スマートヘルスシティ・高齢者にやさしいまちづくりなど、6分野でのスマートシティ実現へ加速!「大阪スマートシティパートナーズフォーラム・プロジェクト発表会」3月25日開催

(写真)6分野のプロジェクトをコーディネートする16社が発表を行った。(会場:りそなグループ大阪本社ビル地下講堂)

 
大阪府、企業、シビックテック、府内市町村、大学などが、“大阪モデル”のスマートシティの実現のため設立した「大阪スマートシティパートナーズフォーラム」は、「大阪スマートシティパートナーズフォーラム・プロジェクト発表会」を令和3年3月25日(木曜日)に開催した。
 
同フォーラムでは、令和2年11月に、「スマートヘルスシティ」「高齢者にやさしいまちづくり」 「子育てしやすいまちづくり」「移動がスムーズなまちづくり」「インバウンド・観光の再生」「大阪ものづくり2.0」の6分野において、市町村が抱える地域・社会課題を解決するためのプロジェクトを開始。プロジェクトをコーディネートする16社より、これまでの取組や今後の方向性等について発表。
 
吉村 洋文 大阪府知事は「プロジェクトを実現化していくことで、府民の皆様のQoL、暮らしを豊かにしていく、そこにまた新しいビジネスが生まれていくという、win-winの関係がこれからの時代に必要だ。」とビデオメッセージで述べ、~~田 真治 大阪府スマートシティ戦略部スマートシティ推進監は「本日の発表会を皮切りに、新たなプロジェクトを進め、大阪でのスマートシティの取組みをどんどん進めていく。」と話した。
 
市町村によるプレゼンテーションでは、野田 義和 東大阪市長、水野 謙二 阪南市長、塩川 恒敏 豊能町長より、スマートシティへの思い、プロジェクトの取組み状況、今後の期待などについて述べられた。 
 
大阪スマートシティパートナーズフォーラムでは、来年度から、これらのプロジェクトの推進に加え、新たなプロジェクトにも取り組み、スマートシティの実現を加速していくという。
 
<プロジェクトの詳細リンク:https://smartcity-partners.osaka/news-projectpresentation_20210325/
 


【プロジェクト一覧】

 

分野 企業名・プロジェクト名
スマートヘルスシティ ■デロイトトーマツグループ 
<阪南市>
「スマートヘルスプラットフォーム整備を通じた大阪府内の健康課題の解決」
高齢者にやさしいまちづくり ■EY新日本有限責任監査法人
<泉大津市>
「リビングラボ構想」
<池田市>
「『共助』社会の構築・コミュニティの希薄化の解消」 
■大阪ガス株式会社
「スマートなサービスでシニア層のQOL向上を目指す取組み」
■関西電力株式会社
<河内長野市>
「南花台エリアを対象に“地域コミュニティ”を通じた高齢者の抱える課題解決」
■株式会社日立製作所
「『地域包括ケアシステムICTソリューション』を活用した高齢者支援」
■三井住友海上火災保険株式会社 
<富田林市>
「買物弱者課題解決を切り口とした『高齢者にやさしいまちづくり』」
インバウンド・観光の再生 ■凸版印刷株式会社 
<泉州エリア、藤井寺市>
 「新しい観光スタイルの構築『バーチャルアテンドオンラインツアーとライブコマース事業の構築』」
■日本電気株式会社
<泉佐野市>
「観光行動データ利活用による地域観光活性化」
移動がスムーズなまちづくり ■アクセンチュア株式会社
「オンデマンド交通サービス・プローブカーデータを活用した交通渋滞緩和」
■株式会社NTTドコモ
「パーソナルモビリティ及びAIオンデマンドバス活用」
■損害保険ジャパン株式会社/大日本印刷株式会社
「AIオンデマンド交通システムによる自由な移動に加え、モビリティポートが多様な移動サービスを結ぶことで人の交流を起こし、地域活性に繋げる」
■パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社 
「地域特化オンデマンドバスソリューション」
大阪ものづくり2.0 ■ソフトバンク株式会社
<枚方市、八尾市、東大阪市>
「基幹システムシェアリング事業」
子育てしやすいまちづくり ■EY新日本有限責任監査法人 
「“気づき”の可視化による保育の“質”の向上」
■NECネッツエスアイ株式会社/日本マイクロソフト株式会社 
<門真市、阪南市>
「LPWA回線を活用した児童見守りサービス」
<門真市>
「NoCodeアプリ活用による子育て支援施設の情報見える化」
■大阪府スマートシティ戦略スーパーアドバイザー 江川 将偉 氏/NECネッツエスアイ株式会社 
<豊能町>
「デジタル先進国北欧(エストニア)文化を含めたスマートシティ」


 また、16プロジェクトのひとつである大阪府豊能町でのプロジェクトにおいて、大阪府豊能町と株式会社OZ1(代表取締役社長 江川 将偉 氏)は、スマートシティにおける包括連携協定を令和3年3月26日(金曜日)に締結。
 
「高齢者にやさしいまちづくり」 「子育てしやすいまちづくり」「移動がスムーズなまちづくり」の分野で、本フォーラム会員企業等と連携したサービスの検証・実装を行っていく。

(写真左から)豊能町 塩川 恒敏 町長、株式会社OZ1 江川 将偉 代表取締役社長

 ■各種リンク
大阪スマートシティパートナーズフォーラム(ホームページ)

 

■問い合わせ

 
大阪府 スマートシティ戦略部 戦略推進室 戦略企画課 戦略調整グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6982

The post スマートヘルスシティ・高齢者にやさしいまちづくりなど、6分野でのスマートシティ実現へ加速!「大阪スマートシティパートナーズフォーラム・プロジェクト発表会」3月25日開催 first appeared on OSAKA MEIKAN NEWS.

続きを読む