オンキヨーグループ

第19回オンキヨー世界点字作文コンクール スポンサーに旭酒造株式会社、株式会社シンクパワー、公益財団法人日本センチュリー交響楽団が決定

本日、オンキヨーグループと公益財団法人 日本教育科学研究所が主催する第19回オンキヨー世界点字作文コンクールのスポンサーとして旭酒造株式会社、株式会社シンクパワー、公益財団法人日本センチュリー交響楽団が決定しましたので、お知らせいたします。



◆スポンサー概要
【会社名】 旭酒造株式会社
【住所】  〒742-0422 山口県岩国市周東町獺越2167-4
【設立】  昭和23年1月23日
【代表取締役社長】 桜井 一宏
【事業内容】 1.酒類製造および販売
2.醤油製造及び販売
3.レストランの経営
4.前各号に付帯する一切の業務
【URL】  https://www.asahishuzo.ne.jp/

◆紹介
旭酒造株式会社は山口県岩国市に蔵を構える酒蔵で、主に日本酒「獺祭」(だっさい)の製造・販売を行っている企業です。
大量販売の論理から生まれた酔えばいい、売れればいいお酒ではなく、おいしい酒・楽しむ酒、生活の一つの道具として楽しんで頂ける酒を目指した日本酒、「獺祭」(だっさい)を醸しています。洗米から麹造り、仕込みの温度管理まで、「おいしいお酒を造る」ため、最新技術も手間のかかる手作業もどちらもいとわず取り入れられています。
「本当においしいお酒は、世界中の誰が飲んでも理解できるものであるはず、という信念のもと、今では世界約30か国に輸出され愛されるようになってきました。会社の規模は大きくなりましたが、私たちの仕事はよりおいしいお酒を造り、世界中の人々に「ああ、おいしい」と笑顔になっていただくことであることに変わりはありません。」
様々なコラボ企画も行っており、旭酒造株式会社と日本センチュリー交響楽団、そしてオンキヨーの共同制作プロジェクトとして、「獺祭」に旭酒造の歴史や企業理念を形にした楽曲を日本センチュリー交響楽団が演奏、オンキヨーの機器を使用し特別な手法で「獺祭」に聴かせオリジナルなお酒を造り出す企画も行っております。

【参考】
獺祭について
 https://www.asahishuzo.ne.jp/about/

交響曲 獺祭 ~磨migaki~ プロジェクト始動
 https://www.asahishuzo.ne.jp/news/info/004075.html



◆スポンサー概要
【会社名】 株式会社シンクパワー (SyncPower Corporation)
【住所】  〒220-6106 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワーB 6F
【設立】  2006年5月9日
【代表取締役社長】 冨田 雅和
【事業内容】 音楽コンテンツの制作、配信および提供
【URL】  https://syncpower.jp

◆紹介
株式会社シンクパワーは、歌詞データや音楽認識機能の提供を行っている企業です。
歌詞データについては、音楽再生に合わせた時間情報を持つ同期歌詞データ*1を世界一保有しており、この同期歌詞データを生かした先進的なサービスを展開しています。
J-POP・洋楽・アニメソング・K-POP など 289万曲*2 におよぶ国内最大級の豊富な同期歌詞データベースにアクセスすることで*3、楽曲再生に合わせてカラオケのように文字が自動的に色変わりする歌詞を自動で表示できる機能を“プチリリ(R)”機能として提供しており、オンキヨーグループが提供するハイレゾ音源再生に対応した音楽再生アプリ「Onkyo HF player」及び「Music App」もこの“プチリリ(R)”機能を採用しています。
「Onkyo HF player」及び「Music App」では文字の大きさを 3 タイプから 選ぶことが可能で、「楽曲を聴きながら歌詞を確かめたい」、「歌詞を見ながら楽曲を楽しみたい」、「歌詞を覚えたい」 など、楽曲を聴くだけではない楽しみ方ができます。
また、シンクパワーのアプリである「OTO-Mii(オトミィ)」では、同期歌詞データの特性を生かした歌詞の読み上げ機能や、音楽認識により文字入力することなく楽曲検索できる機能を搭載し、ユニバーサルデザイン化が行われています。

【参考】
誰でも等しく音楽やカラオケを楽しめるサービスを目指す
シンクパワーのiOSアプリ「OTO-Mii(オトミィ)」ユニバーサルデザイン対応について訊く
https://www.musicman.co.jp/interview/278893

*1同期歌詞データとは、音楽に合わせて歌詞の文字が自動的に色変わりしていく歌詞データのことで、株式会社シンクパワー、投稿パートナー事業社、およびユーザーが作成・投稿してデータベース構築を行っています。曲によっては歌詞が表示されない場合や、同期しないタイプの歌詞が表示される場合もあります。
*2 2021年6月時点の登録曲数。
*3 “プチリリ(R)”機能を利用するにはインターネットに接続できる環境が必要となります。
* “プチリリ(R)”は株式会社シンクパワーの登録商標です。
* 他のトレードマークおよび商号は、各所有権者が所有する財産です。
* 記載されているその他の会社名および製品・技術名・役務名等は、各社の登録商標または商標です。






◆スポンサー概要
【会社名】 公益財団法人日本センチュリー交響楽団
【住所】  〒561-0885 大阪府豊中市岡町1-1 きたしん豊中ビル6階
【URL】  https://www.century-orchestra.jp/

◆紹介
大阪府のオーケストラとして1989年に発足し、府民からの公募で大阪センチュリー交響楽団と命名されました。2011年に公益財団法人日本センチュリー交響楽団として大阪府から独立し、2019年12月に楽団創立30周年を迎えました。現在は50名のメンバーが在籍し、飯森範親が首席指揮者、秋山和慶がミュージックアドバイザーを務め、2021年4月より久石譲が首席客演指揮者に就任しました。
ザ・シンフォニーホールで開催するシンフォニー定期演奏会、ハイドンの交響曲全曲演奏・録音プロジェクト「ハイドンマラソン」に加えて、豊中市立文化芸術センターでの「豊中名曲シリーズ」と、大阪府下2拠点で定期的な演奏会を開催しています。
ジャンルを超えた様々な形態のコンサートにも積極的に取り組み、依頼公演、室内楽コンサート、学校公演等を合わせて年間200回を超える公演を行っています。
ハイドンマラソンのライブ録音「ハイドン交響曲集Vol.1、Vol.8」や飯森範親との「大地の歌」がレコード芸術特選盤に選ばれ、また2度にわたり大阪府文化祭奨励賞を受賞する(2015年度、2018年度)など、演奏活動は高い評価を得ています。
オーケストラ体感コンサート「タッチ・ジ・オーケストラ」、特別支援学校コンサート、ユースオーケストラの運営といった次世代への教育プログラムも積極的に行い、「豊中まちなかクラシック」(豊中市)、「ルシオール街かどコンサート」(滋賀県守山市)等、わが街の身近なオーケストラとして楽しんでもらうための地域連携事業にも力を入れています。
「優れた演奏により地域の力を発信する」「オーケストラによる感動と癒しを提供する」「優れた才能を発掘し次世代の育成に寄与する」「国際相互理解や平和に積極的に貢献する」の4つの理念をもとに、演奏を通して多くの人々の心に明るい夢が広がることを願い、新しい時代のオーケストラとして発展を目指し活動しています。
旭酒造株式会社と日本センチュリー交響楽団、そしてオンキヨーの共同制作プロジェクトとして、「獺祭」に旭酒造の歴史や企業理念を形にした楽曲を日本センチュリー交響楽団が演奏、オンキヨーの機器を使用し特別な手法で聴かせオリジナルなお酒を造り出す企画も行っております。






【関連リンク】
◆オンキヨー世界点字作文コンクール: https://onkyo.com/tenjisakubun/

◆目のご不自由な方のオーディオライフをサポートする「らくらくキット」と製品情報を発信バリアフリーサイト「らくらく館」 :
https://onkyo.com/rakuraku/

◆2018年4月18日付 「高音質音楽再生アプリケーション 「Onkyo HF Player for iOS」アップデート v.2.8.0 開始楽曲再生に合わせてカラオケのように色変わりする歌詞を表示する“プチリリ(R)”機能に対応」:
https://onkyo.com/news/information/topics/20180418_PR_HFPlayer_ios.pdf

◆獺祭について: https://www.asahishuzo.ne.jp/about/

◆交響曲 獺祭 ~磨migaki~ プロジェクト始動: https://www.asahishuzo.ne.jp/news/info/004075.html



配信元企業:オンキヨーグループ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ
続きを読む