官学連携によるSDGs普及啓発用動画完成! バンタンデザイン研究所×大阪府

〜大阪府及びバンタンデザイン研究所の大阪校・東京校との官学連携によるSDGs普及啓発用動画制作プロジェクト〜

大阪府は、SDGsに対する府民の認識・理解の促進、また、自律的取組みの拡大を図るため、バンタンデザイン研究所(大阪校・東京校)の生徒の感性・視点を取り入れた動画を官学連携で制作した。
バンタンデザイン研究所は、「世界で一番、社会に近いスクール 」 をビジョンとするファッション、ヘアメイク、グラフィックデザイン、映像のスクール。
大阪府が「Osaka SDGs ビジョン」で定めている重点ゴール(ゴール3・ゴール11)や関連ゴール(ゴール1・ゴール4・ゴール12)を意識した映像に加え、SDGsそのものの理解につながる映像の制作に取り組んできたという。

>>「Osaka SDGs ビジョン」はこちら

このプロジェクトは、令和2年10月27日に大阪校でのオリエンテーションを皮切りにスタート。
オリエンテーションに参加した生徒達は、大阪府の担当職員から今回のプロジェクトの目的やテーマの説明及び、大阪府におけるSDGsの取組みの講義を受け、SDGsについての知識を深めながら企画、制作に取り組んだ。

同年12月8日には、企画コンペが開催され、生徒たちによる試行錯誤を重ねた企画案が、東京校・大阪校合同で発表された。
プレゼンテーションでは、「すべての人に健康と福祉を」や「つくる責任つかう責任」、「住み続けられるまちづくり」など、SDGsの各テーマに沿った企画案を計28名の生徒達が発表。
審査の結果、選ばれた9つの企画案が今回制作された動画だ。
動画制作にあたっては、東京校・大阪校の各校で行われる特別授業と、大阪府とのオンラインミーティングを実施。映像は、無音でも内容が分かるように、実写やアニメーション、イラストなどを用いて表現している。
企画コンペ  

 企画コンペ2

(写真)令和2年12月8日に実施された企画コンペの様子

大阪府担当者は「今回のプロジェクトに携わってくださったバンタンデザイン研究所の生徒一人ひとりが動画を制作するにあたって、熱心にSDGsについて学び、そこから世界や日本で起きている問題や課題について向き合い、自分たちなりの視点でテーマやコンセプトを考え映像に表現してくださったことに、大変感銘を受けました。制作していただいた動画は、大阪府ホームページや大阪府SDGs【公式】Twitterへの掲載、SDGsに関する講演会・セミナー、イベントなど様々な場所で放映し、SDGsの普及啓発に活用していきたい。」と話す。

完成した9つの動画のタイトルは以下のとおり ※( )内は作品に関連するSDGsのゴール
①ありえる未来・あるべき未来(すべてのゴール)
②私たちにもできることはあるかな...(ゴール1)
③もったいないをなくそう(ゴール2、12)
④今私たちができること(ゴール3)
⑤つなげよう学びの輪(ゴール4)
⑥きれいな街は心でつくっていく(ゴール11)
⑦あなたにとって不必要は誰かにとって必要かもしれない(ゴール12)
⑧大量発生~ジンベイザメ編~(ゴール12)
⑨海の豊かさを守ろう(ゴール14)

動画はこちら「大阪府SDGs【公式】Twitter」から

■各種リンク


バンタンデザイン研究所 ホームページ:SDGsの普及啓発を!大阪府官学連携学生企画発表をレポート
大阪府 ホームページ:SDGs 普及啓発用動画制作プロジェクト
大阪府 ホームページ:大阪府におけるSDGsの取組み
 

■問い合わせ
 

大阪府 政策企画部 企画室 推進課 推進グループ
電話:06-6944-6205

The post 官学連携によるSDGs普及啓発用動画完成! バンタンデザイン研究所×大阪府 first appeared on OSAKA MEIKAN NEWS.

続きを読む