福岡市主催、ジーズアカデミーがプロデュースする、福岡の学生のための特別プログラム「データエンジニア・カタパルト」にメンターとしてeatas株式会社が参加

eatas株式会社
ジーズアカデミー福岡発スタートアップのeatas株式会社が、今年度より実施する福岡市主催の「データエンジニア・カタパルト」にメンターとして参加します。


 eatas株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:手嶋英津子、以下 eatas)は、福岡市が主催し、起業家・エンジニア養成スクール『G’s ACADEMY』が開始するエンジニア養成プログラム「データエンジニア・カタパルト」に協力します。プログラムに参加する学生のメンターとして参加し、プロダクトの開発などのメンタリングを担当する予定です。

 eatasは、2021年3月に設立しました。テクノロジーを活用することで、管理栄養士の力を最大限に引き出すことをサポートし、これまでにない新しい栄養管理の創造に挑戦しています。設立メンバーはジーズアカデミー 福岡を卒業し、今回のプロジェクトではジーズ発のスタートアップ企業として参加します。プロジェクトの後半部分で、参加学生と一緒にスタートアップ 起業の課題解決に向けてのプロダクト開発の相談に乗るなどのメンタリングに取り組みます。

7月14日に福岡市が開催した記者発表会に参加するeatas代表取締役の手嶋(下段左から1番目)



■DATA ENGINEER CATAPULT(データエンジニア・カタパルト)とは
エンジニア需要が高まる中、福岡のIT企業やスタートアップとともに学生を育成することで、学生の地元定着の流れを作ることを目指し実施するデジタル人材育成プログラムです。
「福岡で働くプロのエンジニアとの出会い」「福岡で同じ思いをもつ学生エンジニアの輪」を創り、さらに福岡のIT企業・スタートアップ企業との共同制作やインターン機会まで提供します。
ロケットの発射台(カタパルト)のように、エンジニアとして飛び立つまで福岡の学生を徹底サポートする、国内でも稀有な行政主催のエンジニアブートキャンプです。
https://efc.fukuoka.jp/catapult2021/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む