションができます。

世界に先駆けて発表!ゼネコン、設計コンサルタント、クレーン会社など
インターネットを介して素早く作業計画を立てることが可能!
Lift API 【クラウド】



Lift APIとは、業界に先駆けて提案するクレーンのAPI群のことです。各APIはデバイスやアプリケーションの違いによらず、クレーン実機の性能演算機能やテレマティクスデータをインターネットを介して提供する仕組みであり、お客様が利用されているクレーン施工計画アプリや、車両管理アプリとの連携はもとより、データを通じた新しい繋がりの創出が期待できます。


-『日立ソリューションズ』が長年培ってきたICT技術を活用-


日立ソリューションズの建設業向けソリューションは、「高精度位置測位」、「画像判定」、「AI」など、長年培ってきたICT技術を活用することで、現場の安全性・生産性の向上を「プロジェクト管理」、「図面管理」、「検査・点検」、「安全衛生」の4つの面から支援します。

AI、IoTなどを活用した安全衛生対策がより現実的に!
労働安全衛生トータルソリューション 【建機・重機測量機器】

建設現場における労働災害防止および健康保持・増進の取り組みを、IoT・AIなどを活用して支援します。デジタル技術の進化により AI、IoTなどが実用化されている今だからこそ、デジタル技術を活用した安全衛生対策をご提案します。


■「CSPI-EXPO 2021」 ドローン関連製品をご紹介

最高級精度の計測・解析を可能にする日本製自社ドローン!
『エアロセンス』 エアロボ(AS-MC03)【ドローン・点群測量】



~計量や点検用途に特化し、高解像度カメラを搭載~
・国産ドローン(自社設計、国内工場で製造)
・測量に最適なAPS-Cサイズイメージセンサー+レンズ交換式の高性能カメラ
・i-Construction規準に対応した、カメラと経路の設定の自動化
・3Dモデル化に必要な、GPS情報の画像埋め込み
・現場での運用に頑健な防水、防塵・耐風性能
・初心者でも安心で簡単な、全自律飛行の運用


3D地形を素早くスキャン!陸域から浅海域まで広範囲で活躍!
『amuse oneself』 ドローン用LiDARシステム「TDOT3」【ドローン・点群測量】



~森や陸地、河川や沿岸など船舶の侵入が難しいエリアまでスキャン~
水に吸収されにくいグリーン波長のレーザーモジュールを搭載し、極限まで小型、軽量化を行って実現したドローン搭載専用グリーンレーザースキャナシステムです。国土交通省の「革新的河川管理プロジェクト」において汎用型ドローンに搭載可能なグリーンレーザースキャナーシステムの開発が検討され、製品化されました。


■「CSPI-EXPO 2021」 DX関連セミナーをご紹介

i-Constructionとインフラ分野のDXの推進について
国土交通省 大臣官房 技術調査課

建設現場におけるICT活用や施工時期の平準化等を進める「i-Construction」や、コロナウイルス感染症を契機として、デジタル技術を活用した非接触・リモートの働き方等インフラ分野のデジタル・トランスフォーメーションにも取り組んでおり、これらの取組を包括的に紹介します。

国交省における建設施工のDX化の取組み
~実証評価や基準整備など先進技術の普及に向けた環境づくり~
国土交通省総合政策局公共事業企画調整課 施工安全企画室長 新田 恭士

インフラの建設・維持管理・災害対応にロボットやAI等の新技術の導入を進めており、新技術導入環境の整備の一環として、ICT施工関連の技術基準の策定(i-Construction施策)や新技術活用システム(NETISテーマ設定型)制度による技術の実証評価などの取組みを紹介するとともに、施策立案の第一線で感じている今後の展望について説明します。

新しい建設産業の実現に向けて~リーンマネジメントによるDXの推進~
立命館大学 理工学部 教授 建山 和由

国があらゆる場面でデジタル化を進めようとしている流れの中ではさらなる普及が求められます。そこで、トヨタ生産方式をベースとするリーンマネジメントの考え方を導入することにより、建設の次の段階の改革をはかろうとする取り組みが動き出しております。「i-Constructionの到達点とさらなる建設改革の必要性、それを実現するための手段としてのリーンマネジメントの導入について紹介します。

デジタルプラットフォーム型建機が拓く自律施工の未来
~建機から建設現場のリモートワークを実現する~
キャタピラージャパン 販売促進部 中・大型製品担当部長 山本 茂太 他

建設機械のオートメーション(自動)/オートノマス(自律)運転を可能にする、フル電子油圧制御を備えたデジタルプラットフォーム型製品の展開を急ピッチで進めております。リモコンキット「Cat Command」を現場で後付けでき、車載コントローラと連動することでセミオートの遠隔操縦を実現でき、さらに離れた場所からの操作を実現する「リモートオペレータステーション」を市場導入します。建設現場の生産性を飛躍的に改善させる活動を紹介します。

建設現場のデジタルトランスフォーメーションの実現へ
株式会社小松製作所 執行役員 スマートコンストラクション推進本部長 四家 千佳史

お客さまが直面している深刻な労働力不足の課題を解決し 「安全で生産性の高いスマートでクリーンな未来の現場」をお客さまと一緒に創造する建設現場向けソリューション「スマートコンストラクション」を2015年より推進してきました。新たなIoTデバイスとアプリケーションの導入を順次開始し、施工における全工程をデジタルでつなぐ「横のデジタル化」を進めることで、現場での施工の最適化を可能とする活動を紹介します。


第3回建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO2021) http://cspi-expo.com/
・出展社一覧 https://cspi-expo.com/exhibitor2021
・特別セミナー 【A会場】詳細 https://cspi-expo.com/20_prseminor_a
・特別セミナー 【B会場】詳細 https://cspi-expo.com/20_prseminor_b
・出展社による製品・技術PRセミナー詳細  https://cspi-expo.com/articles/14682203272
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む