DeFiパワーハウスFantomのネイティブトークンFTMがBitFinexとGeminiに上場

ニューヨーク, 2021年6月19日 - (JCN Newswire) - ブロックチェーンプラットフォームとそのネイティブトークンであるFTMが、世界中でフットプリントを拡大し続ける中、2つの主要な暗号資産取引プラットフォームにてこの24時間以内にFantomが上場しました。

1. 世界で最も歴史のある取引所の1つであるBitfinexは、本日上場を発表しました。
2. 米国を拠点とするデジタル通貨取引所Geminiは昨日、FTMの上場を発表し、米国人は同社の規制された取引プラットフォームで購入・取引ができるようになりました。

Fantomは2021年第1四半期に著しい成長を見せており、ユーザーは高い手数料、複雑なインターフェース、遅いトランザクション速度、脆弱なセキュリティといった煩わしさを感じることなく、ブロックチェーン取引を行うことができます。

Bitfinex

ユーザーは、Fantomのスピードと低取引コストを活用して、BitfinexのOpera MainnetでFTMを引き出したり、預けたりすることができます。2012年に設立されたBitfinexは、暗号通貨取引への関心の高まりに対応するために設立された最初の専門プラットフォームの1つです。以来、チームは貴重な経験を積みながら、デジタル資産トレーダーや機関投資家のためのプラットフォームとしての地位を確立してきました。

Bitfinexはアジア太平洋地域、特に中国で広く利用されており、今回の上場により、Fantomの同地域でのプレゼンスが高まります。

GEMINI

Gemini(正式名称:Gemini Trust Company LLC)は、最も信頼性が高く、規制されたデジタル通貨交換プラットフォームの1つと考えられています。その生みの親であるCameron & Tyler Winklevossがこのプラットフォームを開発し、米国の人々が米ドルを使って安全にさまざまな暗号通貨を取引できるようにしました。Geminiは、規制されており、非常に評判が良いことで名を馳せています。FantomがGeminiに加わることで、Fantomは業界で最も優れたDeFi(分散型金融)プラットフォームの1つに近づくことになり、双方にメリットがあります。

米国を拠点とする取引所であるため、Fantomがプラットフォームに上場することで、米国の暗号通貨愛好家や大規模投資家による投資の機会が広がり、両者ともにトークンへのアクセスが格段に容易になります。

米国は暗号通貨に関しては金融大国であり、最近の調査では米国人の6%以上が暗号通貨に経済的関心を持っていることが示されています。暗号通貨への投資において、米国は中国に次ぐ規模であり、言うまでもなくFantomにとってチャンスのある世界です。

Fantomの飛躍的な成長

Fantomの飛躍的な成長には、複数の政府機関との提携など、さまざまな要因があります。Fantomは、ユーザーフレンドリーであることに加えて、分散システムを通じて開発者を引き付け、効率的かつ容易にブロックチェーンプロジェクトを実現することができる開発者フレンドリーなブロックチェーンでもあります。Ethereumとの互換性は言うまでもなく、最小限の手数料で利用できることも、このプラットフォームを価値のあるものにしています。

- ウェブサイト https://fantom.foundation/
- ドキュメント https://docs.fantom.foundation/
- リサーチペーパー https://fantom.foundation/fantom-research-papers/
- Discord http://chat.fantom.network/
- Telegram https://t.me/Fantom_English
- ブログ https://fantom.foundation/blog/
- Twitter https://twitter.com/FantomFDN
- Reddit https://www.reddit.com/r/FantomFoundation/
- Github https://github.com/Fantom-Foundation

報道関係者からのお問い合わせ先
Simone Pomposi
pr@fantom.foundation
https://fantom.foundation

配信元企業: Fantom Foundation

Source: Fantom Foundation

Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved.

続きを読む