株式会社チグニッタ

MADBUNNY個展 「ART OF GETTING OVER」 6月25日(金)より大阪にて開催



大阪に新たに誕生したクリエイティブコミュニティスペース chignitta space(株式会社チグニッタ)は、オープニング企画として、フジロック(日本)やグラストンベリーフェスティバル(イギリス)等の会場を彩るSmash.Londonアートチームに所属する唯一の日本人アーティスト MADBUNNYの個展を開催します

本展では、MADBUNNYのプライベートスタジオをchignittaに再現。 まだ塗装もされていない真新しいギャラリーに彼が影響を受けたルーツの数々が壁面一杯にディスプレイされ、その中に最新のアートワークが出現。MADBUNNYのアイディアや影響を受けた世界観を目の当たりにするエネルギーに溢れた展示となります。最新のアート作品に加えて、アパレル、雑貨などのオリジナルグッズの展示販売もあります。

タイトルの「ART OF GETTING OVER(乗り越える芸術)」は、今、世界で起こっている困難さえ、アートで越えていこうとするMADBUNNYからの静かな決意であり、オーディエンスへのメッセージです。

パブリックでシニカル、パンクなアティチュードを持つMADBUNNY。最新の、そしてかつてない世界観に満ち溢れたインスタレーションにご期待ください!

MADBUNNY在廊日決定!
個展初日、そして続く週末はMADBUNNYがchignitta spaceにやってる!
6月25日(金)・26日(土)・27日(日)


【MADBUNNY(R) / Akiyoshi Takada プロフィール】
?1998年から現在も、アーティストとしてロンドン、ベルリン、パリに生活拠点を置き活動。ヨーロッパはもちろんアメリカも含め世界各国からのオファーが絶えず、この10年で100箇所以上ものアートショーを開催。また、フジロック(日本)やグラストンベリーフェスティバル(イギリス)等の会場を彩るSmash.Londonアートチームに所属する唯一の日本人アーティスト。フォトグラファーとしては、3冊のアートブック「BYSDNTCRY.(R)」をインターナショナルでリリース、自身がアートディレクションするアパレルブランドは25周年を迎え、アート、フォト、デザイン、アパレルのジャンルを超え世界中で活動し続けている。先日オランダで開催されたアートオークションでは100万円以上の値が付くなど、世界的に認知されているにも関わらず、今もなおその活動はアンダーグラウンドのままである。


MADBUNNY SOLO EXHIBITION「ART OF GETTING OVER」
個展概要

会期:2021年6月25日(金)~7月4日(日)
会場:chignitta space(チグニッタ・スペース)
時間:12:00~20:00
定休:月曜日
料金:無料
*入場無料(ドリンク1杯オーダーにご協力くださいませ)

問い合わせ: info@chignitta.com

chignitta.com

■交通手段:
地下鉄御堂筋・四ツ橋線 本町駅28番出口から北に徒歩5分
地下鉄四ツ橋線 肥後橋駅7番出口から南に徒歩5分
四つ橋筋から京町堀通りを西に入る
*靱公園側からの入退店不可

■ご協力をお願いいたします:
コロナ感染対策のため、体調が優れない方、37度以上の発熱のある方はご来場をご遠慮くださいませ。また、会場の感染対策指示にお従いくださいませ。マスク着用を必ずお願いいたします。皆様に安心してお楽しみ頂けるようご協力をお願いいたします。





配信元企業:株式会社チグニッタ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ
続きを読む