京急電鉄・京急バス・NECなど

「みさきまぐろきっぷ」をデジタル化した観光型MaaS実証実験に合わせて、バス内の混雑状況を“可視化”する実証実験を実施

バス内の混雑状況を3段階で表示 混雑の平準化を図るとともに、新型コロナウイルスなどの感染症対策にも対応

東京, 2021年6月21日 - (JCN Newswire) - 京浜急行電鉄株式会社(本社:横浜市西区、取締役社長 原田 一之、以下 京急電鉄)は、京浜急行バス株式会社(本社:横浜市西区、取締役社長 平位 武、以下 京急バス)および日本電気株式会社(本社:東京都港区、社長 兼 CEO 森田 隆之、以下 NEC)、LocaliST株式会社(本社:横浜市保土ヶ谷区、代表取締役社長 有吉 亮、以下 LocaliST)と連携し、2021年6月22日(火)〜2021年7月21日(水)まで、京急バスが運行する三崎口駅〜三崎港間のバス位置情報および車内混雑状況をリアルタイムにweb上で可視化する実証実験を実施いたします。

本実証実験は、三崎口駅から三崎港間を運行する位置情報の提供および、バス車内の混雑状況を3段階に分け、リアルタイムにweb上で表示するものです。混雑状況を事前に公開することで、バス車内の混雑平準化を図るとともに、お客さまの混雑回避や、コロナ禍における「密」回避を促します。

これは、同期間に実施する「みさきまぐろきっぷ」をデジタル化した観光型MaaS実証実験に合わせて実施するもので、観光型MaaS実証実験で使用する専用アプリ「みうらよこすかMaaS」からもアクセスすることが可能です。

京急グループでは、今後も新しい生活様式にあわせた三浦半島への観光誘致に取り組んでまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202106/20210621_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation

Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved.

続きを読む