Insight Tech×味の素AGF、共催無料WEBセミナー「市場の声(VoC)を活用した商品開発戦略 ~開発事例を徹底解析。なぜ、あの商品は生まれたのか。~」を開催

株式会社 Insight Tech
生活者起点のマーケティングの実現に向け、どのように市場の声(VoC)を活かし、商品・サービス企画につなげていくのかについて、実際の開発事例をご紹介しながら、2社で討論します。


株式会社 Insight Tech(東京都新宿区、代表:伊藤友博、以下 Insight Tech)は、7月27日に味の素AGF株式会社(東京都渋谷区、代表:品田英明、以下 味の素AGF)をゲストに迎え、市場の声(VoC:Voice of Customer)の活用トレンドの最前線について実例を交えてご紹介する無料オンラインセミナーを開催します。

具体的には、不満買取センターに寄せられた「不」の声に基づき新商品を開発された味の素AGF様に新商品の開発ストーリーをご紹介頂きます。その上で、生活者起点のマーケティングの実現に向け、どのように市場の声(VoC)を活かし、商品・サービス企画につなげていくのかについて、不満買取センターを運営するInsight Tech代表の伊藤と、味の素AGFで商品開発の最前線でご活躍される高地様とで討論します。
新商品開発、新規事業開発をご担当されている方、マーケティングリサーチをご担当されている方にお勧めです。ご参加、心よりお待ちしております。

詳細・お申込みはこちらから:https://agfinsigttechevent.peatix.com/view




【開催概要】
ウェビナー名:市場の声(VoC)を活用した商品開発戦略 ~開発事例を徹底解析。なぜ、あの商品は生まれたのか。~
開催日:2021年7月27日(火)13時~14時
詳 細:https://agfinsigttechevent.peatix.com/view
参加料:無料
視聴方法:Zoomでのオンライン配信
動画視聴方法につきましては、お申し込みいただいた後にご案内させていただきます。
フォームよりご登録いただけましたら、追ってメールにて視聴用のURLをご案内いたします。
※競合企業にあたる企業様の場合、ご参加をお断りするケースがあります。ご了承ください。


【アジェンダ】
1.登壇者紹介
2.VoCとは何か、なぜ注目されているのか
3.味の素AGF:VoCによる商品開発実例の紹介
4.Insight Tech:VoC経営でユーザーファーストへ
5.パネルディスカッション


【企画に込めた想い(なぜやるのか)】
VoCとは「Voice of Customer」の略。「お声さまの声」「顧客の声」を指します。VoCはデータとしては「一人ひとりのお問い合わせや意見のログデータ」を指します。
そのようなVoCのデータ、つまり自社に寄せられる、あるいは世の中で語られる「声」を活かしてビジネスを強くしたい、という企業が増えており、多くの企業が「お客さまの声に耳を傾ける」ことを経営ミッションレベルに位置付けはじめ、それをブランディングの柱として前面に押し出し始めています。

本ウェビナーは、「なぜVoCの活用が注目されているのか」、「その成否のカギ何なのか」について実例を交えてご紹介することで、ユーザーファーストを目指す企業が増え、より豊かな生活・社会の実現に繋がれば、との想いで開催致します。


【スピーカー】
<株式会社Insight Tech>
代表取締役 CEO 伊藤 友博


1999年早稲田大学大学院理工学研究科修了、三菱総合研究所に入社。
ビッグデータマーケティング、AI(人工知能)を活用した新規事業開発を牽引。
2017年代表取締役社長として参画。「声が届く世の中を創る」ことをVisionに掲げ、
生活者の「不満」はイノベーションの種であると確信し、課題解決・価値創出にこだわる事業を推進。
産学連携により開発するAI(人工知能)を不満の価値化に活かす。日本マーケティング学会学会員。


< 味の素AGF株式会社>
リテールビジネス部マーケティング第1グループ グループ長 高地 祐史


2010年筑波大学大学院システム情報工学研究科修了、 新卒で味の素AGF株式会社に入社。
名古屋支社でリテール向け製品のセールスを経て、 マーケティング部門にてリテール向けスティックコーヒー、
インスタントコーヒー、 レギュラーコーヒーなど約8年間製品開発及びマーケティングに従事。
2019年よりスティックコーヒー事業を統轄するマーケティ ング第1グループで現職。


【本件に関するお問合せ先】
株式会社Insight tech 営業担当
電話:03-3342-6710  メールアドレス:sales@insight-tech.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む