刈谷市・イーデザイン損保・デンソー

「刈谷市yuriCargoプロジェクト」を開始

ドライバーの安全意識の向上と、データを活用した安全対策で、安心・安全なまちづくり

愛知, 2021年6月23日 - (JCN Newswire) - 愛知県刈谷市(市長:稲垣 武)、イーデザイン損害保険株式会社(本社:東京都新宿区、取締役社長:桑原 茂雄、以下「イーデザイン損保」)、および株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:有馬 浩二、以下「デンソー」)は、安心・安全なまちづくりを目指す「刈谷市yuriCargo(ゆりかご)*1プロジェクト」を2021年7月1日から2021年12月31日にかけて実施します。

歩行中および自転車乗用中の交通死亡事故の約半数は、自宅から500m以内の身近な道路で発生しています。地域住民の安全を守るためには、身近な道路における速度超過や急ブレーキなどの危険運転が多く発生する箇所を特定し、事故が起こる前に対策を講じる未然防止対策が求められています。

本プロジェクトでは、スマートフォンで運転をスコアリングし安全運転意識を高めるアプリケーション「yuriCargo」と、そこから取得する運転に関するビッグデータ*2を活用し、ドライバーの安全運転意識の向上を目指すとともに、刈谷市内の危険運転が発生しやすい箇所の特定、交通事故の未然防止に向けた検討と対策を実施します。また、安全運転のヒントとなるコンテンツの配信や、刈谷市オリジナルの交通安全啓蒙アイディアの応募企画など、「yuriCargo」を通じた参加者との双方向コミュニケーションの機会を設定し、継続的なプロジェクトへの参加と、地域の交通安全に関するコミュニティー育成を促す仕掛けも進めていきます。本日から、刈谷市内を運転するドライバーを対象に本プロジェクトへの参加者の募集を開始し、1万人の参加を目指します。

刈谷市、イーデザイン損保、デンソーは、本プロジェクトを通じて、地域全体で安全運転への意識を高め、より多くの運転データを収集・活用し、刈谷市の安心・安全なまちづくりを進めます。また、行政と連携して「yuriCargo」を活用する初の試みとして効果検証を進め、市民、企業、行政が協働して取り組む交通安全活動のモデルケースとなることを目指します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.denso.com/jp/ja/news/newsroom/2021/20210623-02/

概要:株式会社デンソー

詳細は https://www.denso.com/jp/ja/ をご覧ください。

Source: Denso

Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved.

続きを読む